巻いて落とすだけで釣れる!ショアタイラバで使いたい初心者向けルアー【まとめ】

通常、船上から真鯛を狙うタイラバ釣法を、陸っぱりから釣り上げる釣法へと変換した釣り方がショアタイラバ(通称:ショアラバ)である。

主なターゲットは真鯛。ただし、カサゴ、マゴチ、ハタ、まれに青物などの美味しい外道も釣り上げることができる釣法。 シーバスタックル、エギングタックル、バスタックル、40(g)ほどのルアーを投げることができるロッドならばショアラバに応用できることからメインの釣法のついでにショアラバを行うアングラーも多く存在している。

  • キャストし、ボトム(海底)に落として、巻き、また落とす

このアクションの繰り返しでボトムを中心にターゲットへとアピールしていく。是非、興味をお持ちの方は「ショアタイラバ」を行い、美味しい魚達を釣り上げてみてはいかがだろうか。さて、このページでは今釣法で使ってみたい初心者向けのルアーを紹介している。簡単な操作で真鯛を狙える素晴らしい釣法だ。

ショアラバ釣法で使用するタイラバは通常のタイラバ釣法(船上)のタイラバを応用することになる。タイラバの使い方は人それぞれ。陸っぱりから船上で釣れる魚より大きいサイズを釣り上げて知り合いに自慢してみよう。
そこで、レポ部では・・・
巻いて落とすだけで釣れる!ショアタイラバで使いたい初心者向けルアー【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

サクラドロップ

数多くの実績を出しているタイラバ。針(フック)はシガーライトの向こう合わせ9号(マダイ)と真鯛に対抗すべき性能を持ち合わせた製品だ。低重心バランスによるファーストフォール姿勢と引き抵抗の少なさが魅力的。引き抵抗が少ないのでただ巻きをスムーズに実行することができる。

ハリが違う!SAKURAドロップシガーライト「マダイ」向こう合わせが鯛ラバゲームを変える!!

紅牙 ベイラバーフリー | Daiwa

ラインナップとして登場している重量は以下の通りだ。

重さ(g)
35・45・60・80・100

向こう合わせ9号(マダイ)と低重心バランス設計のヘッドを組み合わせた設計。ショアタイラバで使用することが多い40(g)付近のサイズバリエーションが登場している。今タイラバをメインとしてショアラバを行う方もいる実績あるタイラバだ。

This is Sakura Drop

紅牙 ベイラバーフリー

完全遊動式タイラバとして名を馳せたタイラバ。一体化していたボディとフック部が水中で分離することでヒット率の上昇やバラシの軽減をもたらす高性能タイラバだ。魚への食い込みをスムーズにするサクサスフックはもちろん、多彩なネクタイアクションやホログラムシートによるアピール力は絶大だ。

完全遊動式にすることで、これまで一体化していたボディとフック部が水中で分離。マダイがネクタイやフックをくわえたときの違和感がなくなりヒット率がアップ。バラシも大幅に減少。

紅牙 ベイラバーフリー | Daiwa

ラインナップとして登場している重量は以下の通りだ。

重さ(g)
30・45・60・80・100・120・150・200

完全不動式とだけあって真鯛を釣り上げる性能に特化した設計。様々なタックルに応用できる豊かなサイズバリエーションの数々。サイズが豊富だと様々なタックルと併用できる。ショアタイラバで必要な性能を持ち合わせたタイラバの一つだ。

This is Bayrubber Free

鉛式ビンビン玉スライド

ジャッカルから登場した “鉛式ビンビン玉スライド” はタイラバの中ではコストパフォーマンスに優れた一品。1000(円)未満のタイラバは珍しく貴重な存在。ボトム(海底)をメインに攻略するタイラバ釣法では根掛かりが付き物。すなわち、タイラバは消耗品ということ。ヘッドのボリュームと優秀なコスパで勇敢にボトムを攻略するタイラバだ。

コストパフォーマンスの良さが際立つ鉛素材の鯛カブラヘッド。多くのご要望を頂いていたビンビン玉形状の鉛製ヘッドが実現しました。鉛式ビンビン玉スライドはヘッドのボリュームを武器に、アピール力の強い攻めを可能にします。

鉛式ビンビン玉スライド | JACKALL

ラインナップとして登場している重量は以下の通りだ。

重さ(g)
45・60・80・100・120

今タイラバとは別にタングステン製のビンビン玉が登場している。ストラクチャーとの接触破損(ヘッド)を少しでも防ぎたい方にはタングステン素材が用いられたビンビン玉を使用することを推奨する。コストパフォーマンスを重視する方には鉛性のビンビン玉の方が気分良く扱うことができそうだ。

This is Binbindama Slide

紅牙 キャスラバー フリー

インスタントロケットのような形状を持つタイラバ。キャスティングタイラバとして注目を浴びた製品だ。浅場のマダイや底物を効率的に釣るために設計されていると同時にユニットの安定遊泳力を追求して適切なウエイト形状を持ち合わせている。

どんなサイズのものでも同様の振幅で安定的に泳がせることのできる形状となっている。この「安定したふらつきアクション」により、テール部分のラバーと遊動式のユニットがいまだかつてない魅惑の動きを演出し、様々なターゲットに強力にアピール。

紅牙 キャスラバーフリー | Daiwa

ラインナップとして登場している重量は以下の通りだ。

重さ(g)
20・30・40・60

浅瀬の真鯛を安定した水泳力を持って釣り上げるタイラバ。完全遊動式であるがゆえにバラしにくい設計。キャストしやすい重量が数多く登場しており、中でも、タイラバでは珍しい20(g)ウェイトはエギングロッドやバスロッドでも扱うことができそうだ。

This is Casrubber Free

タイラバ【ダイソー】

ボトム(海底)を中心に攻略するショアタイラバでは根掛かりが起こりやすい。そんなときに役に立つダイソーのタイラバ。タイラバの中でも40(g)と平均的な重量でショアジギングタックルであれば十分に扱うことが可能。価格は300(円)とダイソーにしては少し割高。それでもタイラバの中ではコスト面に優れている。2017年に新たに登場したダイソーの釣具。非常に人気がある製品なのか。近くの店舗では常に売り切れの状態だった。ショアタイラバを行うならば幾つかタックルに忍ばせておくことを推奨する。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、陸っぱりから真鯛をターゲットとする釣法 “ショアタイラバ” で使ってみたい初心者向けのタイラバだ。

マイナーな釣法といえばそれまで。船上から真鯛を狙うタイラバ釣法とは違った気軽さをショアタイラバは持っている。重い装備を揃える必要はない。近くの海岸へと足を運び、沖へ向かってキャストするだけで何かしら魚を釣り上げることができる。ライトショアジギング・ショアジギング・シーバス・エギング、様々な釣法が開発される中、陸っぱりからのタイラバ釣法 “ショアタイラバ” は上記タックルを応用することで行える気軽な釣法だ。是非、ショアタイラバ釣法で真鯛を始めとしたターゲットを気軽に釣り上げてみてはいかがだろうか。

こちらの記事もどうぞ!