冬のシーバス釣り入門|12月、1月、2月、3月の攻略方法

シーバスゲームでのオフシーズンは冬。しかし、冬はオフシーズンである一方、ポイントによっては大物を狙えるシーズンです。シーバスはこの厳しい冬を乗り越えるために秋に栄養をため、冬の間に行動を制限することで冬を越します。

つまり、冬に釣れるシーバスは行動制限を行っているため、エネルギーを消費していません。丸々と太った個体が釣れることも多いので、決して、オフシーズンとは呼べない季節として最近では認識されつつあります。

一般的にランカーサイズのシーバスの釣果が多いのは秋から冬にかけて。この時期に限定的にランカーサイズ(大きい個体)の釣果が集中しています。ロマンを追い求める方は必ず秋、冬のシーバス釣りに出かけていることでしょう。

今回、紹介するのは、冬のシーバスゲームの攻略法。産卵のため、沖合へと移動する個体を除く、陸っぱりから狙えるシーバスのポイント予測、更に、ボウズを逃すための工夫やベイトパターンから見る釣果予測に注目していきます。

そこで、レポ部では・・・
冬のシーバス釣り入門|12月、1月、2月、3月の攻略方法
をレポートします。

冬のシーバスゲームの魅力

冬のシーバス釣りの魅力。それは、大きい個体との出会いが多いこと。ランカーサイズとも呼ばれるサイズの多くは秋、冬に多くの釣果が寄せられています。シーバスゲームは年中無休。一年間を通して楽しめる釣りでもあるので諦めずにチャレンジしてみましょう。

冬の期間のシーバスの行動

冬の期間のシーバスの行動は大きく分けると二つ。一つは産卵のために沖合の深場へと向かうシーバス、二つは産卵へと向かわずに温かいポイントに定着するシーバスです。それぞれの状態について詳しく迫ります。

沖へと向かう、沿岸に帰るシーバス

冬になるとシーバスは産卵のために沖合へと向かいます。沖に向かうシーバスは送りシーバス(秋に餌を捕食し、秋、または、冬に沖合へと向かうシーバス)、また、迎えシーバス(春頃に沖合から沿岸へと帰ってくるシーバス)の二つに分かれます。冬に狙うべきは送りシーバス。秋に沢山の餌を捕食したシーバスを狙う絶好の機会となります。

居付きのシーバス

居付きのシーバスは環境に慣れたシーバス。その気に入った環境で過ごすシーバスも存在します。温排水が流れる温かいポイントは今では鉄板ポイント。生活排水が流れ込むポイント、工場の周辺、様々な限定したポイントにシーバスは潜んでいます。ただし、限定的なポイントのため、釣り人の姿を多く確認できる場所ではスレてしまう場合もあります。

冬のシーバスのポイント

冬のシーバスゲームは行動予測を行うことである程度の範囲へとポイントを絞ることができます。また、冬はシーバスだけでなく、限定的な季節に発生するシーバスの餌となるイワシ、アミ、バチ系、シラス、イナッコ・ハクとも時期がズレています。ただ、寒い季節でもシーバスの餌は存在します。まずは、シーバスの餌の発生パターンを予測するために各ベイト毎のベイトパターンを知っておきましょう。

自然界は弱肉強食の世界。目の前に餌があれば食いつくというのは至って普通の行動です。シーバスは時期に合わせて色んなベイトを餌にします。そのベイト...

地磯、沖磯

シーバスの産卵ポイントの一つ岩礁帯では産卵を控えたシーバスの群れが集まっている可能性があります。一級ポイントとしては沖磯、また、水深が深い地磯もポイントです。これらの産卵期のシーバスを狙った磯マルゲームは産卵期である冬にシーズンを迎えます。

ベイトパターンからポイントを探し出す

ベイトパターンからシーバスのポイントを予測すると冬の期間で最も出会うことの多いシーバスのベイトは「コノシロ」と「ハゼ」の二種。この二種はシーバスが捕食する餌として報告されており、釣果があった周辺にはシーバスが潜んでいる可能性があります。

ハゼの生息するポイント

ポイントの一つとしてはハゼの釣果が寄せられているポイントです。シーバスはハゼも捕食することをご存知でしょうか。ハゼの旬は冬の期間で型の良い個体が揃っています。シーバスは大きくなるにつれて捕食量も必然的に多くなります。大きい個体のハゼはシーバスの絶好の餌となり得ることからハゼが生息するポイントは一級ポイントです。

