ハヤブサの「ウルトラライトジギングサビキ」は身近な魚を対象にしたジギングサビキ!

Hayabusa(ハヤブサ)といえばジギングサビキシリーズが有名。サビキ釣りで使用されるサビキ針のような複数の針を持ちつつ、その末端にスナップとメタルジグが搭載されたルアーゲーム用(ジギング用)の仕掛けである。

  • ウルトラライトジギングサビキ

今回、紹介するのは、ウルトラライトショアジギング用のジギングサビキ。防波堤からメバルやアジ・メッキ・カマスなどの気軽なターゲットを誘えるジギングサビキとなっている。アジング・メバリングなど、数多く存在する釣法のチョイスに迷った方はジギングサビキを使ってライトゲームを楽しんでみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
ハヤブサの「ウルトラライトジギングサビキ」は身近な魚を対象にしたジギングサビキ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ウルトラライトジギングサビキ

Hayabusa(ハヤブサ)から登場した “ウルトラライトジギングサビキ” はライトショアジギングを更にライト化したウルトラライトショアジギングに着眼点を置いたアイテム。ウルトラライトショアジギングとは約5(g)~17(g)程のルアーを使って防波堤などの陸っぱりから手軽なターゲットを釣り上げる釣法だ。

アジ・イワシ・サバといった青物やメバル・カサゴなどの根魚は防波堤付近であれば必ずといっていいほどに存在する魚達。サビキ釣りとルアーゲームを融合させた仕掛け “ジギングサビキ” を使えば思わぬ大物を釣り上げることができるかもしれない。

公式サイトによると、

ショートロッドでもキャストしやすいよう、全長を50cmに設定していることが、大きな特長。ライトゲームタックルに最適な長さですので、上級者はもちろん、釣り初心者でも扱いやすいアイテムです。また、擬餌は、オーロラサバ皮・ラメ留・ブライトン・オーロラ糸と、きらめきを重視した素材を採用。

ウルトラライトジギングサビキ | Hayabusa

このように記載されている。ショアジギングで使用されることの多い “堤防ジギングサビキ” の全長は60(cm)。それと比較すると-10(cm)ほどに全長が短く設定された “ウルトラライトジギングサビキ” はライトゲームタックルでキャストしやすい全長へと変更されているようだ。

メタルジグカラーも一新。堤防ジギングサビキがブルピンだったのに対し、今回、登場したウルトラライトジギングサビキにはピンクが採用されている。無論、メタルジグはスナップを介して装着されているので変更が可能。

ジギングサビキといえば専門の釣法で釣れないときに何かしらの魚を連れてきてくれる便利な仕掛け。ウルトラライトショアジギングを楽しむ際には新しく登場したジギングサビキ “ウルトラライトジギングサビキ” を揃えてライトゲームを楽しんでみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

タイプ 針(本) 全長(cm) 鈎(号) ハリス(号) 幹糸(号) 付属メタルジグ(g)
ジギングサビキ 2 50 6 1.5 2 5
7

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • キャストしやすい長さ(全長50cm)
  • ウルトラライトショアジギングに対応(防波堤から気軽に釣れる!)
  • 小型青物・根魚など(主なターゲット)
  • きらめきを重視した素材(擬餌)

ジギングサビキのバリエーションとしては専門のメタルジグが付属した2本バリ(1set)とメタルジグが付属していない2本バリ(2set)が用意されている。ジギングサビキ入門者の方はハヤブサのメタルジグが付属したタイプを揃えるだけでショックリーダーやフック、メタルジグなど、ウルトラライトショアジギングを行う上で用意しなければならない釣具を揃えることができるのでコストや手間を気にする方には強く推奨したい。

まとめ

今回、紹介したのは、Hayabusa(ハヤブサ)から登場した製品だ。

  • ウルトラライトジギングサビキ

様々な釣法が開発される中、それに合わせた便利な釣具も次々と登場してくる。専門の釣法で思ったような釣果が得られないときにはジギングサビキ。是非、様々なターゲットを誘えるジギングサビキを用いて陸っぱりから身近なターゲットを釣り上げてみてはいかがだろうか。