モーリスから「タックルバッグ」と「システムケース」が登場!サバイバルカラーもあるぞ!

モーリスから「タックルバッグ」と「システムケース」が登場!サバイバルカラーもあるぞ!

2017年08月29日に、モーリス(MORRIS)から、新しいタックルバックとその中に丁度良く収納することができるシステムケースが同時に登場した。

  • タックルバッグ(VABA-38)
  • システムケース(VABA-40)

正直、システムケースやタックルバックのコンポジション(構成)はメーカーによっては明確に記載されていない場合がある。今製品に限ってはタックルバッグ(VABA-38)にシステムケース(VABA-40)がぴったりフィットする仕様。釣具の収納にお困りの方は時期を同じくして登場した2つの収納容器を用いて能率的に釣具パーツを収納してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
モーリスから「タックルバッグ」と「システムケース」が登場!サバイバルカラーもあるぞ!
をレポートしたいと思う。

タックルバッグ(VABA-38)

モーリスから登場した今製品は標準でロッドスタンドが付いた安定性の高いタックルバッグ。バックルとベルクロテープによるW開閉システムが採用されたタックルバッグで本格的にロックしたい際にはバックルとベルクロテープの両方により固定。釣行中に仮止めしたい際にはベルクロテープで抑えておくだけでスムーズに開閉を行うことができる。

標準でロッドスタンドが左右合わせて4つ装備された今製品。標準装備されているのはロッドスタンドだけではない。ハサミやプライヤー等の頻繁に使用する釣具のための保管トレー(移動式)やルアー等の収納に便利なスポンジシートも付属してくる。

標準装備が乏しいタックルバッグだからこそ有り難い初期グッズの数々。ロッドスタンドが付いてこないタックルバッグもある中、ロッドスタンドの他に様々なオプションが付属してくるというのはタックルバッグを始めて使用する方には嬉しいはずだ。

公式サイトによる機能の紹介欄(リスト)には、

  • 防水性に優れたハードかぶせフタ
  • サビに強い高剛性ステンレスフレーム採用
  • 変形しにくい厚みのあるEVA シート
  • 収納便利な移動式トレー(スポンジ付)
  • 安定性の高い厚底 + ノンスリップ設計
  • 洗いやすい内部鏡面仕上げ

タックルバッグ | VARIVAS

このように記載されていた。タックルバッグに関してもクーラーボックスやバッカンケース等と同等に地面に置くことになる。無論、タックルバッグを設置する場所が不安定であれば落下や落水の危険性がある。今タックルケースの底部は厚みがあって滑りにくい設計。そして、海水に対する処置が取られた機能的なタックルケースとなっている。

This is VABA-38

次のページは・・・

次に紹介するのは、このタックルバッグをより能率的に使用できるシステムケース。このシステムケースを使用すればタックルバッグ内の釣具パーツを細やかにまとめることができる。

例えば、

  • ショックリーダー・道糸など(ライン専用収納ボックス)
  • ソフトルアーやハードルアーなど(ルアー専用収納ボックス)
  • フックやリングなどの細かい仕掛けなど(小物専用収納ボックス)

などなど。タックルバック内のバラバラになりがちな釣具を部分的に収納することができる便利なボックスだ。次ページで紹介するシステムケースは先ほど紹介したタックルバッグ(VABA-38)にぴったりと合う小型ボックス。タックルバッグのスペースを余すことなくシステムケースを収納することができるので整理整頓には打って付けのアイテムだと言える。

[次ページ] タックルバッグ(VABA-38)に合う “システムケース M” を紹介します!