サーティーフォーから「ゼログラヘッド」が登場!超スローフォールで誘う軽量ジグヘッド!

2017年10月中旬に、サーティーフォーから、アジング用の新しいジグヘッドが登場する。

  • ZEROGRA HEAD(ゼログラヘッド)

アジング・メバリング用品を主体に釣具を産出しているサーティーフォーから登場した今製品。今回、登場したのは、アミ・プランクトンパターンに必要不可欠とされる軽量ジグヘッドだ。ゼログラヘッドは鉛に樹脂コーティングを施したジグヘッド。超スローフォールに対応するだけでなく、七面倒くさいアクションを必要とせずにターゲットを誘うことができる。まさに、幅広いアングラーが使用すべき可能性を持ち合わせたジグヘッドとなっている。

そこで、レポ部では・・・
サーティーフォーから「ゼログラヘッド」が登場!超スローフォールで誘う軽量ジグヘッド!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ZEROGRA HEAD

サーティーフォーから登場した “ゼログラヘッド” は鉛に樹脂コーティングが施されたジグヘッド。鉛を覆うように樹脂でコーティングすることでレンジキープ力の向上や超スローフォールの実現を可能にしたジグヘッドとなっている。

主にラインナップされているのは1(g)以下の軽量ジグヘッド。これら軽量ジグヘッドに抱きやすいデメリット「レンジキープの難しさ」を補った製品となっているだけに従来のアジングシーンで操作が難しかった表層を難なくキープすることができる。

公式サイトによると、

操作方法は、テンションを張るだけ。ラインテンションを張るだけでどなたでもレンジキープが可能です。アクションは必要なく、超スローにさびくイメージでテンションを張って下さい。

ZEROGRA HEAD | THIRTYFORE

このように記載されている。今製品の魅力は何と言ってもジグヘッドの操作性にある。ラインにテンションを与えるだけで安定してレンジキープ力を発揮することができ、超スローリトリーブを簡単に演出できると言うのだ。複雑なアクションを行う必要がないので初心者の方でも意図も簡単に軽量ジグヘッドを操ることができる。

操作方法の項目には次のようにも書かれていた。

ー 余計なアクションはフォールを邪魔してしまい、レンジキープが出来なくなってしまいます。アタリがあっても大アワセは必要なく、手首で軽くテンションを張るだけ結構です。

今製品の注意点はフォールの邪魔をしないこと。複雑なアクションをすればするほどフォールアクションに影響が出てしまい、レンジキープ力を損ねてしまうことに。もし、今製品の良さを最大限に引き出したい方は基本に沿ったアクションを意識してアジを誘ってみよう。

スペック / 特長

ZEROGRA HEAD
重さ(g) 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7
入数(個) 3

登場予定日

2017年10月中旬

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 表層のレンジキープ力に優れる(軽量ジグヘッド)
  • 鉛に樹脂コーティングを施した(超スローフォールの実現)
  • 簡単に操作可能(ラインにテンションを張るだけ)
    • 超スローリトリーブをイメージする
  • 大きなアワセを必要としない(手首で軽くテンションを張るだけ)
  • 余計なアクションをしてしまうと…(レンジキープが不能)

用意されているジグヘッドの重さは5つ。0.3・0.4・0.5・0.6・0.7(g)と1グラム未満の軽量ジグヘッドのみが登場している。あくまで表層のレンジキープ力に重点を置いたジグヘッドとなっているようだ。吸い込みから吐き出しまでの秒数が早いアジのバイトを意識したものか。針(ハリ)も上向き(オープンゲイブ)に設定されている。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年10月中旬に登場するサーティーフォーの製品だ。

  • ZEROGRA HEAD(ゼログラヘッド)

鉛(なまり)を樹脂でコーティングすることでレンジキープ力の向上や超スローフォールの実現を可能にした今製品。性能も去ることながらラインテンションを張るだけで性能が発揮できる簡単な操作性を持ち合わせる。軽量ジグヘッド “ゼログラヘッド” ならば表層攻略が苦手な方でも果敢に攻めることができそうだ。