簡単に鮮度を保てる!包丁を使わずに血抜きを行う方法【まとめ】

鮮度を保つには “血抜き” を行わなければならない。小魚であれば主に氷締めで締めることができる訳だが大きい魚を釣り上げたときには締めてから血抜きを行わなければ鮮度が落ちてしまう。しかし、血抜きを行う上でナイフ(包丁)は必ず必要とお思いの方もいるのではなかろうか。そのようなことはない。実はナイフを使わずとも簡単に血抜きを行うことができる。

このページではナイフを使わずに血抜きを行う方法を紹介している。ナイフは刃物であるがゆえに危険が付きまとう。そんなときには今ページで紹介している血抜きの方法を用いつつ、安全に血抜きを行ってはいかがだろうか。

残酷な動画が含まれています。魚を捌くことに抵抗をお持ちの方は閲覧することを控えてください。
そこで、レポ部では・・・
簡単に鮮度を保てる!包丁を使わずに血抜きを行う方法【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

エラの付け根を切断する

鰓(エラ)の付け根を切断して血抜きを行う様子を写した動画。脊髄を切断せずともエラの付け根をハサミで切断するだけで簡単に血抜きができる。血抜き後は海水に付けて魚の体内の血を自然に排出して完了だ。ただし、完璧に鮮度を保つならば血抜き前に “締める作業” を行うことを推奨する。

ハサミで背骨を断ち切る

鰓(エラ)からハサミの先端を挿入してハサミの刃で太い背骨を断ち切うことで簡単に血抜きを行うことができる。背骨を断ち切ることで血抜きと締める作業を同時に行うことができる。すなわち、一石二鳥で作業を行うことができる。背骨を断ち切った後は海水に浸して血抜きを行い、透明袋(ビニール袋)に入れて氷に漬け込むようにして持ち帰ろう。

手の力で背骨を折る

首元に指を引っ掛けて背骨を強制的に断ち切る方法。通称 “サバ折り” といわれ、ナイフやハサミが無くても手の力だけで血抜きを行うことができる。ただし、怪我をする恐れがあるので十分に注意を払い血抜きを実行しよう。サバ折りという名前でサバ一種と限定されがちだがアジ、ソウダガツオ、マルソウダ、タチウオでもサバ折りを行うことができる。(ハマチクラスになると背骨が太いためにサバ折りは不可能)

完璧に鮮度を保つには「ナイフ」が必要!

やはり、魚の主要箇所に傷を付けるという意味ではハサミや手では柔軟性に欠ける。サイズの大きい魚の血抜き作業を行う際にはエラの奥と尻尾に切り込みを入れて首元と尻尾の前後から血抜き作業を行う。そうした方が血をスムーズに、且つ、満遍なく抜くことができるからだ。

そして、クーラーボックスに入りきらない魚を捌く技術さえあれば、ナイフを使って現地で三枚卸しにすることでコンパクトに切身を持ち運ぶことができる。ナイフを持ってさえいれば柔軟に処置を行うことができるので非常に便利だ。ただし、ナイフは鋭利な刃物。くれぐれも怪我だけは気をつけて取り扱うことをお願いする。

This is Survival Knife

まとめ

今回、紹介したのは、包丁を使わずに簡単に血抜きを行う方法だ。

鮮度を保つ上で必要な血抜き。今ページで紹介した数々の動画はアングラーの持ち物(ナイフ)や作業工程をインスタントにしてくれる。

優しい船長さんであれば鮮度を保つように適切な処置を行ってくれるが陸っぱりからの釣行では自分で全てを処理しなければならない。是非、鮮度を保つためにも最善の処置を施し、魚を新鮮なまま持ち帰ってみてはいかがだろうか。

こちらの記事もどうぞ!