投げサビキ&遠投サビキ釣りの基本と基礎 【永久保存版】

sabiki11

サビキ釣りといえば釣りを趣味とするキッカケを作ってくれる釣り方。釣りをしたことのある方であればサビキ釣りにチャレンジしたことのある方も多くいるのではないでしょうか。サビキ釣りはアミエビに似た針を使用し、アミエビをポイントに撒くことでアミエビへと集まってきたお魚達が間違って針を食べる理にかなった釣り方です。

ただ、サビキ釣り仕掛けのまま、少し奥のポイントへと届かせたい!と思われたことはないでしょうか。投げサビキはその願いを叶えてくれる仕掛け。そう、サビキ釣りを投げれるようにした仕掛けこそが投げサビキといいます。投げサビキの利点は後ほど解説しているものの、一番に大きな利点はいろんなポイントを攻めることができること。

回遊ルートが少し奥へとズレてしまった回遊魚や少し奥にいる大きなお魚を狙いたいときに投げサビキは役に立ってくれるでしょう。今回、紹介するのは、投げサビキ釣りの基本と基礎について。投げサビキ釣りの仕掛けや釣り方について紹介していきましょう。

そこで、レポ部は・・・
投げサビキ&遠投サビキ釣りの基本と基礎 【永久保存版】
をレポートしたいと思います。

投げサビキ、飛ばしサビキ釣りとは?

投げサビキで釣れる魚達
  • アジ
  • サバ
  • メッキ
  • サゴシ
  • カマス
  • カワハギ
  • ハゼ
  • ガシラ
  • etc

投げサビキとはサビキ仕掛けを応用した遠投仕掛けのこと。サビキ仕掛けにウキを付け、コマセカゴの重さによって投げれるようにした仕掛けです。投げサビキの利点は通常のサビキ仕掛けでは届かないポイントへと投げれること。ポイントを広く攻略することが投げサビキの利点だと言えるでしょう。

サビキ釣りの仕掛けを応用する投げサビキでは、アジ・サバ・メッキ・サゴシ・カマスといった回遊魚の他に、ガシラ、エソ、カワハギなど、いろんなお魚が釣れます。投げサビキの別名はチョイ投げサビキとも呼ばれるようにカゴ釣りのような遠投性はありません。ただ、サビキ釣りよりも広いポイントを攻めることができ、且つ、タナの調整もウキのストッパーを利用すれば簡単にできることから投げサビキ釣りは多くの釣り人から愛用されている釣り方でもあります。

投げサビキ釣りを簡単にする仕掛け

簡単な投げサビキの仕掛けは?
  1. メインライン(道糸)に「浮き止め」をセットする。
  2. メインライン(道糸)に「シモリ玉」をセットする。
  3. メインライン(道糸)に「浮き」をセットする。
  4. メインライン(道糸)に「シモリ玉」をセットする。
  5. メインライン(道糸)に「浮き止め」をセットする。
  6. メインライン(道糸)に「サビキ針」をセットする。
  7. サビキ針の反対に「コマセカゴ」をセットする。
ウキとコマセカゴの号数は同じ号数を基準にします。ウキの号数が10号であればコマセカゴの号数も10号を選択するのが基本です。基本を守らなければウキがコマセカゴの重さに耐えられずに沈んでしまったり、逆にウキが寝そべってしまって釣りになりません。

投げサビキの釣れる季節は?

投げサビキ釣りの理想の季節は5月から11月まで。夏場は海が温かくなるシーズン。温かい水温・気温の場所にはお魚がプランクトンを求めて集まってきます。冬場になるとプランクトンの存在がいなくなり、投げサビキ釣りでの釣果は著しく低下します。

冬場にお魚がいなくなる理由は様々。海水温によるプランクトンの減少、水温の変化を嫌うお魚は安定した水温を求めて深場へと移動してしまいます。つまり、投げサビキ釣りに適した季節はまだ温かい秋頃までが理想の季節でしょう。

冬場に釣果を出すコツ

ベストシーズンとは反対にオフシーズンと呼ばれる気温の寒い時期に投げサビキで釣果を出すには、釣行する時間帯や潮の流れ、そして、ポイントへの配慮が必要になります。冬場に釣果を出す方法の詳細はリンク先にて詳しく解説しています。

気温の寒い季節で釣果を出すには?
  • 満潮直前の潮が動いているとき
  • 捕食時間(マズメ)を中心に狙う
  • 干満の前後1時間を目安に狙う

朝マズメ:夜が明けて明るくなり始めた時刻から日の出までの時間

夕マズメ:日没前後から暗くなるまでの時間

冬の季節はお魚、釣り師にとっても厳しい季節。釣り師の間ではお魚の食いが落ちるために我慢の季節とも言われています。釣りを趣味とする釣り師の方々は...

冬に釣れない場合の対処法

冬場はオフシーズンと言われるように釣りでは釣果が下がる季節があります。前項目で解説した通り、温かい水温ではプランクトンの生存に適した水温となり、小魚がプランクトンに集まってきます。その小魚を狙って中型、大型のお魚が活発化する、言わば、プランクトンは海中生物の食物連鎖の原点とも呼べる存在です。

真冬の海は綺麗だと感じたことはないでしょうか。それは、海水温度の低下でプランクトンがいなくなっているから。プランクトンが少ないということはプランクトンを捕食する魚たちも減少します。明らかに釣れないときにはポイントを移動するか、エサが集まりそうな温かいポイントを探し出す必要があるでしょう。
冬場のベストポイント
  • テトラポット
  • 藻帯
  • 岩場・磯場
  • 漁船の周り

投げサビキは遠くへと飛ばすことだけがメリットではありません。投げサビキの一番の良い点は好きなポイントへと届かせること。ただ単に沖目を狙うだけでなく、左右のポイントにも目を配ることが大切です。冬場の寒い季節にはメバル・アイナメ・ソイ・ガシラなどの根魚が活発になる季節。日中はテトラポットの周辺や磯場、岩場などの障害物に隠れています。ピンポイントに狙わなくても、ポイント周辺に放り込むだけで、お魚の方からエサを食べに来てくれますよ。

釣れる場所

投げサビキ釣りの第二の利点としては安定した足場で楽しむことができること。そして、防波堤、波止、テトラポット、磯場など、場所を選ばずに楽しむことができること。通常のサビキ釣りでは届かなかったポイントや少し奥の回遊ルートへと仕掛けを届けたいときに投げサビキ釣りは役に立ってくれます。青物の回遊ルートは必ず防波堤沿いに沿うワケではありません。奥にズレてしまうこともあるので、そのような場合には投げサビキ仕掛けを利用して、その奥の回遊ルートへと投げてみましょう。

少し沖合の回遊ルートはもちろん、投げサビキ釣りではお魚のタナ(水深)に合わせて仕掛けを落とすことが可能。ウキ止めの位置を変更することで水深が深いポイントへと届かせることができます。左右上下奥と好きなポイントを攻めることができる投げサビキ釣りはサビキ釣りをより便利にした仕掛けだと言うことができるでしょう。
投げサビキ釣りのメリット
  • 沖合へと投げれる(回遊ルートへと届かせる)
  • 水深に合わせて仕掛けを落とせる(お魚がいる場所へと届かせる)
  • 水深の調整が楽ちん(ウキ止めによる調整&根掛かりを回避する)
  • 各ポイント周辺にタッチできる(テトラポット、岩場など)
  • 落とし込むこともできる(通常のサビキ釣りと同じ)

竿(ロッド)の選択

悲しい
投げ竿では釣れないよね
落ち込む
結構なお金がかかりますよね

そのようなことはありません。投げサビキ釣りは耐久性を考慮するならば価格は高い方が良いものの、基本はコマセで迷わし、コマセに似せたサビキ針で釣るという方法なのでコンセプトさえ、シッカリと捉えておけばバリュープライスのタックルでも釣果を上げることができます。ただし、号数やオモリの負荷はキチンと選択すること。

投げサビキ釣りの竿は遠投するために長い竿を使用します。遠投用の磯竿の3~5号で4~5(m)前後の長さを持った竿。オモリの負荷は12号を投げることができる竿が理想です。

もしも、今、お持ちの竿でオモリの負荷をクリアした竿であれば、その竿で投げサビキ釣りにチャレンジしてみましょう。専用の竿でないと思ったような釣果が得られないと言われる方もおられるものの、投げサビキ釣りに関してはそのようなことはありません。先程、解説した通り、基本はコマセで迷わし、コマセに似せたサビキ針で釣るというシンプルな方法なので、コマセの拡散が上手くでき、且つ、サビキ針のサイズと同調させることができればその場にいるお魚は難なく釣れてしまうことでしょう。高価な竿を使用したとしても釣れるとは限りません。まずは、オモリの負荷をクリアしたお持ちの竿を利用して投げサビキ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

リールの選択

投げサビキ釣りでのリールの選ぶ基準はスプール型が大きいモノで頑丈なモノの二点を重視して選びます。チョイ投げサビキとして親しみのある投げサビキ釣りは仕掛けを飛ばしても10(m)前後。とはいえ、コマセを活用した釣りであることには変わりないので、仕掛けを頻繁に回収してコマセをコマセカゴへと詰め込まなければいけません。大型スプールの3000番ほどになると巻き取るラインの量も多くなるのでラインを回収する際には手間が掛かりません。そして、頑丈さ。コマセカゴといってもピンからキリまで。重たいオモリをキャストするとなるとラインに掛かる負荷も大きくなります。リールが頑丈であることは必須の要素。不意の大物にも対処できるようなパワフルなリールを選択しましょう。

投げサビキ釣りでは一度に沢山の魚が釣れる場合もしばしば。つまり、複数のお魚に耐えられるようにリールのパワーが重要になってきます。理想のリールのサイズは3000番~4000番。リールにハイギアタイプを選択しておくと大物が掛かったときには安心して寄せることができます。投げサビキ釣りは遅い巻き取りを軸とした釣り方ではありません。スムーズに仕掛けを回収し、また、エサをスムーズに投入できるようにハイギアタイプを選択することが理想です。
リールに求められること
  • 頑丈で強度のあるリール
  • ハイギアタイプ
  • 3000~4000番

ラインの種類とサイズは?

投げサビキ釣りに利用されるラインは、フロロカーボンラインとナイロンラインとPEラインの三種類。ナイロンラインは釣りで一般的に利用されることの多いライン。三種類の中では一番に価格が安いラインです。フロロカーボンラインはナイロンラインよりか高価。ナイロンラインのように伸びが少なく、シッカリとしたライン。PEラインは強度が高いライン。ただ、根ズレに弱い特徴を持った欠点があるラインでもあります。

投げサビキ釣りにおすすめするラインはナイロンライン。ナイロンラインの2~3号を利用すればいいでしょう。ナイロンラインは靭やかなライン。適度な張りも備えているのでライントラブルが起きにくい性質を持っています。更にはナイロンラインは三種類の基本ラインの中で一番に安価。そして、投げサビキ釣りではクッションの役割が仕掛けのハリスとエダスの伸びしかありません。よりお魚の違和感を取り除くためにはナイロンの伸びる性質が役に立ってくれます。

投げサビキの針のサイズは?

投げサビキ釣りでの釣果を左右するサビキ針。できれば、いろんなサイズのサビキ針を持って投げサビキ釣りにチャレンジしてみましょう。投げサビキ釣りはキャストするのでキャストに耐えることができる太いハリスで組まれたサビキ針を利用します。

投げサビキ釣りで持っておきたいサビキ針のサイズは6号と7号と8号の3つ。6号を使用してみて釣れたお魚のサイズが大きければワンサイズ大きいサビキ針の7号を使用してみましょう。投げサビキ釣りはサビキ針の大きさが大切ではあるものの、ハリスの太さも重要です。カマス・サワラ・タチウオといった牙のあるお魚に対処するために。重たい仕掛けに対処するために。ハリスの太さは太めに設定して投げサビキ釣りにチャレンジしてみましょう。

コマセカゴの選び方

コマセカゴはコマセを詰め込むカゴのこと。オモリと一体化したコマセカゴであれば飛距離の要でもあるので号数に注意して選ばなければいけません。ウキの号数とコマセカゴのオモリの号数は一緒であること。

画像のようなコマセカゴにエサを詰め込みキャストするとエサが飛び散ってしまう可能性があります。もしも、フタの無いコマセカゴを利用する場合は周りに人がいないことを確かめてキャストすることが第一前提。決してカタキのように思いっきり投げてはいけません。力んでしまうと余計な力が働き、海水へとドボン!周りのお魚を逆に逃してしまうことになるでしょう。
コマセカゴに求められること
  • 開閉式のコマセカゴの使用(フタでもok)
  • オモリが付いたモノ(仕掛けが楽ちん)
  • 頑丈なモノ(キャスト時の負荷に耐えられるモノ)

浮きの選び方

投げサビキ釣りにとってウキは必要不可欠。ウキを利用することでキャストした先のポイント直下へとコマセを届かせることができます。コマセカゴのオモリの重さとウキの号数の関係性には注意が必要です。オモリに適合浮き10号と書かれていればウキは10号を選ぶこと。この基準を守らなければウキがコマセカゴの重さに耐えられずに沈下してしまったり、逆にウキが寝そべってしまって釣りになりません。

ウキの号数とコマセカゴの号数は同じものを選びましょう。おすすめのウキはサビキ用のポリカンウキ。もちろん、ポリカンウキで無くてもウキの号数さえ間違わなければそれらのウキで投げサビキ釣りは楽しむことができます。

まとめ

投げサビキ釣りはサビキ釣りの仕掛けを投げれるようにした釣り方。希望のポイントへと届かせることでその周囲に潜む魚達を釣ることができます。落とし込むサビキ釣りでは限定されがちだったポイントを広く取ることで釣果を伸ばす。まさに、投げサビキ釣りはサビキ釣りをより良くした釣り方だと言えるでしょう。新しく竿やリールを揃える必要はありません。今、お持ちの竿があれば、一度、投げサビキ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。きっと、投げサビキ釣りの楽しさを存分に体験することができますよ。

スポンサードリンク