Jackson(ジャクソン) ルアー テッパンバイブ 26g BCD ブラックキャンディ

ハゼ
鉄PAN Vib

サイズ:72(mm)
重さ:26(g)
タイプ:シンキング

シーバスゲームに置ける汎用的役割を担う鉄板バイブです。よく飛び、素早く底に着き、安定した姿勢を保つ鉄板バイブレーションでハゼパターンには特に有効的。ゆっくりと底を引いてくるだけでパクッ。シーバスは居ても立っても居られないことでしょう。

コノシロが生息するポイント

コノシロの釣果が挙がるポイントもシーバスゲームの一級ポイント。コノシロは冬を代表する魚で秋初期から冬終わりの広い期間でのパターンが予測されます。個体の大きいコノシロを追ってきたシーバスは大型だらけ。コノシロの釣果が寄せられたポイントでは大型のシーバスが待ち構えていることでしょう。

メガバス(Megabass) ルアー ルアー KONOSIRUS(コノシラス) マットクリアコノシロ 38274

コノシロ
コノシラス

サイズ:108(mm)
重さ:33(g)
タイプ:シンキング

コノシロパターン特化型のバイブレーションです。ランカーシーバスを想定して設計された大型のバイブレーションでリトリーブ時でもハッキリとしたレスポンスを発揮します。コノシロの釣果があるポイントでは有効的なバイブレーションです。

シーバスの時期ごとの攻略方法

冬のシーバスゲームを効率的に楽しむにはシーバスの季節による動向を見極める必要が出てきます。シーバスの大まかな動きを知ることができれば、後は釣り人がシーバスの動きに合わせて釣りを楽しむだけ。寒い中、釣りを行いボウズだった、このような経験はあるはずです。無理をせずに釣れる時期に効率的なシーバスゲームを楽しみましょう。

《12月》大型個体が多い!産卵前の個体

冬の期間で最もオススメする時期です。秋までに栄養を蓄えたシーバスは産卵前の準備期間。少し時期が遅れた12月も11月に引き続き、シーバスの荒食い期間です。産卵前の大型個体が捕食する時期で大型の個体(ランカーサイズ)の釣果が数多く報告されています。

《1月》少しずつ釣果が下がる・・・

ガタッと食いが落ちる時期。早くも深場で産卵を終えた個体がポツポツと沿岸へと帰ってきます。しかし、帰ってきても餌は食べず。産卵で疲れ切った体を癒すために休憩モードへと入ります。一年間の中でも最も厳しい時期とも捉えることができるでしょう。

逆に、水温が一定のポイントや産卵へと向かわない個体、その環境を気に入った個体は一年間を通して釣ることができます。項目[居付きのシーバス]で注目したポイント、また、項目[ベイトパターンからポイントを探し出す]で解説した固定の魚を狙った大型個体を探してシーバスゲームを楽しみましょう。

《2月》徐々に元気を取り戻す!帰還シーズンの真っ只中

この時期になると徐々に元気を取り戻して餌を捕食する個体も出てきます。早くに帰還して休憩モードだった個体も餌を捕食し出します。シーバスが大好きなバチシーズンの始まりです。動かずに捕食でき、尚且つ、体力を回復できる時期。しかし、まだまだ釣果は期待できません。渋い釣行となるでしょう。

《3月》シーバスも元気!帰還の終わりを迎える

冬の終わり、春の到来です。多少、冬の名残りはあるものの、シーバスは産卵を終え、沿岸へと戻ってきます。バチシーズンの真っ只中です。アミ、ホタルイカ、シラス、様々なベイトの存在も確認出来る時期。ボラの稚魚も現れ、シーバス達は元気に捕食します。

シーバスゲームの仕掛け【ランカー向け】

冬のシーバスゲームでランカーサイズを基準に組んだ仕掛けです。沖合へと飛ばすために長めの竿を利用し、また、通常のシーバスゲームでは0.8号を基準に道糸を組むのに対し、大きい個体に対応できるようにランカー向けの仕掛けでは1.2(号)をベースに組み上げます。また、リーダーの太さも道糸に合わせて一段階太く設定しています。

冬のシーバスゲームを楽しもう!

オフシーズンと呼ばれがちな冬。しかし、シーバスは食いこそ落ち込むものの、時期によって適切に対応することができれば、釣果が出せなくもない季節です。もしも、冬の時期にシーバスゲームを楽しもうとお思いの方は時期に沿ったシーバスゲームの楽しみ方を見つけ出し、冬のシーバスゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク