デュエルの「ソリッドスピン」は耐久性抜群のブレードベイト!塗装ハゲや破損が起きない!

2017年10月に、DUEL(デュエル)から、新しいブレードベイトが登場する。

  • ソリッドスピン【ハードコア】

塗装ハゲや破損などのルアーが持つ耐久面に着目した今製品。ソリッドスピンに関してはソリッド構造タフボディで設計されているがゆえにキャストすることでの数々のダメージ(衝撃)に耐える性能を持ち合わせている。障害物へ触れることでのダメージや鋭い魚の歯からのダメージ、海底に触れることで起きうる塗装へのダメージ、それぞれが起きにくい頑丈設計であるためにストラクチャーポイント等のシビアな環境でもドンドン使うことができそうだ。

そこで、レポ部では・・・
デュエルの「ソリッドスピン」は耐久性抜群のブレードベイト!塗装ハゲや破損が起きない!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ソリッドスピン

デュエルから登場した “ソリッドスピン” は耐久力に優れたブレードベイト。障害物の衝撃や鋭い魚の歯に強いタフボディ構造。そして、本体の顎にあたる部位にはステンレス線材のボトムバンパーが設置されており、このバンパーが着底後のボディに掛かる衝撃から守りつつ、着底の感覚を手元に知らせてくれる振動アラートのような役割を担っている。

キャストすることでのハードジグへのダメージ(衝撃)は計り知れない。岩場・磯場等のストラクチャーが当たり前のように蔓延る(はびこる)エリアなら尚更だ。防波堤やサーフなどの足場の安定した環境でキャストする際にもキャスト先の海の状況は熟練のアングラーでも分かりかねる。ソリッドスピンが持つ高い耐久性を利用することでエリアを選ぶことなくドンドン使っていけそうだ。

公式サイトによると、

テールのブレードにもフックを搭載する “ブレードフックシステム” でブレードバイトも確実にキャッチします。また大きい針を搭載しながらも前後のフックが絡まないベストバランスを実現しました。

ハードコア ソリッドスピン | DUEL

このように記載されている。トレブルフックはフロント(前面)だけでなく、ブレード(前部)ににも設けられている。本体の直線上の構成としては ボディ → トレブルフック → ブレード といった構成。[#8]~[#6]という大き目のトレブルフックを搭載しているが前後のトレブルフックが絡まないようにベストバランスで設定されている。

ストラクチャー等の障害物に強いタフボディ構造を持つ今製品。耐久性はもちろん、前後のフック絡みによるトラブルも考慮されたスピンテールジグだけに初心者の方から熟練者の方まで長く使用したい方に向いた製品であると感じる。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
シンキング 50 22
55 32

登場日

2017年10月(登場予定)

ソリッドスピンはココが凄い!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 耐久性抜群のブレードベイト(壊れない、塗装が剥げない)
  • ソリッド構造タフボディ(耐久性が高い)
  • ブレードフックシステム採用(テールのブレードにもフックを搭載)
  • ボトムバンパー(ボディを守りつつ、着底を伝える)
  • 水漏れがない(ソリッド構造)

カラーリングは計10種類。青物やロックフィッシュに効果的とされる青桃カラー(ブルピン)や青(ブルー)、桃(ピンク)等の基本ベイトカラーを始めとした様々なカラーリングが登場している。デュエルの公式サイトでは「どのようなときに有効的なカラーリングか?」を丁寧に解説してくれている。スペシャルサイトでも詳しい情報が記載されているので本製品を使用する予定がある方は両方チェックすることを推奨する。

公式サイトへ!

公式サイトへ!

スペシャルサイトへ!

スペシャルサイトへ!

まとめ

今回、紹介するのは、2017年10月に登場するDUEL(デュエル)の製品だ。

  • ソリッドスピン【ハードコア】

キャストすれば直ぐにボロボロとなって帰って来るハードジグ。その悩みを取り除いた製品とだけあって発売前から多くの注目を集めているソリッドスピン。消耗品であるルアーを出来るだけ末永く使用するために。是非、ソリッドスピンを使用してエコな釣りを心掛けてはみてはいかがだろうか。