エバーグリーンの「フラップクロー」はボトムを這う甲殻類を完全再現したクローワーム!

2017年05月に、EVERGREEN(エバーグリーン)から、ボトムに潜む甲殻類をイミテートしたバス用ワームが登場した。

  • フラップクロー(4インチ)

トーナメント戦で数々の実績を残す “福島健氏” だからこそ生み出せた今製品。コンパクト、且つ、分厚いボディが生む着底後の倒れ込みアクションによってターゲットへとアピールを行う。甲殻類の多くが水底を好んで生息地にする中、ボトムを這うような動きを再現する “フラップクロー” は、まさに、甲殻類をイミテートした通りに忠実に再現されている。マッディウォーターやザリガニの多いフィールドでは絶対的な釣果を得ることができるだろう。

そこで、レポ部では・・・
エバーグリーンの「フラップクロー」はボトムを這う甲殻類を完全再現したクローワーム!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

フラップクロー

EVERGREEN(エバーグリーン)から登場したトーナメントで勝つために設計された今製品。主にボトムを這うようなアクションでターゲットへとアピールする “ボトムサーチモデル” となっている。ザリガニなどの甲殻類に似せた設計。そして、ボディが着底した後の倒れ込みアクションによる波動により、ターゲットへと猛烈にアピールする。

公式サイトによると、

その存在感が際立つ巨大な爪は、ボトムからの浮き上がりを制御するよう低重心に設計。さらに爪底面を広くデザインすることで、ボトムに対しての座りが良くなりボディが横倒しになりにくいという効果を発揮。ズル引きした時の、爪を下げた状態で横倒れせずにボトムを這う様は、まさに自然界の甲殻類そのもの。

フラップクロー | EVERGREEN

このように記載されている。足4(本)・触覚2(本)・爪2(本)のボディ構成から判断するに甲殻類(主にザリガニ)に似せた設計だろうか。分厚いボディをしており、丸々太った甲殻類を演出できる数少ないワーム。そして、ターゲットが喰いを絞る要因 “姿勢の欠如” も爪底面を広くデザインすることで起きにくくなっている。まさに、甲殻類の「基」の動きを再現したクローワームといっても過言ではない。

EVERGREEN(エバーグリーン)による “フラップクロー” の実釣アクションムービーが公開されている。今製品を取り入れたい方はチェックしておきたい。ボトムを跳ねたり、這うようにして攻める今製品の動きに要注目だ。

スペック / 特長

ターゲット サイズ(inch) 本数
バス 4 5

This is Flop Claw

フラップクローはココが凄い!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 着底後の倒れ込みアクション(大きな波動)
  • トーナメントで力を発揮(フラップクロー)
  • ボリュームある設計(甲殻類に似せた設計)
  • 高密度ソルト配合マテリアル(重量を最大限に活かすことに成功)
  • ボディが横倒しにくい(着地姿勢)
  • テキサスリグ、リーダーレスダウンショットリグ(相性が抜群)

カラーリングは全10種類(記事執筆日確認)。フラップの名を翻訳すると “ばたばた動く” 動作を表す。そして、クローはご存知の通り “爪” のことを表すことからするとフラップクローの略は “バタバタと動く爪” ということになる。フラップクローの爪を側面から見ると重圧感ある仕上がりとなっており、ザリガニの爪にそっくりな設計となっている。爪が分厚く設計することでラインアイと逆方向となるボディ後方へと掛かる重心が重くなる。すなわち、キャスト面を補佐すると同時に飛距離アップに繋がるという訳だ。4(インチ)と控え目なボディサイズとは裏腹に結構な飛距離を実現することができそうだ。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年05月に登場したEVERGREEN(エバーグリーン)の製品だ。

  • フラップクロー(4インチ)

甲殻類の姿を完全再現した今製品。ボトム(水底)を自然に攻略する上では絶大な効果を発揮するはずだ。是非、ボトムを中心に探りたい際には “フラップクロー” の使用を一考してみてはいかがだろうか。

引用 フラップクロー | EVERGREEN