シマノの「バンタムラトリンサバイブ 70」はレンジキープ力に長けたバス専用ルアー!

2017年07月中旬に、SHIMANO(シマノ)から、ビックフィッシュを釣り上げることを思想に取り入れたブラックバス用ルアーが登場した。

  • バンタムラトリンサバイブ 70

ラトリンサバイブといえばリトリーブ速度への対応性。一つのバイブレーションで低速~高速までを爽快に操ることができるだけでなく、立ち上がりの早さやアクションの破綻が起こりにくい優秀な機能を持ったバイブレーションとして有名。今回、登場したラトリンサバイブも従来のサバイブの性能を受け継がれてパワーアップしている。それでは、早速、既存の製品 “ラトリンサバイブ 62” のサイズアップモデルとなる今製品について紹介していこう。

そこで、レポ部では・・・
シマノの「バンタムラトリンサバイブ 70」はレンジキープ力に長けたバス専用ルアー!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

バンタムラトリンサバイブ 70

SHIMANO(シマノ)から登場したバンタムシリーズ “ラトリンサバイブ 70” は、より深いレンジを誘うことを目的として開発されたバイブレーション。ラトリンサバイブの62(mm)よりも深場を誘うことができると同時に深場攻略の要となるレンジキープ力にも優れている。

レンジキープ能力に優れていることから操作次第ではボトム(底)に沿うようにアタックすることが可能。ラトリンサバイブは名前通りにラトルが入っている。真鍮ラトルとガラスラトルによる複合サウンドと抜群の水泳力でブラックバスを攻略する仕様だ。

公式サイトによると、

低速から高速まで対応するサバイブのDNAを受け継ぎながら、より深いレンジを攻められる仕様に設計。サイズアップしたボディは泳ぎを崩さず、サウンドをより繊細且つダイナミックにする事が可能となり、音質・音量を細部までこだわり作り上げました。さらにウィード攻略・ボトム攻略に必要なレンジキープ力も備えています。

BANTAM RATTLIN SUR-VIBE 70 | SHIMANO

このように記載されている。ラトリンサバイブの魅力の一つ “シミーフォールアクション” は垂直に落ちるフォールアクションではなく、枯れ葉のようにゆらゆらと揺れながら落水していく。フォールで食いつきやすいブラックバスに有効な設計となっている。

ラトリンサバイブの第一印象としてバイブレーションらしい見た目。スタイルはシンプルながらも機能性が詰め込まれているだけに一つのバイブレーションで広大なエリアとレンジを探求することが可能。まさに、サーチベイトとしてはぴったりなバイブレーションだ。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
シンキング 70 19

BANTAM RATTLIN SUR-VIBE 70

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 低速から高速まで対応(リトリーブ)
  • より深いレンジを攻められる(既存の製品 “ラトリンサバイブ 62” より)
  • サイズアップしたボディでも安定した姿勢(バランスを崩さない)
  • ラトルサウンドがダイナミック(複合サウンド)
  • 優れたレンジキープ能力(ウィード&ボトム)

カラーリングは全10種類(記事執筆日確認)。バイブレーションといえば巻き上げることで自動的に釣り上げるオートメソッドを含んだ便利なハードルアー。ラトリンサバイブは優れたレンジキープ能力に加えて、あらゆる巻上げスピードでもアクションバランスの破綻が起こりにくい扱いやすいバイブレーション。すなわち、バイブレーションの基本に沿った設計でありながら、初心者の方がバイブレーションを扱う上で非常に優しい設計となっている。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年07月中旬に登場したSHIMANO(シマノ)の製品だ。

  • バンタムラトリンサバイブ 70

広大なエリアを探索するためのサーチベイトとして。時には、より深いレンジに潜むビックバスを狙い撃ちにする切り札として。一つのバイブレーションで各エリアを攻略できる使い勝手の良いバイブレーションに仕上がっている。是非、ラトリンサバイブ(70)を使用して各エリアに潜むビックフィッシュを釣り上げてみてはいかがだろうか。

引用 BANTAM RATTLIN SUR-VIBE 70 | SHIMANO