ジャッカルの「シザード」が気になる!細かなパーツでバスを誘惑するリザード型ワーム!

2017年(後期)に、釣りメーカー「ジャッカル」から、バス用の新しいワームが登場する。

  • SCISSORD 7(シザード)

ジャッカルの設立者 “加藤誠司氏” が手掛ける今製品。今回、登場するシザードは多数の細かいパーツにより微波動を発生し、ベイトフィッシュの群れを再現してバスを有効的に誘ってくれるリザード系ワームだ。一つ一つのパーツが細かく振動し、部分的に違った波動を発生させてくれるのでバスの個体によっては強烈なインパクトを抱くはずだ。

そこで、レポ部では・・・
ジャッカルの「シザード」が気になる!細かなパーツでバスを誘惑するリザード型ワーム!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

SCISSORD 7(シザード)

ジャッカルから登場した “シザード” は弱波動と強波動の両方の性質を持ち合わせたリザード系ワーム。本体から生えるように多数設置された腕(アーム)が発するは弱波動。本体後部に設置されたカーリーテールが発するは強波動。これら弱波動と強波動の複合波動がベイトフィッシュの群れを演出し、バスに有効的なアピールを行う。

SCISSORD(シザード)と命名されるようにトカゲやヤモリをイメージした外観。本体構成としては足(腕)にあたる部位が計8(本)。尻尾にあたる部位。本体の頭部と計3構成に分かれている。

トカゲやヤモリと少し形状が異なっている部位は足(腕)にあたる部分。トカゲやヤモリは足(腕)が計4(本)なのに対し、シザードは細やかな手足が計8(本)に分かれて配置されている。この細やかなパーツの一つ一つが細かく振動することでマイクロベイトの群れを再現できる仕組みとなっている。

公式サイトによると、

シザードは4対のシザーハンドと1つの大きなカーリーテールでロングボディながらも非常に優れたスイミング姿勢を見せます。シザード7”はテキサスリグや重めのジグヘッドリグでスイミング、キャロライナリグでの広範囲のサーチを得意とします。特にビッグレイクのウィードエリアでのテキサスリグを用いたマキマキメソッドで非常に有効なアイテムです。

SCISSORD7 | JACKALL

このように記載されている。この計8(本)のシザーハンドのそれぞれが群れで行動するマイクロベイトを再現。すなわち、1つのワームでマイクロベイトの固まる姿を演出することができる一風変わったリザード系ワーム “シザード” は広い範囲の探索に適したバス用ワーム。

テキサスリグ、ジグヘッドリグ、キャロライナリグに対応し、この手のワームでは珍しいスイミングで使いやすい性能を持ち合わせている。マイクロベイトパターン(小魚を捕食するバス)やディープポイント(深場)に潜むバスを有効的に攻略できそうだ。

スペック / 特長

ターゲット サイズ(inch) 本数
バス 7 5

Movie by Jackall

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • シザーハンド&カーリーテールが放つアピール力(弱波動&強波動)
    • シザーコームで使われたアームを取り入れた(シザーハンド)
  • ベイトフィッシュの群れを再現(マイクロベイトの塊)
  • ロングボディだがスイミング姿勢に優れる(ボディ構成)
  • テキサスリグ・ジグヘッドリグ・キャロライナリグ等(広範囲を探索可能)

カラーバリエーションは全08種類。緑・茶・白・灰・赤と渋い配色をメインに揃えられているイメージ。深緑系とパール系、深赤系と万能カラーが多いだけにメインで使用する配色は決まってきそうだ。個人的に揃えておきたい配色は茶系カラー “グリーンパンプキンペッパー” と深緑カラー “グリパン / チャート” だろうか。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年(後期)に登場するジャッカルの製品だ。

  • SCISSORD 7(シザード)

マイクロベイトの集合体を1つのワームで再現することに成功した今製品。シザーハンド(手足)の一つ一つがマイクロベイトを表現することで固まって行動するベイトフィッシュの姿としてアピールできる一風変わったワームだ。是非、シザードが持つ性能を使いこなし、広い範囲に潜むビックバスを釣り上げてはいかがだろうか。