プロックスから「ミニバッカン」が登場!コストパフォーマンスが高いクリアトップケース!

2017年09月07日に、PROX(プロックス)から、釣具の小分けに便利なミニバッカンケースが登場した。

  • ミニバッカン

ロシアが代表する人形「マトリョーシカ」をご存知だろうか。マトリョーシカとは人形の中からまた人形が出てくる入れ子構造となる民芸品のこと。ミニバッカンケースに似たような面がある。バッカンケースの中に別途に釣具を小分けしたミニバッカンケースを入れることで現在の用途に合わせた釣具をスムーズに取り出すことができる。すなわち、ミニバッカンケースは釣具の整理整頓を手助けしてくれる小型のケースといっていいだろう。今回は釣りメーカーであるプロックスが手掛けたミニバッカンケースについて紹介していくことにする。

そこで、レポ部では・・・
プロックスから「ミニバッカン」が登場!コストパフォーマンスが高いクリアトップケース!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ミニバッカン

プロックスから登場した “ミニバッカン” の大きな魅力としてはコストパフォーマンスにある。小物の釣具を収納する際に便利な本バッカンケースの価格はわずか1200(円)程。他メーカーから登場している小型バッカンケースとは比べようにならないほどの価格帯で設定されているだけに取っ付きやすいアイテムとなっている。

本体は軽量で丈夫なEVA素材で設計されており、上部面にはクリアトップのPVC素材が用いられている。蓋(フタ)が透明で内容物の確認がしやすく、トップハンドルを利用すればバッカンからの出し入れもスムーズに行うことが可能。性能に関しても申し分ない仕上がり。

公式サイトによると、

磯バッグやバッカンの中を整理するのに便利なサイズのバッカン。
透明蓋なので中のものが一目でわかります。
幅24cmのMサイズと幅29cmのLサイズの2サイズ。

ミニバッカン | PROX

このように記載されている。ラインナップされているのはMサイズとLサイズの各種。それぞれのサイズをお持ちのバッカンやケースのサイズと比べつつ、収納に適しているかを見極めたいところ。ちなみに40(cm)のバッカンケースにミニバッカンケース(M)を収納するとこのような感じになるらしい。

釣具をバラバラに収納するよりもミニバッカン等の小型の収納器具を用いた方が綺麗に収まる。釣具の管理や整理整頓を行うといった面でも優秀。何より、何処に何を収納したのかが把握しやすいことがミニバッカンで整理する上での最大のメリットだと言える。

スペック / 特長

タイプ サイズ(cm) 材質
M 24 × 15.5 × 10 (横/底)EVA&(蓋)PVC
L 29 × 20 × 13

This is Mini Buchan

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • コストパフォーマンスに優れる(1200円程)
  • 中身が確認しやすい(クリアトップ)
  • バッカンから取り出しやすい(トップハンドル)
  • バッカンのサイズに合わせやすい(Mサイズ・Lサイズ)

用意されているカラーリングはブルーとレッドの二つ。ファスナーに面する部分とファスナー自体に配色が彩られているだけでEVA素材やPVC素材にあたる部位の配色には変化はない様子。くっきりとしたカラーがアングラーの心を揺さぶる。まさに、シンプルイズベスト。コストパフォーマンスが優秀でオーソドックスな機能を持つバッカンケースだけに多くの方から愛される収納ケースとなるはずだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年09月07日に登場したPROX(プロックス)の製品だ。

  • ミニバッカン

価格帯がそこそこの小型ケースが多く登場する中、コスパに優れた今製品はアングラーのお財布に優しい助っ人アイテム。クリアトップの蓋(フタ)や素材の厚さにも気を使った設計でコスパに優れる。まさに、性能や機能は妥協したくないが価格は少しでも抑えたいという方に合致したミニバッカンとなっている。是非、プロックスが手掛けたミニバッカンケースを用いて釣具(小物)を収納して整理整頓を行ってみてはいかがだろうか。