水中のルアーの動きに注目!バス釣りで使用するルアーの水中動画を紹介!

バス釣りでは様々なルアーが使われている。ある一人のアングラーがいった言葉。

ルアーの特性を知り、上手に操ることが、満足する釣果へと繋がっていくのだ

バイブレーションやクランクベイト・スピナーベイト、様々なルアータイプ(特性)が登場している中、実際の水中での動きを知る人は少ないのではなかろうか。

今回、紹介する動画は水中から写したルアーの動き。ルアーの動きを知ることができれば、よりルアーを魅力的に操ることができ、弱った魚や活性化した魚(ベイトフィッシュ)の気持ちになった動きを行うことができるかもしれない。水中でのルアーの動きやアクションを学び、今後の釣行に活かしてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
水中のルアーの動きに注目!バス釣りで使用するルアーの水中動画を紹介!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ルアーの分類

バスフィッシングでは様々な特性を持ったルアーが存在している。

ルアーのタイプを大きく分類すると、

  • ハードルアー
    • 主に水面を視点に誘う(トップウォーター系)
      • ペンシルベイト
      • プロップベイト
      • フロッグ
      • ホッパー
      • ダーター
      • ノイジー
    • 主に底層から表層までと幅広く誘う(多くは潜行水深によって決定)
      • バイブレーション
      • クランクベイト
      • スピナーベイト
      • チャターベイト
      • バズベイト
      • ビックベイト
      • ラバージグ
      • ミノー
      • シャッド
      • スピンテールジグ
      • スプーン
      • メタルジグ
  • ソフトルアー
    • 主に仕掛けを介することで様々な水深を狙える(オールレンジ系)
      • ストレートワーム
      • シャッドテールワーム
      • クローワーム
      • カーリーテール
      • グラブワーム

このように様々なルアーの種類が存在している。それぞれがメーカーによって独特なアクションを起こす訳だが大きくタイプ毎で分けられるようにアクションも意外と統一している面もある。(メーカーの独自の工夫を除く)

さて、基本となるルアーの水中での動きを実際に撮影した動画が動画投稿サイト “Youtube” に投稿されて話題となっている。リアクションバイトを故意に発生させたり、ベイトフィッシュに成りきってターゲットへと効率的にアピールするためにも、水中でのルアーアクションを撮影した動画を見て学ぶことは有効的であるように感じる。水中でのルアーの動きを知りたい方はチェックしてみてはいかがだろうか。

バス釣りに使われることが多いルアー

アクションを行ったときのルアーの動き

個々のルアーの水中アクションを知りたい方は?

ルアーの種類(例:ホッパー・ペンシルベイトなど)に沿った水中アクションを知りたい方は動画投稿サイト “Youtube” へとアクセスしてみて欲しい。個人が投稿した水中動画やメーカーが撮影したクオリティーの高い水中動画を種類別に見ることができる。

水中撮影動画の他にもホッパーなどの水面アクションを分かりやすく解説した動画(水面を撮影した物)や、ターゲットがルアーを加える瞬間(バイト発生時)をピンポイントに撮影した動画等、あらゆる観点からアングラーの基礎知識を高めてくれる動画が動画投稿サイト “Youtube” に投稿されている。

アクション時のルアーの動きや、水中でのルアーの動きを知り、基礎知識を強化した上で釣果へと結び上げてみて欲しい。

Youtube(例:ホッパーの水面アクション)
検索

まとめ

今回、紹介したのは、水中でのルアーの動き(アクション)を様々な角度から撮影した動画だ。

バスフィッシングをする上で役に立つ水中でのルアーアクション動画。それぞれが固有のアクションを持つルアーだからこそ、ルアーの特性を知り尽くした上で使いたいところ。是非、動画を参考にしつつ、種類別に分かれる様々なルアーを軽快に操作してみてはいかがだろうか。

こちらの記事もどうぞ!