アピアの「bit-V12」がいい感じ!シーバスやチヌを対象とした小型メタルバイブ!

2017年09月に、APIA(アピア)から、新しいメタルバイブレーションが登場する。

  • bit-V12

同社の製品 “bit-V26” のダウンサイジングモデルとなる今製品。軽いビットブイが欲しいという意見に応えるべくして生まれた軽量モデルだ。

監修を務めたのはアピアプロスタッフの村岡昌憲氏。ボディ自体が軽比重の亜鉛で設計されており、その軽さからシャローや根が蔓延るストラクチャーポイントに最適。今回は、そんなシャローの攻略に適した新型メタルバイブ “bit-V12” について紹介していこう。

そこで、レポ部では・・・
アピアの「bit-V12」がいい感じ!シーバスやチヌを対象とした小型メタルバイブ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

bit-V12

アピアから登場した “bit-V12” は軽比重の亜鉛を使用したメタルバイブ。ただし、軽比重といっても侮ってはいけない。内側に浮力を持たないフルメタル仕様となる今製品は飛距離面でも高いキャスタビリティを持っている。

多くのバイブレーションに鉛素材が使われているのに対し、今製品は「亜鉛」が使用されている。軽比重の亜鉛をボディに使用することでシャローで高い性能を発揮するとか。本体サイズは同社の製品 “bit-V26” のサイズと比較すると7(mm)程小さい48(mm)のコンパクトサイズで設計されている。

公式サイトによると、

軽比重の亜鉛を使用することで可能になった軽快な引き心地と、ワイドでキレのある動きが特徴。小さいがらもバイブレーション特有の波動を手元に伝えてくれる。

bit-V12 | APIA

このように記載されている。アクションは連続的でキレのあるタイトバイブレーション。小型サイズであるがゆえに見切られにくく、様々なシチュエーションで活躍が見込めるバイブレーションとなっている。シーバスはもちろん、クロダイ(チヌ)にも有効的であるとか。

バイブレーションなので複雑なアクションをする必要はない。小中規模河川、港湾やボートゲーム等のシャローを泳がせるだけで多くの魚達へとアピールしてくれる。亜鉛ボディにすることでコンパクトボディながらも優秀な遠投性能と軽快な引き心地を手に入れた製品だ。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
シンキング 48 12

登場日

2017年09月(リリース)

松岡昌憲氏による解説動画

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • コンパクトボディ(見切られにくい)
  • シャローエリアで本領を発揮(軽比重の亜鉛)
  • 亜鉛&フルメタル仕様(軽くて良く飛ぶ)
  • アクション(ワイドでキレのある動き)
  • シーバス・チヌ等(シチュエーションへの対応力に優れる)
  • ダウンサイジングモデル(bit-V26)

ボラ・イワシ等の基本ベイト色を始めとした様々な配色が登場している。今年、流行のマーブルカラーも多く用意されており、青桃(ブルピン)や桃(ピンク)とマーブルカラーを合体させたかのような配色 “ブルピンキャンディ” や “ピンクゴールドキャンディ” 等、ナイト対応カラーを加えた15種類のカラーリングが用意されている。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年09月に登場したAPIA(アピア)の製品だ。

  • bit-V12

同社の製品 “bit-V26” のダウンサイジングモデルとなる今製品。軽比重の亜鉛で設計されているメタルバイブであるために根が蔓延るポイントや障害物が多いストラクチャーポイントでもシャローを意識して攻めさえすれば安心して使用することができそうだ。