エコギアの「コールアップヘッド」は複数のブレードを搭載したジグヘッド!根魚やフラットフィッシュに!

2017年08月上旬に、ECOGEAR(エコギア)から、ハタ系・フラットフィッシュに効果的なジグヘッドが登場した。

  • コールアップヘッド

近年、流行の兆しにあるロックフィッシュゲームのターゲット “ハタ系” だけでなく、ヒラメなどのフラットフィッシュをターゲットにできる今製品。本来、単体として装着されることの多いブレード。今製品に限ってはジグヘッドにアームを通して別々に2つ装着されている。2つのロングリーフブレードが発生させるアピール力でターゲットを誘う新しいジャンルのジグヘッドの登場だ。

そこで、レポ部では・・・
エコギアの「コールアップヘッド」は複数のブレードを搭載したジグヘッド!根魚やフラットフィッシュに!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

コールアップヘッド

ECOGEAR(エコギア)から登場した “コールアップヘッド” は2つのブレードが装着された珍しいジグヘッド。ブレードには少し長めに設定されたロングリーフブレードが採用されており、このロングブレードが発する強烈なフラッシング効果と波動を持ってターゲットにアピールをする。通常のブレードよりも表面積が広く設定されているために広範囲にブレード効果を適用することができる。

公式サイトによると、

フラッシングを生むだけでなく、引き抵抗を軽減させ飛距離アップにも貢献する専用設計のリーフブレード。スイミングを安定させつつ根掛かりを軽減するダブルアーム。ナローゲイプとシャープなフックポイントを備え、強度を確保しながらも確実なフッキングを可能にするカスタムフック。ソフトルアーのズレを2段階で抑制するダブルワームキーパー。

コールアップヘッド | ECOGEAR

このように記載されている。今回、登場したコールアップヘッドのターゲットはロックフィッシュゲームで御馴染みのハタ類やフラットフィッシュ。中層から海底をポジションとする魚達であるがゆえに根掛かり対策は必要だ。今製品に限ってはアーム部位を通して2つのブレードが設置されている。このダブルアームが根掛かりを軽減させる役割を兼ねているとか。

そして、ジグヘッドのシャンク部は通常のジグヘッドよりも長めに設定することでバイト時のバレやすさを軽減。同時に刺さりやすいジグヘッドへと設計されている。

ロックフィッシュとフラットフィッシュの両方を視野に入れたターゲット性。まさに、コールアップヘッドはターゲットの汎用性の高い新ジャンルジグヘッドとして人気を得るであろうアイテムだ。ロックフィッシュゲームが本格的に開始される夏だからこそ、アピール力が高いコールアップヘッドは欠かせない存在となるだろう。

実際にコールアップヘッドを使用してオオモンハタを釣り上げている動画が公開されていた。コールアップヘッドが気になった方はチェックしておこう。

スペック / 特長

ターゲット 重さ(g) 本数
ハタ系・フラットフィッシュ 30 1

This is Call Up Head

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • ブレードが2つ搭載されている(新ジャンルジグヘッド)
  • ロングリーフブレード(引き抵抗を軽減&飛距離アップ)
  • 長いブレードから発せられるアピール力(集魚力に貢献)
  • ダブルアーム(スイミングの安定&根掛かりを軽減)
  • フックポイント(ナローゲイプ&シャープ)
  • ダブルワームキーパー(ワームのズレを防止)

カラーリングは全06種類(記事執筆日確認)。ブレードには “銀” と “金” の2タイプが用意されているようでイワシホロ・アジシルバー・キビナゴシルバーに搭載されているブレード色はシルバー(銀)。レッドゴールドホロ・ピンクゴールドホロ・ナチュラルゴールドホロに搭載されているブレード色はゴールド(金)とカラーリングによってブレード色が調整されている。本体が30(g)と様々なルアーロッドで扱えそうな重量を持ち合わせているだけにタックルに捉われずに使用することができそうだ。

まとめ

今回、登場したのは、2017年08月上旬にECOGEAR(エコギア)から登場した製品だ。

  • コールアップヘッド

アカハタ・オオモンハタ・カサゴ等、ロックフィッシュのターゲットは意外と多く存在している。それらロックフィッシュだけでなく、ヒラメを始めとしたフラットフィッシュにも効果的な今製品はマルチな使い方ができる珍しいジグヘッド。是非、ベストシーズンには汎用的にターゲットを狙える今製品を使って美味しい魚達を釣り上げてみてはいかがだろうか。

引用 コールアップヘッド | ECOGEAR