ジャッカルから「アミアミマイクロ」が登場!1インチを更に下回るライトゲーム用ワーム!

2017年10月20日に、釣りメーカー「ジャッカル」から、マイクロベイトパターンを想定した小型ワームが登場した。

  • アミアミマイクロ(1インチアンダー)

本体サイズが25(mm)と1インチを更に下回るサイズで設計された今製品。アジやメバルのベイト(餌)となるアミ・プランクトンのサイズに近付けた極小サイズの小型ワームだ。小型ながらも波動の強いリングボディを備え、高いアピール力を持ち合わるだけでなく、本体が小さいために小型のフックに対応している。フックサイズの組み合わせ次第では小型のアジ・メバルのショートバイトにも難なく対応できるはずだ。

そこで、レポ部では・・・
ジャッカルから「アミアミマイクロ」が登場!1インチを更に下回るライトゲーム用ワーム!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

アミアミマイクロ 1″under

ジャッカルから登場した “アミアミマイクロ” は名前の通り、マイクロ(微小な)サイズで設計されてライトゲーム用ワーム。アジ・メバルの基本ベイトとなる小さいエビやプランクトン。ご存知の通りこれらのベイトサイズは非常に小さい物となっている。

今回、登場したアミアミマイクロは本体サイズが25(mm)と1インチを更に下回るサイズで設計されている。ライトゲームでお馴染みのアジ・メバルのマイクロベイトパターンを想定した極小ワームとなっているだけに使う機会は多くありそうだ。

公式サイトによると、

ワームの波動がアジに有効なことが知られるようになり、アジングでも現在では3インチ以上の大きなサイズのワームまで広く使われるようになりました。対照的に、厳寒期で活性の低下した魚やアミ・プランクトンなどの小型の餌を意識している群れを釣るには、ショートバイトをモノにする専用の対策が求められるようにもなりました。

アミアミマイクロ1インチアンダー | JACKALL

このように記載されている。アジングのターゲットとなるアジは回遊魚。これからのオフシーズンといわれる寒い季節に突入すると陸っぱりから見かけられるアジ達は温かい気候を求めて水温の高いポイントへと移動する。ただ、そんな中でも少数のアジは寒い気候に順応し、その場のポイントへと居残る個体、もしくは、限られた海域内を巡回するアジも多く存在する。唯一いえることが寒い季節で低活性となったアジでも餌を食べなければ生きてはいけないということ。

アミアミマイクロは極小サイズに設計されたワームながらボディ自体にしっかりとリング状の凹凸が仕込まれた製品。このリングボディが海中内で波動を発生し、ターゲットに有効的に生命感をイメージさせる。

低活性時のアジを確実に釣るにはショートバイトをモノにしなければならない。アミアミマイクロはノーマルのフックサイズはもちろん、スモールフックにも対応する絶妙なサイズで設計されている。小型のアジ・メバルの口に合うように繊細に設計された今製品。まさに、これから訪れる冬季にマッチした製品となっている。

スペック / 特長

ターゲット サイズ(mm) 本数
アジ・メバル 25 10

登場日

2017年10月20日(情報確認)

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 1インチを更に下回る本体サイズ(約25ミリ)
  • マイクロベイトパターンに最適(アミ・プランクトンを想定した)
  • 波動の強いリングボディ(ボディに凹凸がある)
  • 広いフックサイズに適応(ノーマルのフックサイズやスモールフック等)
  • 小さなメバルにもジャストサイズで対応(アジ・メバル用ワーム)

カラーバリエーションは10種類。アミパターンを想定するならばオキアミネオン。子イカを想定するならばクリア・グロー系。イカナゴを想定するならばイカナゴールド等と名前によってパターンカラーが分けられているカラーもあるのでパターン分けがしやすい。個人的に用意しておきたいカラーリングは “オキアミネオン” と “グロー” だろうか。長年、苦労していたショートバイトもフックサイズとの組み合わせ次第で解決に向かいそうだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年10月20日に登場したジャッカルの製品だ。

  • アミアミマイクロ(1インチアンダー)

本体サイズが1インチに満たないサイズで設計された今製品。小さいアジやメバルの口に対応することでより広いターゲットを視野に入れることができるようになった。これまでショートバイトを上手く掴めなかった方々。これから到来する冬季に向けて確実に一匹を釣り上げるためにアミアミマイクロを使用してみてはいかがだろうか。