アジングの基本と基礎 | 仕掛けから釣り方を解説!

アジングはアジを主役に釣りを楽しむルアーゲームです。アジングの魅力はインスタントに釣りを楽しめること。主役となるアジは回遊性を持ったお魚。つまり、青物の回遊さえある釣り場であれば、どの釣り場でもアジは入ってくる可能性があります。回遊がある釣り場であればアジングを楽しむことができるのでアジングはほとんどの釣り場で楽しむことができます。

アジと言えばサビキ釣り。ただ、サビキ釣りでは餌を触らなければいけません。アミエビ特有の臭いが手や服に付いてしまうので匂いに敏感な方には不向きだと言えるでしょう。一方、アジングでは生餌に触れません。人工的に作られたワームやルアーを使用してアジを狙うので餌釣りにはない綺麗さを保つことができるでしょう。

今回、紹介するのは、ワームやルアーを利用したアジを狙ったルアーゲーム「アジング」の仕掛けや装備、釣り方について。アジングを始めてみようと思われる方はこのページを参考にしてアジングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
アジングの基本と基礎 | 仕掛けから釣り方を解説!
をレポートします。

アジングとは?

アジングで釣れる魚達
  • カサゴ
  • フグ
  • チャリコ
  • ベラ
  • メバル
  • カマス
  • etc

アジングはアジをメインターゲットとして捉えたルアーゲーム。ワームやルアーを活用してアジを誘います。アジングではアジが主役なだけでアジの他に様々なお魚が釣れる可能性を秘めた釣り方。その多種性もアジングの魅力の一つだと言えるでしょう。

釣れる場所、ポイント

アジの分布は広く特定できるものではありません。アジは回遊性を持ったお魚。小規模、中規模の海域を回遊する個体もいれば、湾内で回遊を繰り返す個体も存在します。つまり、よく捉えればどの釣り場からでもアジは狙えるお魚であること。場所としては、防波堤、波止、河口、岩場、磯場と様々な場所でアジの存在を確認できます。

アジがいる場所でルアーを投げると釣れます。アジングで素早い釣果を望むのであれば周りを目視で確認してアジが回遊していそうな場所を探し回りましょう。

アジが釣れるポイント

il

アジが釣れるポイントはアジが回遊するポイント。潮の流れによってプランクトンが衝突する防波堤のキワや堤防沿い、夜であればプランクトンが集まる常夜灯周りがポイントとして挙げられます。潮がぶつかるポイントは好ポイント。プランクトンが潮の流れによって集まるポイントでもあるのでアジングでは見逃せないポイントだと言えるでしょう。

潮がぶつかるポイント(画像の赤◎の場所)や障害物のキワ(画像の紫□の場所)を狙ってキャストしてみましょう。

釣れる時期、時間

アジのベストシーズンは小アジの数釣りを楽しめる夏のシーズンと程よいサイズのアジ釣りを楽しめる秋のシーズンです。秋終わりには多くのアジが温かい海水温を求めて南下、春には産卵のために北上してきます。夏場は卵から孵ったアジの数釣りを。秋には程よいサイズに育ったアジ釣りを楽しむことができます

春夏秋冬のどの季節がアジ釣りにぴったりな季節なのかという素朴な疑問。アジ釣りをする方であれば誰しもが考えたことのある疑問だと思います。このペー...

釣れる時期

理想的なシーズン
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

夏場から秋終わりにかけてがアジのシーズン。春のアジは産卵前と産卵後で釣果が大きく分かれます。産卵前には栄養を蓄えるために一時的にアジの食いが良くなります。ただ、産卵を終えて一時的な休息期に入ったアジの食いは落ち、著しく釣果が下がるということを覚えておきましょう。

釣れる時間

アジはデイゲームとナイトゲームの両方で楽しむことができます。デイゲームは防波堤や波止のキワに回遊するアジや漁港の中に侵入してくるアジが対象。逆にナイトゲームでは常夜灯周りを軸としてアジを誘います。その中でも夕マズメや朝マズメは逃すことができない時間帯。この時間帯はお魚が餌を求めて接岸する時間でもあるので積極的にアジングを行いましょう。

朝マズメ:夜が明けて明るくなり始めた時刻から日の出までの時間

夕マズメ:日没前後から暗くなるまでの時間

アジングの仕掛け

アジングの仕掛けは何通りかあるだけに入門者の方は悩んでしまいますよね。そこで、アジングの仕掛けを分かりやすくするためにラインの種類毎にアジングの仕掛けを分けてみました。それぞれのラインのメリットやデメリットは後の項目にて後述しています。そちらの項目も合わせてご覧いただければと思います。

入門者向けの仕掛け

フロロカーボンラインをメインラインとして利用したアジングの仕掛け。フロロカーボンラインは根ズレに強い性質を持ったラインです。海底を誘うことの多いアジングではフロロカーボンラインの性質がマッチ。更にはフロロカーボンラインはリーダーと呼ばれるラインを別途に必要としません。フロロカーボンラインは簡単にアジングの仕掛けを組むことができるラインということができるでしょう。

初心者向けの仕掛け

ラインにおけるコストパフォーマンスを考慮する方はナイロンラインがおすすめ。しかし、ナイロンラインは劣化が激しいラインです。日光の紫外線や海中の水分を吸い込んでしまう癖のあるラインでもあります。メンテナンスの手間がかかるのでフロロカーボンラインよりかは使いにくいかもしれません。ただ、フロロカーボンラインと同じく、リーダーを必要としない点は釣り初心者にとっては大きな魅力。フロロカーボンラインと同じく、簡単にアジングの仕掛けを組むことができるラインです。

中級者向けの仕掛け

多くのアングラーが利用するラインシステム。アジングにおいて感度は絶対です。その感度をより伝えやすくするPEラインと根ズレ対策として使用するフロロカーボン製のリーダーの両方を直結させて完成させます。

上級者向けの仕掛け

まだアジングのジャンルでは新しいポリエステルラインが採用されたライトシステム。エステルラインの先にリーダーを直結させてラインシステムの完成です。ポリエステルラインはフロロカーボンラインとPEラインの両方の性質を持ったライン。フロロカーボンラインのように沈下し、PEラインのように感度が優れています。ただし、ライントラブルが多く直ぐに絡まってしまうこともしばしば。大物が掛かったときには伸びが少ないのでショックを吸収しきれずにそのまま切れてしまうこともあります。

竿、ロッドの選び方

アジングの竿に求められる要素は大きく三つ。第一に軽量ルアーを扱えること。第二にアジの繊細な当たりを感じ取れること。最後にロッドが軽いモノであること。それぞれの要素について詳しく解説します。

軽量ルアーを扱えること

小型のジグヘッドやワームを利用するアジングでは第一の要素は必要です。アジングではジグヘッドとワームを組み合わせたジグヘッドリグと呼ばれるリグが多く使われます。このときのリグの重さは重い組み合わせで3.0(g)ほど。軽い組み合わせで1.0(g)未満と、繊細なサイズを利用します。軽量なルアーを使用することになるのでアジングの竿を選ぶときにはアジングで利用したい重さを視野に入れた上で選択しましょう。

メタルジグやプラグを利用する場合

小型のメタルジグやプラグ、スピンテールジグの採用をお考えの方は使用するルアーの重さを許容範囲に収めたロッドを選ばなければいけません。ジグヘッドとメタルジグの両方をお使いになりたい方はメタルジグの重さとジグヘッドの重さの両方を許容範囲としたロッドを選択するようにしましょう。

繊細な当たりを感じ取れること

il3

アジングでは当たりを取る過程の中で当たりを感知して合わせを入れる作業を行わなければいけません。竿先にはチューブラーディップとソリッドディップの二種類が存在し、それぞれの違いで当たりの取り方が変わっています。それぞれの違いに注目します。

ソリッドディップ

ソリッドディップは竿先の中が詰まっている竿のこと。チューブラーディップよりも竿先が柔軟なために魚の当たりを弾き辛くなっています。合わせを行う必要がなく自然にフッキングへと持ち込んでくれます。アジング入門者に向いた竿先だと言えるでしょう。

チューブラーディップ

チューブラーディップは竿先が空洞になっている竿のこと。空洞になっているために感度に優れています。手元に伝わる小さな当たりの判別がしやすく感度の伝達性に長けた竿先です。積極的に合わせを入れてアジを狙いたい方に向いた竿先だと言えるでしょう。

軽い竿であること

ただ単に軽い竿を選択するということではありません。できるならば、リールとロッドのバランスを考えた上で操作して疲れない軽さを持った竿を選択することが大切です。釣れないときにもリールとロッドの操作が欠かせないアジングでは、できる限り、体の負担を考慮した上で軽さを持った竿を選びましょう。

リールの選び方

ただ巻きを基本にアクションを行うアジングでは大きい番手のリールはいりません。ましてや、大きい番手のリールは重いので操作の妨げになったり、アジングの基本アクションの一つであるただ巻きのスピードを調整しにくくなってしまいます。アジングのリールに求められることは取り返しの良さと操作性の良さ。そして、アングラーへと掛かる負担を減らすこと。それぞれのについて詳しく解説していきましょう。

