ダイワから「モンスターヒッター」が登場!モンスターシーバスに的を絞って攻めるべし!

2017年10月に、Daiwa(ダイワ)から、シーバス用の新しいビックベイトが登場する。

  • モアザン モンスターヒッター

数々の釣りメーカーのテスターを務めるオヌマンこと “小沼正弥” が監修を務めた今製品。モンスターシーバスを釣り上げる上で必要な要素が詰め込まれたビックベイトだ。潮の流れによってバランスを崩し、そのイレギュラーアクションを持ってシーバスをバイトへといざなう。リトリーブでの誘いは当たり前。潮の流れに任せて水面に漂わせるだけでもシーバスに有効的にアピールしてくれるとか。そろそろ、シーバスが産卵を前に体力を蓄えるシーズン。すなわち、積極的に大きいサイズを狙うことができる季節だ。是非、大きいシーバスに有効的なモンスターヒッターを使ってランカーシーバスを釣り上げてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
ダイワから「モンスターヒッター」が登場!モンスターシーバスに的を絞って攻めるべし!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

モンスターヒッター

シーバス(スズキ)は大きく分けると住み心地がいいという理由でその場で居付くシーバスと群れで行動する回遊型に分けることができる。無論、それぞれのシーバスタイプに大きいシーバス(ランカーサイズ)が潜んでいることになる。

今、流行りのルアーの小型化。「小さくてよく飛ぶ」という概念を持ったルアーが多く産出している。ただし、小さければ良いという訳ではない。小さければより小さなベイトを演出することができ、シーバスの数釣りには便利なのは確かだ。しかし、小さいサイズのミノーやバイブレーションを持ってシーバスを釣り上げてしまうと他のシーバスが警戒心を抱いてしまうことになる。すなわち、ルアー自体に当たりが来なくなるといった一種の場荒れ状態を生み出してしまうのだ。

公式サイトによると、

中型〜小型サイズをヒットさせてしまうと場荒れしてランカーサイズのシーバスは警戒してバイトしてこなくなる。ランカーサイズを釣る確率を少しでも上げるためには最初からビッグベイトを使用することはとても有効。

モアザン モンスターヒッター | Daiwa

このように記載されている。場荒れ状態を一度起こしてしまうとしばらくの間はシーバスのバイトが減少する。もちろん、警戒心が薄い個体であれば気にすることはないのだが最初からランカーサイズ狙いでシーバス釣りを行うのであればファーストキャスト(一投目)からビックベイトで挑戦するのも悪くない。

アクションは巻き速度によって変化する可変アクション。ファストリトリーブだとタイトイレギュラースラロームアクション。スローリトリーブだとスラロームアクションと巻きのスピードを変化するだけで効果的に誘っていける。そして、今製品は巻きだけのビックベイトではなく、水面に漂わせているだけでシーバスに魅力なアクションを行ってくれる。

アクションの本質的には期待ができる製品。ただ、シーバスの釣場ではビックベイトを使用する方は極端に少ないと感じるのは私だけだろうか。「そろそろ、セイゴやフッコサイズを見飽きた!」という方はモンスターヒッターを用いて攻めの姿勢でランカーシーバスを狙ってみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
フローティング 156 39

発売予定日

2017年10月~(月内)

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 速く引いても潜り過ぎない(表層付近の探索に優れる)
  • 多彩なアクション性
    • タイトイレギュラースラロームアクション(ファストリトリーブ)
    • スラロームアクション(スローリトリーブ)
  • 自動的にバランスを崩して弱ったベイトを再現する(リアクションバイト)
  • 水面に漂わせていても有効的(オートメソッド)
  • 飛距離も維持&スムーズなアクション(MAGLOCK+Rシステム搭載)

カラーバリエーションは全10種類。公式サイトの専用ページにはモンスターハンターの4つの操作方法やポイント、アクションの解説が掲載されていた。モンスターハンターが気になった方は公式サイトをチェックしてみて欲しい。

公式サイトへ!

モンスターヒッターの専用ページへ!

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年10月に登場するDaiwa(ダイワ)の製品だ。

  • モアザン モンスターヒッター

シーバスのハイシーズン “秋” になるといいサイズのシーバスが極端に釣れるようになる。産卵を前に体力を蓄えたいシーバスは餌を捕食して栄養を蓄えるからだ。モンスターヒッターを最初の一投目で使用すれば中途半端なサイズをキャッチすることなく、最初からランカーシーバスをヒットに持ち込めるかもしれない。