メジャークラフトの「ジグラバースルー」はバラしにくい高感度設計!ショアラバ専用タイラバ!

2017年07月上旬に、メジャークラフトから、ショアラバ用のルアー(タイラバ)が登場した。

  • ジグラバースルー

ショアラバとは、本来、船上から行うタイラバ釣法を陸っぱり(ショア)から行えるように変換した釣法。タイラバのターゲットをそのままに気軽に陸っぱりから行えるようにしたショアラバは複雑なアクションは必要なく基本アクションの一つ “ただ巻き” を駆使してターゲットを誘い上げる。単調なアクションでターゲットを誘うことができるために初心者の方や様々な釣法の間をカバーする珍しい釣法といえるだろう。

是非、今回、紹介するメジャークラフトから登場予定のショアラバ専用タイラバを使って陸っぱりから釣れる魚達を気軽に誘ってみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
メジャークラフトの「ジグラバースルー」はバラしにくい高感度設計!ショアラバ専用タイラバ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ジグラバースルー

メジャークラフトから登場予定のタイラバ “ジグラバースルー” は遊動式シンカーが採用されたショアラバ専用タイラバ。タイラバとしては常識となった誘導式タイプが採用されているだけに使い勝手は良さそうだ。

バラしにくい、且つ、高感度でありつつ、魚に違和感を与えない。

これだけではない。保護パイプを経由することでラインの擦れによるダメージを削減することができるようになっている。当たり前となった誘導式タイプの機能が組み込まれたタイラバがショアラバ専用として登場するのはメジャークラフト初となっている。

さて、ここまでは良くあるタイラバの性能であって常識の範囲内。今製品の素晴らしい所はコストパフォーマンスにある。なんと、殆どのタイラバ(船式)が1000(円)付近を漂うのに対し、ジグラバースルーは800(円)付近とコスト面が非常に優れている。

実はメジャークラフトからは既にショアラバ専用タイラバが登場している。ノーマルタイプのタイラバではあるが500(円)付近と脅威の価格。恐らく、ジグラバスルーが発売されると同時にノーマルタイプのジグラバーも再注目を集めるはずだ。

タイラバとしては常識外の価格帯。遊動式シンカー&ノーマルタイプ。メジャークラフトにはショアラバ釣法に向いた専用タイラバが登場している。ショアラバを一度体験してみたいと思われる方はメジャークラフトから登場予定のジグラバースルーを使用して、陸っぱりから根魚や真鯛・黒鯛、あらゆる魚達を気軽に誘ってみて欲しい。

スペック / 特長

釣法 タイプ 重さ(g)
ショアラバ オフセット 10・15・20
ネクタイ 30・40・60

This is JIG RUBBER THROUGH

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • ショアラバ専用タイラバ(誘導式シンカー)
    • バラしにくい
    • 高感度
    • 違和感を与えない
  • 保護パイプを設定(ラインを傷つけない)
  • 抜群の飛距離性能(10・15・20・30・40・60)

ライトタックルで気軽に誘えるオフセットタイプと深場やディープエリアに適したネクタイタイプが登場している。浅いポイントに真鯛が居る可能性は少ないという認識から個人的にはネクタイタイプで遠投して深場を中心に誘いたいところ。シーバスタックルやライトタックルを兼用してタイラバを行うならばオフセットタイプで気軽に狙うのも一つの方法だろうか。アクションが単調なだけにどんなタックルでも扱えそうな気がする。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年07月上旬にメジャークラフトから登場した製品だ。

  • ジグラバースルー

遠投 → 着底 → ただ巻き → 繰り返し。非常に単調なアクションでターゲットを誘える珍しい釣法だ。是非、ショアジギング・シーバス・ライトゲーム、様々な釣法の間の休憩がてらにショアタイラバを行い、陸っぱりからのタイラバを体験してみてはいかがだろうか。