1000番~2500番を選ぶこと

おすすめのリールの番手
  • 1000番
  • 1500番
  • 2000番
  • 2500番

アジングで多用するアクションはただ巻き。アクション方法については後ほどに解説しています。ただ巻きはアクションスピードの変化でアジの捕食スイッチを入れるアクション。遅くしたり、時には、早くしたりとアクションのスピードを変化させることでアジを食い気にさせます。太い番手にしてしまうと一回転で大きく素早く巻き取ってしまいます。逆に番手が小さくなれば一回転の巻き取り幅が狭まるということ。つまり、応用が利く小さな番手はアジングにはぴったりな番手だと捉えることができるでしょう。

ノーマルギアをおすすめする理由

基本的にアジングではハイギアは不向き。ハイギアになると一回転の巻き取り量と幅も増加します。これはアジングでのアクションに影響が出るというよりも巻き加減でアクションを調整するアジングでは操作がしにくいと言えるでしょう。ゆっくりとポイントを巻いてくるときにはハイギアは不向きだと捉えることができます。

軽いリールを選ぶこと

アジングでは軽いリールを選択します。お持ちのロッドとのバランスを考慮した上でリールを選択するようにしましょう。軽いリールは操作が楽ちん。長時間操作することを視野にいれて手首や指に負担にならないようなリール選びが大切です。リールの軽さはアクションにも影響します。リールが軽快であれば竿先の操作や手首を使ったアクションも負担を掛けずに行うことができます。

糸、ラインの選び方

アジングに利用されるラインは全部で四つ。アジングを行う多くのアングラーが利用するフロロカーボンラインとPEラインを始め、ナイロンライン。メインラインとしては新しい部類に入るポリエステルラインなど。それぞれのラインに良いところと悪いところが存在します。それぞれのラインについて解説してきましょう。

ナイロンライン

おすすめのラインサイズ
  • 2lb
  • 3lb

ナイロンラインは適度のハリを持ったライン。ライントラブルが少なく済むので釣り入門者の方に人気のラインです。しかし、ラインの劣化が早いラインでもあり、紫外線や吸水性はナイロンラインの天敵。ナイロンラインの場合は海に浸かったラインは消耗品と考えた方が良いでしょう。アジングの場合は細いラインを利用するので劣化してしまうとそれまで。メンテナンスを怠らずにアジングを行う必要があるでしょう。

フロロカーボン

おすすめのラインサイズ
  • 2lb
  • 3lb

フロロカーボンラインはアジング入門者におすすめするライン。価格はナイロンラインよりも高価でPEラインよりかは安価といったところ。フロロカーボンラインは伸びが少なく固いライン。海中では沈下する性質を持っています。フロロカーボンラインは固いラインなために根ズレに強い性質を持つ他、伸びが少ない性質を持っているので当たりが手元に伝わりやすいメリットを持っています。フロロカーボンラインを利用するのであればリーダーは必要ありません。ナイロンラインの次に気軽に利用できるラインです。

PEライン

おすすめのラインサイズ
  • 0.2号
  • 0.3号
  • 0.4号

アジングで使用率の高いラインの一つ。PEラインはナイロンラインやフロロカーボンラインと比べて価格が高いものの、強度が強く、糸が伸びない性質を持ったラインです。強度が高いので細いラインで大物が対応できる他、伸びない性質から当たりが手元に伝わりやすいというメリットを持っています。しかし、複数のラインを編み込んだPEラインはキズに弱いという性質も持っているので根ズレ対策としてPEラインの先にショックリーダーと呼ばれる強度を持ったラインが必要になります。

ポリエステルライン

おすすめのラインサイズ
  • 0.2号
  • 0.3号

ポリエステルラインはポリエステルを材質としたラインです。ポリエステルラインの魅力はPEラインと似ており、伸びが少ないことで感度の伝達力に優れているということ。PEラインとの大きな違いはポリエステルラインはPEラインと違って複数の糸を編み込んで作られていません。つまり、風や波の抵抗を受けにくいというメリットも持っています。そして、ポリエステルラインはPEラインのように浮きません。つまり、フロロカーボンラインのような特性も兼ね揃えており、深場をジグヘッドを利用して攻略しやすくなります。

ショックリーダーの選び方

ポリエステルラインやPEラインをお使いの方は根ズレのためにメインラインの他にショックリーダーが必要となります。ショックリーダーはメインラインと同サイズか一つ上、また、一つ下のサイズを選択すると直結した際の結束強度が大幅に失われません。アジングではメインラインとショックリーダーの太さは似たサイズを選択するようにしましょう。

ジグヘッド、ルアーの選び方

アジングではジグヘッドと呼ばれるルアーを多用します。このジグヘッドはオモリと針が一体化した仕掛け。このジグヘッドにワームを付けることでアジングの仕掛けは完成します。ジグヘッド以外に、金属、プラスチック、木材などの硬い素材を加工した疑似餌を使用する場合もあります。それぞれについて解説していきましょう。

ジグヘッド

ジグヘッドとはオモリと針が一体化したルアーのこと。このジグヘッドにアジング専用に設計されたソフトワームを付けて仕掛けは完成します。ジグヘッドには様々な重さが用意されています。アジングではジグヘッドを多用してアジを誘うことになるでしょう。

アジング、メバリングを行うにあたり、ジグヘッドは必要不可欠。そして、そのジグヘッドには多くのフックサイズが用意されているだけに、ライトゲーム入...

メタルジグ

メタルジグは鉛やタングステンを材質に作られたオモリの塊。金属を加工して作った疑似餌です。メタルジグの魅力はジグヘッドには出せない飛距離を出すことができること。何より、金属で作られているので鋭い歯のお魚によって千切られることはありません。カマスやフグなどの外道が多いときにはメタルジグをお使いください。

スピンテールジグ

スピンテールジグは金属で作られた疑似餌にブレードと呼ばれる部品が付いた物。ブレードは光を反射して広範囲の青物へとスピンテールジグの存在を示してくれます。アジングの基本アクションであるタダ巻きを利用するだけで自動的にブレードがユラユラと光を反射してくれるのでアクションは必要ありません。巻くスピードを変化させるだけでアジを有効的に誘うことができます。もちろん、飛距離も申し分ありません。

ソフトワームの選び方

基本的にアジングで使用するワームはソフトワーム。柔らかいマテリアルで設計されたワームを利用します。アジングでは「ワームから始まってワームで釣行を終える」と言われるほどにワームを多用する釣法です。ワームはジグヘッドと組み合わせて利用するのでジグヘッドも忘れずにチョイスするようにしましょう。

アクション

アジングでの基本アクションは「ただ巻き」であることには変わりありません。ただし、アジングでは様々なアクションを状況によって使いこなすことで更に釣果を上げることができます。そこで、アジングで多用されるアクションを解説していきましょう。

リトリーブ(ただ巻き)

ラインを巻くとルアーが手前に進みます。この一連の動作をリトリーブと呼びます。リトリーブはただ巻きと同じ意味。アジングでは最も多用するアクションの一つです。巻くスピードに強弱を付ければルアーのスピードも変化することに。手元のアクションによって単純なアクションも水中では複雑なアクションへと変化します。

リフト&フォール

リフト&フォールはルアーにフォールアクションを加えることができるテクニック。竿を持ち上げ、水平に戻す際にゆっくりと糸ふけを巻き取ります。たった二つのステップではあるものの、アジには効果的。アジはフォール時にバイトすることがほとんど。リフト&フォールはアジ目線に考えた有効的なアクションだと言えるでしょう。

テンションフォール(カーブフォール)

カーブフォールはラインにテンションを掛けて沈下させるアクションのこと。キャスト後にベールを戻し、ラインを張った状態にすることでカーブフォールを行うことができます。カーブフォールは手前にルアーが落ちながらフォールするイメージ。フリーフォールよりも沈下スピードが遅くなるメリットを持っています。アジはフォールにバイトすることがほとんど。食いの時間を長く与えることができます。

トゥイッチング

トゥイッチングは竿先をチョンチョンと煽ると同時にその時に出た糸ふけを巻いて回収するアクションの一連の動作を示します。竿先を煽ることでルアーが跳ねあがる動きを行います。竿のアクションは何とかなるものの、リールのアクションが複雑。簡単なように思えて難易度は高いアクションです。

アジングの合わせ方

アジングではタックルの性能が重視される理由はアジの当たりを取るためです。アジの当たりは繊細で手元に伝わる感度を目安として当たりを取ります。アジの当たりは「ズズン」という明確な当たりから「コツッ」という小さな当たりと様々。これは経験で学ぶしか無いと言えるでしょう。アジングをする上で心掛けることは小さな当たりでも合わせを入れてみるということ。アジの口は場所によっては弱いので竿をブンブンと振り回した強い当たりの取り方ではなく、竿を立てるだけの簡単な動作で合わせを入れてみましょう。

まとめ

アジングにチャレンジしようとお思いの方でバスロッドや五目釣り用の竿をお持ちの方は一度ジグヘッドとソフトワームをチョイスしてアジングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ルアーを利用したアジ釣りの楽しさを少しでも体験した上で「アジングが楽しかった」という思いが少しでもあれば、専用のタックルを揃えて本格的にアジングにチャレンジするというもの悪くはありません。気軽にアジ釣りを楽しめるアジング。興味をお持ちの方はアジングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク