初めてのエギング入門 | シーズン、仕掛け、アクション方法を徹底解説

エギングはエギ(疑似餌)を利用してアオリイカを主旨とし、様々なイカ類を釣る釣法です。

元々、漁師がイカを釣り上げる道具として、木材で餌に似た餌木(エギ)と呼ばれる疑似餌を利用していました。エギングというルアーフィッシングは漁師の知恵(イカが餌木で釣れるという経験)から始まったと言われています。

今回、紹介するのは、岸から気軽にイカが釣れるエギングについて。エギング入門者の方に向けて、ポイントや仕掛け、タックル、また、アオリイカを始めとしたイカ類を釣るためのアクション方法に迫ります。

そこで、レポ部では・・・
初めてのエギング入門 | シーズン、仕掛け、アクション方法を徹底解説
をレポートします。

エギングとは

エギングとはアオリイカを主旨とし、岸から様々なイカをエギ(疑似餌)を利用して釣るルアーフィッシングです。エギングではアオリイカを始めとしたイカ類(コウイカ、シリヤケイカ、ヤリイカ等)を釣り上げることができます。

エギングで釣れるイカ類

エギングの主旨はアオリイカ。しかし、アオリイカ以外の釣果も珍しくはありません。有名どころとしてはコウイカ、また、変わり種としてはヤリイカの釣果もエギングでは寄せられています。それぞれの特徴について詳しく迫ります。

アオリイカを目当てに釣りを楽しむ釣法といえばエギング。TVや雑誌ではアオリイカを手に取って自慢げに見せるプロアングラーの方々を多く見かけます。...

アオリイカ

分類
  • ヤリイカ科
  • アオリイカ属

エギングの主旨としてはアオリイカ。他イカ類には無い、ハッキリとしたエンペラー(半円形のヒレ)を持ったイカで、大きい個体になると40(cm)を超えるほどに。エンペラーを除くと全体的に細い体付きで胴体と頭部の境目がクッキリしています。

コウイカ

分類
  • コウイカ科
  • コウイカ属

エギングで釣果が高いコウイカ。イカの中では珍しい底性のコウイカ類に属します。海底をトレースするボトムエギングではコウイカの釣果が高く寄せられています。コウイカの姿はノベッとした楕円形。ふくらみを持った胴体の左右のエンペラーはアオリイカのようにハッキリと現れていません。また、甲の先が丸く尖っており、この姿がハリのように見えることからハリイカとしても呼ばれています。

シリヤケイカ

分類
  • コウイカ科
  • シリヤケイカ属

東京湾で釣果の多いシリヤケイカ。シリヤケイカの最大の特徴は模様。体に散りばめられたゴマのような模様が特徴的。このゴマのような模様からゴマイカとしても呼ばれています。シリヤケイカはコウイカ科に分類されるイカ類。つまり、コウイカの仲間です。コウイカと姿は似ているので模様と体色で判断しましょう。

モンゴウイカ(カミナリイカ)

分類
  • コウイカ科
  • コウイカ属

エギングでは珍しいモンゴウイカ。別名ではカミナリイカとしても呼ばれています。モンゴウイカの最大の特徴は紋の模様。体に紋(もん)模様が散りばめられているように見えることからモンゴウイカと呼ばれています。また、コウイカ科に分類されるコウイカの仲間です。カミナリイカと呼ばれるのは雷が発生する時期に釣果があるから。ただし、モンゴウイカと天候が密接な関係にあるかは未だに解明されていません。

ヤリイカ

分類
  • ヤリイカ科
  • ヤリイカ属

体付きが槍のように尖ってみえるヤリイカ。その名前の由来は鋭い直線的な形状にあります。接岸時期は異なりますが瀬戸内海でもヤリイカの存在は確認されており、中部、関東でもヤリイカの釣果は寄せられています。

エギングを楽しめる場所、ポイント

エギングは岸から行います。防波堤、磯場、漁港などの身近な環境で釣りを楽しむことができます。中でも、風通しの良いポイントは一級ポイント。沖に設置された一文字、堤防の端。また、小アジが回遊する場所はイカの餌場となるのでイカの釣果が期待できます。

防波堤

沖向きに設置された防波堤もエギングのポイント。安定した足場であることが多い防波堤は釣りに適した場所であると共にエギングする上での一つのポイントでもあります。中でも、風通しの良い一文字は大人気のポイントです。

沖堤防(一文字)

一文字は沖合に設置された防波堤。渡り船で渡ることで一文字へと移動することができます。一文字の利点は水深の高い場所で釣りができること。また、渡船で移動するため、手間が掛かる一方、場荒れが少ないという利点を持っています。

岩場、磯場、藻場

岩場、磯場、藻場もエギングのポイントの一つ。イカ類は沿岸のサンゴ、藻場で産卵行動を行うため、大型のイカが潜んでいるポイントでもあります。また、イカが隠れるための場所として、岩場、磯場なども良いポイント。強敵が現れると岩場、磯場の環境に適応し、サッと擬態することで敵を避けます。このような場所はイカの隠れ家となっているポイント。エギングをする上では一級ポイントです。

漁港

安定した足場をお望みの方は漁港。イカの釣果情報のある場所であればイカが回遊している可能性も望めます。また、漁港の中にはイカの餌となる小魚(アジ)も堤防の側面に沿って侵入してきます。また、墨(すみ)が吐かれた場所はイカが釣れたサイン。その付近にはイカの存在を望むことができるでしょう。

エギングの季節と時間

エギングではイカの接岸する産卵時期「春」、そして、イカが孵化する時期「秋」の二つの季節が最も釣果の出やすい時期。春は3月、4月、5月、秋は9月、10月、11月を目安に釣りを楽しむとより良い釣果を期待できるでしょう。それぞれの季節に迫ります。

イカが釣れる季節「春」と「秋」

産卵期になるとイカは接岸して浅瀬に移動します。イカは産卵のために接岸して藻場、サンゴに卵を産み付け、この産卵時期「春」には型の整った親イカの釣果を望むことができ、秋になると孵化した小さなイカの釣果を望むことができます。ただし、地域によってはリリースサイズの規定が定められていることもあるので注意が必要です。

イカが釣りやすい時間

アオリイカを始めとしたイカ類は夜行性で夕マズメを期に活動し始めます。イカの活性が上昇する夕マズメは一日のターニングポイントと言われており、この夕マズメから夜間にかけてイカは行動します。逆に、日中は外敵から身を守るために障害物周り、藻場、サンゴ、岩場に自身を擬態することで身を守っており、活動を制限しています。

時合(じあい)とマズメは同じ意味…と、お思いのアナタ。本当にそうでしょうか。 実は、マズメと時合の意味は全く違います。 今回、紹介...

季節毎のエギングの仕掛け

エギング専用の竿の硬さは利用するエギのサイズで決めます。ML~Mサイズの硬さは小、中サイズのエギ(2.5、3.0、3.5号)、また、MHクラスになると中、大サイズのエギ(3.0、4.0、4.5号)までのエギを扱えるようになります。春の大きいイカを狙えるエギングでは3.5~4.0号程の大きめのエギが扱える竿、また、秋の小イカを主旨とする場合は2.5~3.0号程の小型、中型サイズのエギが扱える竿を選択するようにしましょう。

春のエギングの仕掛け

大型のイカを狙う春のエギングでは3.0~4.5号の大きいエギを利用します。そのため、M~MHクラスの3.5号程のエギを扱えるロッドパワーを持った竿を選択します。春エギング入門者の方はMクラス、また、よりディープポイントへと届かせたい、更なる大物を追求したいとお思いの方は4.5号を扱えるMHクラスの竿を利用するようにしましょう。

夏のエギングの仕掛け

春イカは大型のイカと出会える機会が多い一方、数釣りには適さない季節です。水温が高くなると活性化するイカは夏もシーズン。ただし、水温が熱くなりすぎるとイカの活性は逆に落ちてしまうため、難しい時期でもあります。お勧めするのは、水温が落ち着く、朝方と夕方(各マズメ時)、また、潮の流れによって海水がかき混ぜられるポイント。そして、海水温が高い場合はイカは深場へと潜ってしまうため、ディープポイントを探ることができるロングロッド、そして、重たいエギを扱える竿を選択するようにしましょう。

秋のエギングの仕掛け

小イカを狙う秋のエギングでは2.0~3.0号の小型のエギを利用します。そのため、L~MLクラスの竿を利用し、メインラインやショックリーダーも小型のイカのアタリを取るために細い糸を利用します。小型のイカは浅いエリアに一定期間、生息し、成長するため、浅い場所、沿岸に住んでいます。藻場、岩場、漁港などのなどの沿岸部を探りましょう。

冬のエギングの仕掛け

小イカの数釣りの季節、秋が終わり、寒波が到来する冬。一般的にエギングではオフシーズンと呼ばれる時期です。水温が低下する冬にはイカは安定した水温を求め、沖へと旅立ちます。イカは沖合の深場で冬を越すため、逆にポイントが分かりやすい時期で、遠投し、深場を探ることで釣果を望むことができます。ただし、水温が冷たいため、活性が低く、エギに興味を示さないこともあるだけに一年の中ではシビアな時期となります。

エギングの竿(ロッド)

エギングの竿に求められる性能は「軽さ」「長さ」「硬さ」の三つです。エギングではシャクリというアクションを主軸とするため、釣り人自身の負担にならないために「軽さ」が求められます。また、飛距離を出すためにある程度の竿の「長さ」も必要です。ただし、長い物を選択してしまうと穂先に伝わる感度が遅れるため、アクションがし辛くなってしまいます。そこで、竿の硬さを張りのある物(ML~MH)を選択することで一つ一つのアクションに張りが生まれ、シャクリ動作を行いやすくすることができます。

エギングのリール

番数
  • 2500番
  • 3000番

エギングのリールに求められる性能は「軽さ」「番数」「ハンドル」です。アクションが主流となるエギングでは釣り人の負担にならないように軽いリールを選びます。また、シャクリ時に出る糸ふけを必ず回収するために2500番以上の番数を選ぶこと。また、ハンドルは細かい操作を行うためにダブルハンドルを推奨しています。

ーマルギアとハイギアのどっちを選ぶべき?

リールを選ぶ際にノーマルギアとハイギアのどちらを選ぶか迷ってしまいますよね。ただ、2500番のリールのノーマルギアでもシャクリ時の糸ふけは十分に回収することができます。また、ハイギアだと一回転の巻き取り量が同番数のノーマルギアと比べると半回転から一回転程多くなるため、糸ふけ以上のラインを巻き取ることでエギの動きに悪影響を与えてしまいます。従って、エギングではノーマルギアの使用を推奨しています。

※:一般的にギア比(5.0〜5.7)の物をノーマルギア、ギア比(5.8~6.1)を超える物はハイギア、ギア比(6.2)を超える物はエクストラハイギアと呼ばれています。

エギングのライン(釣り糸)

エギングのラインに求められる性能は「感度」「アクション」「飛距離」「トラブルレス」です。エギングにおいて感度はある程に良く、些細な引っ張られるようなアタリも感知することができるようになり、モソッとしたイカの分かりずらいアタリも感度の伝わりやすいラインを利用することで取れるようになります。また、エギングでは海底を軸に誘うことも珍しくはありません。根掛かりに強いラインシステムを組むことで対処することができます。以上の四つの点を踏まえた上でライン選びを行いましょう。

エギングのメインライン(道糸)

サイズ
  • 0.6号
  • 0.8号
  • 1.0号
  • 1.2号

エギングでは「PEライン」を利用します。伸びない性質を持ったPEラインは感度に優れており、アクション時には手元の力を間接的にエギに与えることができるため、エギが跳ね上がるようなキビキビとした動作を生み出すことができます。また、ナイロンラインよりも細いラインで強い直線強度を持ち、この細さは飛距離にも貢献してくれます。

エギングのリーダー(ショックリーダー)

サイズ
  • 1.75号
  • 2.0号
  • 2.5号
  • 3.0号
  • 3.5号
  • 4.0号

メインライン(PEライン)の最大のデメリットは根ズレに弱いこと。少し傷が入るだけでラインブレイクに繋がってしまいます。つまり、PEラインを単独で利用する際に藻場、岩場、磯場でエギングをする場合はラインブレイクが多発してしまいます。そこで、根ズレを防ぐためにリーダー(フロロカーボン製)をPEラインに直結することで根ズレを防ぎ、フロロカーボンの伸びない性質と組み合わせることで出来るだけ感度を損ねずにライントラブルへの対処を行うことができます。

エギ(疑似餌)の選び方

号数 長さ(cm) 重さ(g) 分類
2.0 6.05 6 小型
2.5 7.55 10 小型
3.0 9.05 15 中型
3.5 10.60 20 中型
4.0 12.10 25 大型
4.5 13.60 33 大型

※:ダイソーのエギの重さを計測した値

エギングの要ともいえるエギは2.0~4.5号の間で選びます。投げられるエギは竿の硬さに依存し、多くの竿の場合では、MLクラスでは3.5号まで、Mクラスでは4.0号まで、MHクラスになると4.5号のエギを投げることができます。そして、エギの中にはノーマル、シャロ―、シンキングというように、水深に適した使用が推奨されたエギも存在します。

ノーマルタイプ

適応
  • オールマイティ

ノーマルタイプのエギはシャロータイプやシンキングタイプの基準になるエギ。深い水深や浅い場所などの様々な環境でオールマイティーに使うことができます。水深が分からない未知な環境、流れが速い場所で利用されています。

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ: パタパタQ 3.0号 KMP:01 ケイムラマーブルピンク

万能
パタパタQ

メーカー:ヨーヅリ
サイズ:2.5・3.0・3.5号
沈下速度:3.5(秒/m)

ヨーズリのパタパタQ。ヨーズリの技術パタパタフィンを取り入れたエギで沈下、シャクリ時にはフィンがパタパタと動きます。シンカーにはバンパーが取り付けられているため、障害物に接触してもシンカーが傷付くことはありません。

シャロータイプ

適応
  • 浅瀬

シャロ―タイプのエギは浅瀬での活躍が見込めるエギ。フォール(沈下)速度を遅くすることでシャロ―(浅瀬)でもアタリの感覚を長く行うことができます。ジックリとエギの存在を見せたい時、また、波の流れが緩やかで水深が浅いポイントで利用されています。

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K シャロー 3.5号 20g ムラムラチェリー #005 594720

浅瀬
エギ王 K

メーカー:ヤマシタ
サイズ:3.5号
沈下速度:6.0(秒/m)

ヤマシタのエギ王。シャロ―を攻略するために沈下速度を制限したモデル。浮力をシッカリと確保し、遠投性能もバツグン。スローフォール仕様に設計されたエギでスレたエギもキャッチ。見えたアオリイカ(サイトエギング)にも最適です。

シンキングタイプ

適応
  • 深場

シンキングタイプのエギは深場での活躍が見込めるエギ。シャロ―、ノーマルタイプと比べると沈みが早く、素早く着底へと持ち込むことができます。潮の流れが速い、また、水深が深いポイントで利用されることの多いエギです。

フィッシュリーグ エギ エギリー・ダートマックス 3.5号 D38CG スーパーアジCゴールド.

深場
エギリー ダートマックス

メーカー:エコギア
サイズ:3.5号
沈下速度:2.7(秒/m)

エコギアのダートマックス。沈下速度2.7(秒/m)と素早く沈むシンキングタイプのエギ。頭部を滑りの良い樹脂にすることでキレの良いダートを行えるエギです。潮の流れが速いポイントでもダートマックスのダートのキレは揺るぎません。

エギングのアクション方法

エギングのアクションはシャクリと呼ばれます。基本的にはシャクリの回数を連続させて多くするほど、エギを目立たせることができ、イカにエギの姿を確認させることができます。ただし、イカは沈下時に餌を食べるため、連続してシャクリ過ぎると逆効果。アクションを行い、沈下する間を必ず入れる必要があります。そこで、エギングで利用されるアクションについて詳しく解説していきます。

シャクリ

エギングの基本的なアクションはシャクリという動作で行います。水平にした竿の糸ふけを取り、釣り糸を張った状態にします。次に、素早く竿の穂先を上昇させ、次の動作で再び竿を平行に戻し、糸ふけを取り除きます。この一連の動作をシャクリと呼びます。シャクリの動作を行う際には必ず、沈下させる間を設けます。

リフト&フォール

リフト&フォールはエギをリフト(上昇)させてフォール(沈下)させる一連の動作。糸ふけを取った状態の竿を上げ、次の動作で竿を下へと下ろします。この竿を下げた時に出た糸ふけを回収するようにリールを巻き取ります。エギは水中で上に上昇し、ストンと前方へと前方姿勢で落ちていきます。

ズル引き

シンプルな動作で釣果が望めるズル引き。着水、着底を確認したと同時にゆっくりとリールを巻き取ります。エギのシンカーの重さを感じ取りながら地面を這うように手前へと引き寄せます。このような単純な動作でもイカを釣ることができます。

エギングの基本を頭に叩き込もう!

エギングは釣りの中でもイカをターゲットとした珍しい釣法です。更に、防波堤、漁港などの岸から釣りを楽しめるだけあり、ルアーゲームの中でも高い人気を得ています。もしも、エギングにチャレンジしようと思われた方はエギングの基本を知り、自分なりの応用を利かした上でエギングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク