冬のサビキ釣りの攻略法 | 仕掛けと好ポイントを徹底解説!

春夏秋冬、四つの季節の中でも最も寒く釣果が出辛い季節「冬」。この冬はサビキ釣りを行う上で最も釣果が出にくい季節とも言われています。サビキ釣りのベストシーズンは釣りがしやすい快適なシーズンである夏の季節と、程よいサイズの数釣りが楽しめる秋の季節。

秋と隣接する冬の季節の季節の変わり目には温度変化が激しい時期でもあります。サビキ釣りの主役といえばアジ。急激な温度変化を嫌うアジは温かい海水温を求めて南下する個体や、小海域で回遊を繰り返す個体など、アジには様々な個体が存在します。

釣果は出にくい季節だと言われているものの、条件を満たせばそのポイントにアジが回遊してくることもあるので冬の釣りでは状況判断が重要となってきます。そこで、今回は、冬のサビキ釣りの仕掛けや好ポイントについて解説します。

そこで、レポ部では・・・
冬のサビキ釣りの攻略法 | 仕掛けと好ポイントを徹底解説!
をレポートします。

冬に魚が釣れない理由

冬に魚が釣れない直接的な要因とも言われているのが海水温の低下。海水温が低下するとお魚が食べるプランクトンが生息できなくなります。プランクトンの生息する海には小魚もプランクトンを求めて集合。回遊性を持ったお魚であれば、この一連の食物連鎖が回遊という一つの目的に繋がっていることは言うまでもないでしょう。季節を変えた産卵も同じこと。産卵をするためには餌を食べて体力を付けた上で挑まなければいけません。更には、孵化するための海水温度も重要になってきます。海水温の低下はお魚からすると命にかかわる問題だと言えるでしょう。

サビキ釣りについて

サビキ釣りは大きく二つの仕掛けに分けることができます。その場に落とし込む通常のサビキ釣りとサビキ仕掛けを投げれるようにした投げサビキ。それぞれの違いと仕掛けについて解説しましょう。

サビキ釣り

サビキ釣りは目の前のポイントへと落とし込む仕掛け。アミエビの集魚力を活かすことで目の前のポイントに魚を集魚し、アミエビに似た針で釣るというシンプルな仕掛けです。欠点としては目の前のポイントにしか落とせないこと。利点としては釣り初心者の方でも簡単に仕掛けを組むことができます。

投げサビキ

投げサビキは通常のサビキ仕掛けを投げれるようにした仕掛け。投げるのでハリスは太めに設定する必要があるものの、サビキ釣りを延長した仕掛けなのでウキの仕組みさえ理解すれば釣り初心者の方でも簡単に組むことができます。利点は通常のサビキ釣りより広く誘うことができること。欠点は仕掛けが少し複雑なこと。市販のパッケージを利用すれば簡単に組むことができるでしょう。

冬のサビキ釣りの魅力とは?

冬のサビキ釣りは秋よりかは釣果が下がってしまいます。ただ、沖合から餌を求めて接岸するアジは大きいサイズが多く、冬は大アジを狙える限られた時期でもあります。もちろん、寒い季節が主役のお魚もいるのでサビキ釣りの仕掛けを利用することで様々なお魚と触れ合うことができるかもしれません。

冬のサビキ釣りでは大アジが狙える!

サビキ釣りといえばアジの存在は見過ごすことはできません。冬のアジはサイズが整ったアジであることが多いので、釣りの醍醐味を存分に体験することができるでしょう。釣っても楽しい!食べてもおいしい!アジの引きと味覚を存分に体験できる季節です。

場荒れが少ない

釣りは暖かい場所で行う方が快適に釣りを楽しむことができます。極寒の季節「冬」に釣りを使用と思われる方はよほどの釣り好きでない限りは無いと言えるでしょう。夏、秋に多かった家族での釣り客は減少する一方、釣り場の場荒れが起きにくくなる季節。もしも、穴場があればそのポイントにはお魚が集まっていることでしょう。

冬に魚を釣るコツは近くに餌を落とすこと!

一般的にオフシーズンと言われる冬の季節。しかし、水温が低くなっても魚達は餌を食べなければ栄養失調で死んでしまうことでしょう。冬の季節は寒さによってお魚の活性が低下するので目の前に餌を落としてあげることが大切です。できるだけ、お魚が楽な体制で捕食できるように鯉や金魚に餌をあげるような感覚でサビキ釣りを行ってみましょう。

冬に釣れる代表的な魚10選

釣り師の間では冬季はオフシーズンと知られています。ただし、それは水温が低い水域に限られます。水温が高い水域では、その場所で留まり、産卵を行う時...

冬の好ポイントは?

冬の釣りで重要なことは冬のお魚に合わせて行動すること。ただ単に足場の安定した堤防から釣りをするだけでは釣れないかもしれません。そこで、冬に釣りを行う上でおすすめするポイントについて解説します。

テトラポット

冬に釣れるお魚は青物だけではありません。一年を通して釣ることができる根魚はオフシーズンと呼ばれる冬でも釣果を出せるお魚です。ましてや、釣り人が少なくなる冬の季節では場荒れが少なく、根魚が隠れ家に潜む確率も高くなることでしょう。テトラポット周辺は根魚の絶好の隠れ家。コマセを撒けばすぐに集まってきますよ。

河口・汽水域

河口は海水と淡水が混ざり合う水域。河口や汽水域は水温が安定しやすくプランクトンが発生しやすい環境です。この水域にはプランクトンを餌にする魚達が集まってきます。河口や汽水域は冬でも安定した釣果を出しやすい水域だということを覚えておきましょう。ただし、海水魚の中には淡水を嫌うお魚もいます。できるだけ、淡水の薄い沖向きの波止から外向きへとキャストするといいでしょう。

海が深い地域

サビキ釣りのターゲットであるアジは水温8度を下回ると著しく食いが下がります。秋終わりには温かい気温を求めて南下する個体や安定した水温を求めて深場へと移動する個体もいることを覚えていきましょう。つまり、より深場のポイントにタッチできればアジが釣れる可能性が高まります。冬場のアジはボトムを軸に誘いましょう。

潮が集まるポイント

プランクトンとは水中・水面に浮いて生活している小動物のこと。つまり、生きてはいるものの、運動力を持っていないので潮に流される生活をしています。潮が集まるポイントには流されてきたプランクトンが集まるので魚達の捕食場所でもあります。サビキ釣りの好ポイントなので逃すことはできません。潮が渦巻くポイントや漁港の漁船が出入りする場所はプランクトンの集まりやすいポイント。必ず、狙ってみましょう。

まとめ

寒いから止めときます
きっと、お魚も休みですよ

このようにお思いの方は一度、冬の釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。冬ならではの魅力を体験できる冬の釣り。春夏秋冬の四つの季節の中で大物を狙いやすい短いシーズンです。おいしい晩御飯のおかずを手に入れるために。防寒対策は必ず行って冬の釣りを楽しみましょう。

スポンサードリンク