ライディングネットのおすすめ15選 | シャフトの長さや枠の大きさの選び方を解説

釣りをする上で、大物に出会う機会が多い人は頻繁に利用するライディングネット。逆に、大物へと出会う機会が少ない方は使用することがありません。ただ、一つ言えることは釣行の数が多い人は必ずライディングネットを利用する機会があるということ。

釣りをしていれば不意の大物に出会うことは必ずあります。その時に、逃すか、釣り上げることができるかは釣り人の腕だけではありません。海面から陸に上げるまでに抜き上げという行為があるからです。

大物と戦った後の釣り糸はダルダル。負荷が掛かり、ボロボロになっていることでしょう。そんな時に便利なのがライディングネットです。

ライディングネットは水面で魚を取り込み、陸へと上げることができる便利な釣具。ライディングネットを利用することで他の釣具の負担を軽減し、ライディングネットの力で安全に陸に大物を上げることができるでしょう。

今回、注目するのは、ライディングネットのおすすめと釣り場に合った長さの決め方について。ライディングネットの必要性や種類に触れた上で紹介していきます。

そこで、レポ部では・・・
ライディングネットのおすすめ15選 | シャフトの長さや枠の大きさの選び方を解説
をレポートします。

ライディングネットとは

ライディングネットとは魚を安全に陸に上げるための道具のこと。ライディングネットのパーツは大きくフレームと網、ポールの三つに分けることができます。伸縮可能なポールを手で操り、フレームと一体化した網へと魚を入れます。そうすることで、竿や糸、リールに負担を掛けずに陸へと魚を上げることができます。

ライディングネット(タモ網)の必要性

ライディングネットは竿の性能に満たない魚を陸に上げる際に利用されます。小魚を陸に上げる場合は竿の性能にのみ頼って陸に上げることができます。しかし、大物が掛かった時に陸に上げようとすると竿が折れてしまいます。また、魚の重さに耐えきれずに糸が切れてしまうことでしょう。ライディングネットを利用すれば大物でもライディングネットに負担を掛けることで竿や糸へと掛かる負担を軽減し、陸へと上げることができます。

ライディングネットの長さの選び方

ポイント 足場の高さ タモ網の長さ
漁港 低い 3~4(m)
堤防 基本 5~6(m)
高い 6~9(m)
砂浜(ウェーディング) 無し 40~70(cm)

大は小を兼ねるという言葉があります。ライディングネットの場合もその言葉通りで長い程に環境への対応幅が広がり、防波堤や漁港を始め、足場の高い堤防でも利用することができるようになります。しかし、ライディングネットが長い程、価格が高くなり、また、ライディングネットそのものが重くなります。取り返し、取り回しを良くするという面では釣り場に沿った長さのライディングネットを選ぶ方が利口でしょう。

漁港

ライディングネットの長さ
  • 4メートル
  • 5メートル

いつも行く釣り場が漁港であればライディングネットは短めの物でも構いません。というのは漁港は漁に出るために必要な物資を供給する場所ですので荷物を下したり、乗せたりする必要があります。つまり、足場は低めに作られていることが多く、大型の船が停泊する岸壁でもない限り、ライディングネットは4~5(m)程の物で大丈夫です。

堤防

ライディングネットの長さ
  • 5メートル
  • 6メートル
  • 7メートル

悩まれがちなのが堤防です。水面までの距離が長い物から短い物と様々で、その長さは堤防によって変わります。また、堤防の先にテトラ帯や岩場が設けられた場合もあるだけに一概に長さを決められません。一般的な堤防であれば5~6(m)程、足場の高い堤防であれば7(m)程のライディングネットを選択すれば心配はありません。

ライディングネットの長さ
  • 5メートル
  • 6メートル
  • 7メートル

一般的な磯といえば陸に繋がる地磯、また、渡し船で渡る沖磯です。両方ともキケンな足場であることが多く、足場の低い地磯であれば3(m)程の物で事足りる場合もあるだけに堤防と同じく、一概に長さを決められません。一般的な地磯であれば5~6(m)程、沖磯の場合は足場が高い場合が多いため、7(m)程の長さが必要だと考えておきましょう。

ライディングネットの種類(フレーム形状)

ライディングネットには大きく分けて二つのフレーム形状があります。一つは丸形のフレーム形状、そして、二つ目はオーバル型のフレーム形状です。丸形のフレームは一般的なフレーム形状(万能型)として知られ、多くの釣り人が利用する形状です。オーバル型は大物を取り込みやすいように工夫された形状。大型の青物やタイ等の40(cm)以上の魚をすくうようにしてライディングネット内へと収めることができます。

丸形

一般的なフレーム形状として知られているのは丸形のフレーム形状です。魚の頭が入ると丸形のフレームを辿り、真ん中に滑り込むようにスッと入ってくれます。また負荷が均一に枠へと掛かるため、強度が高いメリットを持っています。一番、流通しているフレームですのでフレームの大きさも様々な物が用意されています。

オーバル型

オーバル型は楕円形(oval)に似た形状のフレームです。大型の魚をフレーム内に投入しやすいように先端が広く設計されています。先端のフレームに魚の頭を入れるとスッと滑り込むようにライディングネット内へと投入されます。

フレームの大きさ【サイズの選び方】

フレーム直径(cm) 《安心》魚のサイズ(cm) 《限界》魚のサイズ(cm)
30 ~40 50~
35 ~45 55~
40 ~50 60~
50 ~60 70~

フレームが大きい程、魚を網に入れる際にはスッと入っています。フレームから網を辿り、吸い込まれるように入っていくので大物を釣り上げる予定の方は迷わずに大きいフレームを選択するようにしましょう。ただ、フレームの大きさが釣り上げた魚の直径より小さくてもネットに奥行があれば入ります。フレームの直径が40(cm)でも50(cm)のサゴシ、ナギサイズでも少しタモ網に入れるときに苦労しますが入れることはできます。

大は小を兼ねる!悩んだら大きいタモ網を選ぶ!

ポイント タモ網の長さの目安
漁港 4(m)
堤防 6(m)
8(m)

釣り場が定まらない方、また、限定した釣り場だけでなく、他の釣り場でも釣りを楽しみたいとお思いの釣り人も居ると思います。そのような場合は “大は小を兼ねる” という言葉に従うのも一つの手。釣り場について「長さが足りなくて使えない・・・」状況に陥るよりも、釣り場で利用できるように少しでも長い物を選択するのも良いと思います。

ライディングネットのおすすめ15選

様々なライディングネットが開発、産出されています。これから注目するのは、様々な特徴を持ったライディングネットの数々。おすすめのライディングネットを厳選し、そのライディングネットの特徴に触れた上でご紹介していきましょう。

玉網 ランディングネット タモ網 伸縮式 すくい網 最大総長2M 釣りネット 折り畳み式 ワンタッチネット 漁具 アルミニウム合金 軽量 淡水海水適用

オーバル
ワンタッチ式タモ網

メーカー:MESEVEN
最大伸縮長:2(m)
仕様:折り畳み式

三角形のライディングネットです。この手のライディングネットはコストパフォーマンスが高く、痒い所に手が届く短めの長さを持ったライディングネットです。ポールはアルミニウム合金で設計されており、硬質に作られています。ワンタッチ式の開閉で折り畳み式である点も大きな魅力です。
トーマス(TOMAS) ランディングネット 陸っぱりランディングネット コンプリート300 841396

オーバル
コンプリート300

メーカー:トーマス
最大伸縮長:3(m)
仕様:折り畳み式

オーバルのコンプリート300はオーバル型のライディングネットです。コストパフォーマンスを重視しながら見た目と性能にこだわった作りなのが魅力です。ワンタッチで開閉することができ、また、シャフトはカーボン、フレームはアルミと本格的に作られています。
TAKAMIYA(タカミヤ) 玉網 H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト KP-2039 300

オーバル
ラストウィニング

メーカー:タカミヤ
最大伸縮長:3・3.3・3.6(m)
玉枠素材:アルミニウム

タカミヤから登場するオーバル型のライディングネットです。ラストウィニングはコストパフォーマンスが高く、ショルダーベルトも付属するエントリー向けのライディングネットです。300・330・360(mm)の三つのラインナップから選択できる点が大きな魅力です。
サンライク(SANLIKE) 玉網 タモ網 折り畳み式 ワンタッチネット 伸縮式 2段階 調節可能 ランディングネット 釣り用網 アルミ柄 コンパクト タモさん 釣具 タモ釣り 三段カラー 淡水海水適用 釣り 網 漁具 104CM

オーバル
ワンタッチネット

メーカー:サンライク
最大伸縮長:1(m)
仕様:折り畳み式

サンライクのワンタッチネットです。折り畳み式のタモ網で川遊びや渓流釣りに最適。バスボートでも利用できます。全長104(cm)の小型のライディングネットですが用途としては幅広く利用することができ、ボタンを押すだけで開閉できることから使い勝手は抜群です。
ダイワ(Daiwa) 玉網(タモ) ランディングポール 2 磯玉網 60-60.

丸型
ランディングポールII

メーカー:ダイワ
最大伸縮長:5・6(m)
カーボン含有率:60%

ダイワのランディングポールⅡです。地磯や防波堤、漁港でのエサ釣りからルアー釣りまで幅広く利用できる長さで抜群の強度を持っています。ボールが落水しないようにグリップに滑り止めが施され、カーボンが60%含有されているため、ポールの中では軽量に設計されています。
OGK(オージーケー) 玉の柄 小継磯玉の柄エフゼロセット KITFZS48 480

丸型
エフゼロ

メーカー:OGK
最大伸縮長:4.1・4.7・5.3・5.9(m)
素材:グラス

OGKのライディングネットです。四つのラインナップが登場する中距離、遠距離向けのライディングネットです。中でも、5.3・5.9(m)は漁港はもちろん、少し高い防波堤や波止でも利用できる初めてタモ網を利用される方に向けたスターターセットです。
第一精工 ランディングネット LGフレーム 30-330R 玉網 釣り

オーバル
LGフレーム

メーカー:第一精工
最大伸縮長:3.3(m)
付属:専用収納バッグ

第一精工のライディングネットです。仕舞寸法が62(cm)でありながら最大長3.3(m)と長く伸ばすことができるライディングネットで専用の収納バックも付属しています。主にライトゲーム用のライディングネットではありますが、環境さえ合えば幅広い魚種に利用できます。
SETAKO 勢田工業 木製 ラバーランディングネット ウッドフレーム

オーバル
ラバーランディングネット

メーカー:勢田工業
最大伸縮長:60(cm)
材質:木材

勢田工業のライディングネットです。木材のフレームが採用された短いライディングネットで手元に寄せてキャッチするために考案されたショートレングスのタモ網です。トラウトやニジマス、アマゴやヤマメなど渓流釣り、フライフィッシングにも便利です。
プロックス オールインワンソルト 500(ブルー) AIOS500

オーバル
オールインワンソルト

メーカー:プロックス
最大伸縮長:5・6(m)
カーボン含有率:92%

プロックスのライディングネットです。ワンタッチで折り畳めるタモジョイントが標準搭載されたオールインワンソルト。オーバル型がライディングネットでボールにはタモホルダーと呼ばれるクリップも搭載されています。ベルトに装着することでスムーズに取り出すことができます。
ランディングシャフト & ネットセット Red Larcal(レッドラーカル) 300 + ランディングネットS 黒(オーバールフレーム) (190141-bk)

オーバル
レッドラーカル

メーカー:ピュアテック
最大伸縮長:2.6・3(m)
カーボン含有率:85%

ピュアテックのレッドラーカルです。3.0(m)で350(g)と軽量に設計された製品で足場の低い防波堤、地磯の両方からでも利用できます。シャフトにはカラビナが付き、持ち手はノースップ塗装で滑りにくいように設計されています。
サンライク(SANLIKE)玉網 タモ網 折りたたみ式 ランディングネット カーボン製 伸縮式 9段階 小継玉の柄 釣り ネット すくい網 淡水 海水両用 網 (全長5M)

オーバル
伸縮性ライディングネット

メーカー:サンライク
最大伸縮長:3・5・6(m)
カーボン含有率:90%

サンライクのライディングネットです。アマゾンではベストセラーを獲得する程のタモ網でコストパフォーマンスが良く、90%と高い含有率のカーボンが含有されたライディングネットです。軽量、且つ、耐久性と耐腐食性に優れ、ショルダーベルトも付属。また、3.0、5.0、6.0(m)と幅広いシチュエーションで利用できるようなラインナップが登場しています。
ベイシック カーボン小継磯玉セット Red Catch 600(basic-161718)

丸型
レッドキャッチ

メーカー:ベイシックジャパン
最大伸縮長:2・3・6(m)・他
仕舞寸法:59(cm)

ベイシックジャパンのライディングネットです。レッドキャッチはエギング、シーバス、ライトショアジギング等の陸釣りに最適なモデル。ラインナップが2.0~6.0(m)と計4つのモデルが登場しています。人気がある5.0・6.0(m)のモデルは最近見かけません。
シェアーズ(Shares) SOLFIESTA(ソルフィエスタ) ランディングネット TROUT LANDING NET(トラウトランディングネット) / GREEN M

オーバル
トラウトライディングネット

メーカー:シェアーズ
最大伸縮長:50・62・72(cm)・他
素材:アルミフレーム

シェアーズのライディングネットです。小型のライディングネットでトラウトや海でのウェーディングに便利。ラバーコーティングネットが使われているので魚にも優しく、後部に搭載されたマグネットで手返し良くワンタッチで取り出しを行うことができます。
SANLIKE 釣りタモ 磯玉セット 玉網 折りたたみ 伸縮 カーボン 小継玉の柄 超軽量 6m

丸型
磯玉セット

メーカー:サンライク
最大伸縮長:3・5・6・7・8・9(cm)
カーボン含有率:70%

サンライクの磯玉セット。ネットとポールが一式付属した磯玉セットです。広いラインナップが登場しており、環境に沿ったタモ網を選択することができます。地磯から沖磯、足場の高い岸壁などにマッチした9(m)というモデルも登場しています。
ツリノ(TURINO)玉網 タモ網 磯玉セット 伸縮玉の柄 大型たも網 小継玉の柄 カーボン 折り畳み玉枠 超軽量 釣りネット 釣タモ 4種類:玉網だけ/3m/5m/6m

オーバル
伸縮性タモ網(三角型)

メーカー:ツリノ
最大伸縮長:3・5・6(m)
素材:アルミフレーム

ツリノのライディングネットです。オーバル型(逆三角形型)のライディングネットで伸縮性を備えたモデルです。枠は三つ折りにすることができ、よりコンパクトに畳むことができます。更に、塗装にはピアノ用のペンキが用いられ、手元は滑りにくいように塗装が施されています。

ライディングネットで大物に対処しよう!

ライディングネットを利用すれば安心できるというのは、何も大物を取り込むことだけに限りません。竿、リール、釣り糸・・・、他の釣り具に負担を掛けずに大物を安全に取り入れることができる多大な影響力は縁の下の力持ち。ライディングネットは一つの保険でもあるのです。もしも、ライディングネットをお持ちで無い方は、この際に釣り場に沿ったライディングネットを選び、大物の保険を備えた釣行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク