初心者のアジング入門 | タックルから仕掛け、アクション方法を徹底解説!

アジングはアジを主役に釣りを楽しむルアーゲームです。アジングの魅力は初心者の方でも簡単にアジ釣りを楽しめること。主役となるアジは回遊性を持つお魚で、アジの回遊がある釣り場であれば、どの釣り場でも釣れる可能性があります。

アジ釣りと言えばサビキ釣り。ただし、サビキ釣りの場合はアミエビ(餌)に触らなければいけません。アミエビ特有の臭いが手や服に付いてしまうので匂いに敏感な方には不向きだと言えます。

一方、アジングでは人工的に作られたソフトワームやルアーを使用してアジを釣るので生餌が触れない女性の方でも安心してお楽しみいただけます。

今回、紹介するのは、ソフトワームやルアーを利用してアジを釣る「アジング」の仕掛けから釣り方について。もしも、アジングを始めてみようと思われる方はこの記事の内容を参考にしてアジングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
初心者のアジング入門 | タックルから仕掛け、アクション方法を徹底解説!
をレポートします。

アジングとは

アジングで釣れる魚達
  • カサゴ
  • フグ
  • チャリコ
  • ベラ
  • メバル
  • カマス
  • etc

アジングはアジを主旨として釣りを楽しむルアーゲーム。各種ワームの中でも吸い込みが良いとされる軟らかいワーム、また、日光に反射して光沢の発するルアーと呼ばれる疑似餌を活用してアジを誘います。アジングではアジが主役なだけでアジの他にも様々なお魚が釣れる可能性を秘めた釣り方です。その多種性もアジングの魅力の一つだと言えます。

釣れる場所、ポイント

アジの分布は広いので決して特定できるものではありません。アジは回遊魚の一種。小規模、中規模の海域を回遊する集団もいれば、湾内で回遊を繰り返す個体も存在します。アジングを楽しむ釣り場は「防波堤」「波止」「河口」「岩場」と様々。アジの回遊する情報のある釣り場であればアジングでより多くの釣果を残すことができるでしょう。

アジが釣れるポイント

il

アジングの絶好の釣り場はアジが回遊するポイント。防波堤や漁港、堤防沿い、あらゆる釣り場でアジングを楽しむことができます。夜間であればプランクトンが集まりやすい常夜灯周りが良いポイント。また、図のような潮がぶつかり合うポイント、アジが漁港内へと侵入してくるポイントも良いポイントとなります。

釣れる時期、時間

アジングのシーズンは小アジの数釣りを楽しめる夏のシーズンと中型~大型サイズのアジ釣りを楽しめる秋のシーズンの二つです。秋終わりには多くのアジが温かい海水温を求めて南下、春には産卵のために北上してきます。それぞれの時期、時間に注目しましょう。

春夏秋冬のどの季節がアジ釣りにぴったりな季節なのかという素朴な疑問。アジ釣りをする方であれば誰しもが考えたことのある疑問だと思います。このペー...

釣れる時期

理想的なシーズン
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

アジングの理想的なシーズンは夏場から秋終わりにかけて。秋終わりになるほど、アジのサイズが大きくなっていきます。夏初期は豆アジを。秋初期は少し育ったアジを。秋終わり頃になると本格的なアジングを楽しむことができるようになります。

釣れる時間

アジングは日中と夜間の両方で楽しむことができます。日中(デイゲーム)は防波堤や波止沿いに回遊するアジ、また、漁港の中に侵入してくるアジが主な対象です。逆に夜間(ナイトゲーム)では明かりが差すポイントを基準に釣りを楽しみます。お魚は光に集まる習性があるため、人工的に建てられた常夜灯、灯台周りが効率の良いポイントと言えます。

アジングの仕掛け

アジングの仕掛けは何通りかあるだけに入門者の方は悩んでしまいますよね。そこで、アジングの仕掛けを分かりやすくするために釣り糸の種類毎にアジングの仕掛けを分けてみました。初心者向けの仕掛けから中級~上級者向けの仕掛けを紹介していきましょう。

フロロカーボンライン(初心者向け)

フロロカーボンラインを道糸として利用したアジングの仕掛けです。フロロカーボンラインは根ズレに強い釣り糸。また、フロロカーボンラインは比重が高いので海の中に釣り糸を入れると沈んでいきます。重たいジグヘッドの動きを助長してくれるため、素早く海層(タナ)へと届けることができます。また、フロロカーボンラインはリーダーと呼ばれるラインを別途に必要としません。初心者の方でもシンプルに仕掛けを組むことができます。

PEライン(中級~上級者向け)

中級者の方におすすめするのはPEラインを利用した仕掛けです。PEラインは伸びない性質を持った釣り糸で手元に伝わる感度が高い特徴を持っています。素早く当たりを感知し、合わせへと繋げることができるようになります。また、PEラインの場合はショックリーダーと呼ばれるリーダーが別途に必要です。PEラインのデメリットでもある根ズレの弱さをフロロカーボン製のショックリーダーをPEラインに直結することで補うことができます。

ポリエステルライン(中級~上級者向け)

中級者の方におすすめするのはポリエステルラインを利用した仕掛けです。ポリエステルラインはフロロカーボンラインとPEラインの両方の性質を持った釣り糸です。伸びない性質と水に対して沈む両方の性質を持っています。伸びないために感度が高く、深場へのアクセスが簡単でジグヘッドの動きに沿った動きを行ってくれます。しかし、ポリエステルラインは結束強度が落ちるためにショックリーダーが必要です。

竿、ロッドの選び方

アジングの竿に選ぶ際に求められる要項に迫ります。まず、第一はジグヘッドとソフトワームそのものを扱えること。第二にアジングロッドの穂先を知ること。これらの要素を踏まえたロッドを選択します。それぞれの要素について詳しく解説します。

ソフトワーム、ジグヘッドを扱えること

小型のジグヘッドやソフトワームを利用するアジングでのこの要素は必須です。アジングではジグヘッドとソフトワームを組み合わせたジグヘッドリグと呼ばれるリグを利用します。アジングで利用するジグヘッドリグの重さは重い組み合わせで3.0(g)ほど。軽い組み合わせで1.0(g)未満と、小さいサイズを利用します。

扱えるおもりの重さが釣り竿によって異なります。多くの場合は表記「ルアー荷重」「おもり負荷」「ルアーwt」というような表記で記載されています。ジグヘッドのみを利用する場合は5.0(g)までを投げられる竿で大丈夫ですが、後に解説するメタルジグを利用する際には10.0(g)ほどのおもりを扱える釣り竿を選択するようにします。使用したいおもりの重さを投げられる釣り竿を選びましょう。
メジャークラフト 2代目ソルパラX アジングロッド アジチューブラ SPX-T682AJI-6.8フィート(約207cm)チューブラー穂先

アジング
二代目ソルパラ

メーカー:メジャークラフト
推奨ルアー:0.6~10(g)
アクション:ファースト

メジャークラフトのアジングロッドです。コストパフォーマンスが高く、気兼ねなくアジングを楽しめるハイコスパロッドです。本体はカーボン素材であることはもちろん、穂先はチューブラーとソリッドの二種から選択することができます。

メタルジグやプラグを利用する場合

小型のメタルジグやプラグの使用をお考えの方は使用するルアーの重さを許容範囲に収めたロッドを選びます。ジグヘッドとメタルジグの両方をお使いになりたい方はメタルジグの重さとジグヘッドの重さの両方を許容範囲としたロッドを選択するようにします。

アジングロッドの穂先

il3

アジングでは当たりを取る過程の中で “当たりを感知して合わせを入れる作業” を行う必要があります。アジングロッドの穂先は「チューブラーディップ」と「ソリッドディップ」のそれぞれが存在し、この穂先の違いによって当たりの取り方が変わります。それぞれの違いに注目します。

ソリッドディップ

ソリッドディップは竿先の中が詰まっている竿のこと。チューブラーディップよりも竿先が柔軟なために魚の当たりを弾き辛くなっています。合わせを行う必要がなく自然にフッキングへと持ち込んでくれます。アジング入門者に向いた穂先だと言えるでしょう。

チューブラーディップ

チューブラーディップは竿先が空洞になっている竿のこと。空洞になっているために感度に優れています。手元に伝わる小さな当たりの判別がしやすく感度の伝達性に長けた竿先です。積極的に合わせを入れてアジを狙いたい方に向いた穂先だと言えるでしょう。

リールの選び方

タダ巻きを基本のアクションとするアジングでは大きい番手のリールは要りません。大きい番手のリールは重いので操作の妨げになったり、一回転の巻き取り量が多いため、アジングの基本アクションであるタダ巻きの速度が調整し辛いので、アジングのリールは小型サイズのリールを選び、巻き取り量の少ないノーマルタイプのギアを選択します。

1000番~2500番を選ぶこと

おすすめのリールの番手
  • 1000番
  • 1500番
  • 2000番
  • 2500番

アジングで多用するアクションはタダ巻きです。タダ巻きはリールを巻く速度の変化でアジを誘います。太い番手にしてしまうと一回転で大きく巻き取ってしまうので逆効果。逆に、番手が小さくなれば一回転の巻き取り幅が狭まるということ。つまり、応用が利く小さな番手はアジングにはぴったりな番手だと捉えることができます。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 14 リバティクラブ 1500 2017年モデル

アジング
リバティクラブ

メーカー:ダイワ
番数:1500(番)
適応:アジング・メバリング

ダイワのリバティクラブです。1500番はアジング・メバリング向け。デジギアⅡ、ABSⅡ、インフィニティストッパー等の基本的な機能が詰め込まれたリールです。コストパフォーマンスと機能性を充実させたい方におすすめします。

ノーマルギアをおすすめする理由

アジングではハイギアタイプのリールは不向きです。ハイギアになると一回転の巻き取り量と幅も増加します。これはアジングでのアクションに影響が出るというよりも巻き加減でアクションを調整するアジングでは巻き取り幅の調整が難しくなるからです。ゆっくりとしたアクションを行う上ではハイギアタイプのリールは不向きだと言えるでしょう。

軽いリールを選ぶこと

アジングに限らず、長い時間、釣果が出ない時もあります。そんな時、アナタの体力は限界にきていることでしょう。体力を温存するために軽いリールを選択します。長時間の操作を踏まえ、手首や指に負担にならないように小型のリールを選択します。また、リールが軽ければアクションも自然と軽快な動きになります。

糸、ラインの選び方

アジングに利用されているラインは「フロロカーボンライン」「PEライン」「ポリエステルライン」の三つ。それぞれのラインには良い、悪いところが存在します。それぞれのラインについて解説していきます。

フロロカーボンライン

おすすめのラインサイズ
  • 2lb
  • 3lb
  • 4lb

フロロカーボンラインはアジング入門者におすすめする釣り糸です。価格はナイロンラインよりも高価でPEラインよりかは安価。フロロカーボンラインは伸びが少なく硬い釣り糸で海中では沈下する性質を持っています。また、フロロカーボンラインは根ズレに強い性質を持つ他、伸びが少ないので魚のアタリが手元に伝わりやすい沢山の良いところを持っています。フロロカーボンラインを利用するのであればショックリーダーは必要ありません。アジング入門者の方はフロロカーボンラインから始めることを強くおすすめします。

PEライン

おすすめのラインサイズ
  • 0.1号
  • 0.2号
  • 0.3号

アジングで使用率の多い釣り糸の一つ。PEラインはナイロンラインやフロロカーボンラインと比べて価格が高いものの、強度が強く、糸が伸びない性質を持った釣り糸です。強度が高いので細いラインで大物が対応できる他、伸びない性質からアタリが手元に伝わりやすいというメリットを持っています。しかし、複数のラインを編み込んで一つに束ねたPEラインは傷に弱いというデメリットも備えている根ズレ対策としてPEラインの先にショックリーダーと呼ばれる強度を持った釣り糸が別途に必要になります。

ポリエステルライン

おすすめのラインサイズ
  • 0.2号
  • 0.3号
  • 0.4号

ポリエステルラインはポリエステルを材質とした釣り糸です。ポリエステルラインのメリットは伸びが少ないので感度が良いこと。また、沈下する性質を持っているため、風の抵抗を受けにくいメリットを持っています。ポリエステルラインはPEラインとフロロカーボンラインの両方の性質を兼ね備えた釣り糸です。

ショックリーダーの選び方

ポリエステルラインやPEラインをお使いの方は根ズレのためにメインラインの他にショックリーダーが必要となります。ショックリーダーはメインラインと近いサイズを選択すると直結した際の結束強度が大幅に失われません。極端に太いリーダー、また、極端に細いリーダーを選ばないようにしましょう。

VARIVAS(バリバス) ショックリーダー アジングマスター フロロカーボン 30m 0.6号 2.5lb クリア

アジング
アジングマスター

メーカー:バリバス
素材:フロロカーボン
内容量:30(m)

バリバスのアジング向けのショックリーダーです。アジング用に設計された細いリーダーのみでラインナップされています。0.3、0.5、0.6、0.8(号)の全四種。アジングのショックリーダーとしておすすめする号数は0.6(号)です。

ジグヘッド、ソフトワームの選び方

アジングではジグヘッドと呼ばれるルアーを利用します。このジグヘッドはオモリと針が一体化した仕掛けで、このジグヘッドにアジング用のソフトワームを付けることでアジングの仕掛けは完成します。ジグヘッド以外に、金属、プラスチック、木材などの硬い素材を加工したルアーを使用することもあります。それぞれについて解説していきましょう。

ジグヘッド

ジグヘッドとはオモリと針が一体化したルアーのこと。このジグヘッドにアジング専用に設計されたソフトワームを付けて仕掛けは完成します。ジグヘッドには様々な重さが用意されています。アジングではジグヘッドを使用してアジを誘います。

アジング、メバリングを行うにあたり、ジグヘッドは必要不可欠。そして、そのジグヘッドには多くのフックサイズが用意されているだけに、ライトゲーム入...

メタルジグ

メタルジグは鉛やタングステンを材質に作られたオモリの塊。金属を加工して作ったルアーです。メタルジグの魅力はジグヘッドには出せない飛距離を稼ぐことができること。何より、金属で作られているので鋭い歯のお魚によって千切られることはありません。カマスやフグなどの外道が多いときにはメタルジグをお使いください。

アジングのソフトワームの選び方

基本的にアジングで使用するワームはソフトワーム。柔らかいマテリアルで設計されたワームを利用します。アジングでは “ソフトワームから始まってソフトワームで釣行を終える” と言われるほどにソフトワームを多用する釣法です。ソフトワームはジグヘッドと組み合わせて利用するのでジグヘッドも忘れずに選ぶようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) アジング メバリング 月下美人 ビビビーム 1.5インチ アソート ルアー

アジング
ビビビーム

メーカー:ダイワ
サイズ:1.5(inch)
本数:10(本)

ダイワのアジング・メバリング専用ワームです。ビビビームの尻尾は薄さ0.6(mm)に設定されており、巻くだけで水流を絡めとって微波動を放出します。また、フォミュラー(特濃集魚コア)が配合されているため、集魚効果も期待できる製品となっています。

アジングのアクション

アジングでの基本的なアクションは “タダ巻き” です。ただし、アジングではタダ巻きに限らず、様々なアクションを状況によって使いこなすことで、更に釣果を上げることができます。そこで、アジングで利用されるアクションを解説していきましょう。

リトリーブ(ただ巻き)

釣り糸を巻くとルアーが手前に進みます。この一連の動作を “タダ巻き” と言います。別名ではリトリーブとも呼ばれています。アジングでは最も多用するアクションの一つで、リールを巻くだけでアジを誘う単純な操作方法です。

リフト&フォール

リフト&フォールとは、ルアーを上昇(リフト)させ、沈下(フォール)させる、この一連のアクションを言います。操作方法は、竿を持ち上げ、水平に戻す際にゆっくりと糸ふけを巻き取ります。単純な操作方法ですが、アジに効果的なアクションです。

テンションフォール(カーブフォール)

カーブフォールは釣り糸にテンション(張力)をかけて沈下させるアクションのこと。難しそうに思えますが簡単に行うことができます。仕掛けを投げた後にリールのベールを戻し、釣り糸を張った状態にすることで単純なカーブフォールを行うことができます。

カーブフォールは手前にルアーが落ちながら沈下するイメージ。フリーフォールよりも沈下速度が遅くなるメリットを持っています。前項目で解説した通り、アジは沈下時にアタリが来ます。カーブフォールも多用されるアクションです。

トゥイッチ

トゥイッチングは竿先をチョンチョンと煽ると同時にその時に出た糸ふけを巻いて回収する一連のアクションを言います。竿先を煽ることでルアーが跳ねあがる動きを行います。巻き取りには慣れが必要ですが、慣れれば連続で行うことができるようになります。

アジングの合わせの入れ方

アジングでは釣具の性能が重視されます。その理由としてはアジのアタリを取るためです。アジのアタリは小さく、コツッという小さなアタリからズズンと言った明確なアタリまでと様々です。アジのアタリを取る上で大切なことは小さなアタリでも合わせを入れてみること。アジのアタリの感覚は人それぞれなので、自分のコレだ!と思ったアタリの感覚を経験によって見つけ出すことをおすすめします。

アジングにチャレンジしてみよう!

アジングにチャレンジしようとお思いの方でバスロッドや五目釣り用の竿をお持ちの方は、一度、ジグヘッドとソフトワームを選び、アジングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ルアーを利用したアジ釣りの楽しさを少しでも体験した上で「アジングが楽しかった」という思いが少しでもあれば、専用のタックルを揃えて本格的にアジングにチャレンジするというのも一つの手ですよね。老若男女、誰でも気軽にアジ釣りを楽しめるアジング。是非、興味をお持ちの方はアジングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク