シマノのバンタムシリーズ「ビーティーフォース」は表層攻略に特化したビックベイト!

2017年07月に、SHIMANO(シマノ)から、表層付近のバスをターゲットとしたビックベイトが登場する。

  • バンタム ビーティーフォース(BANTAM BTFORCE)

バンタムシリーズ初のビックベイトとして登場した今製品。内部のウェイト設計が奏でる複合低音によるサウンド力やテールアクションによるスプラッシュ、波動を生み出すワイドリップにより、表層付近のバスへとアピールする設計。表層付近に大きい見えバスがいた際には迷わずに投げてみたいビックベイトだ。

そこで、レポ部では・・・
シマノのバンタムシリーズ「ビーティーフォース」は表層攻略に特化したビックベイト!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ビーティーフォース

SHIMANO(シマノ)から登場するビックベイト “バンタム ビーティーフォース” は表層付近のバスをターゲットとしたビックベイト。フィッシングショー(2017年)でも紹介されただけに、今年、注目すべきビックベイトの一つだ。

公式サイトによると、

スイムバランスが難しい硬いテールをあえてワイドリップで強引に動かすことで、ファーストリトリーブで泡とスプラッシュがルアー後方をカモフラージュするコンセプト。

バンタム ビーティーフォース | SHIMANO

このように記載されていた。簡単に要約すると “バスにルアーだと見切られないように尻尾のアクションで発生するスプラッシュの泡でルアーをカモフラージュする” ということ。ただでさえ大きさから見切られやすいビックベイト。バイトの隙を作るという設計はプレッシャーの掛かったバスに対して有効的であるように感じる。

どうやら、表層攻略に特化した設計となっているらしく、テール(尻尾)のアクションによるカモフラージュ力のほかに、内部のウェイト設計が奏でる複合低音によるサウンドアピール力や、ある特定のスピード域では絶対に潜らないという特性を持ち合わせている模様。

スプラッシュ、泡、サウンドといったバイトを誘うアピール面だけでなく、ルアーの正体を隠す “擬装” を同時に叶えてくれる表層付近のサーフェス系ビッグベイトが “バンナム ビーティーフォース” だ。

スペック / 特長

ターゲット サイズ(mm) 重さ(g)
バス 190 50

This is Bantam BtForce

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 表層に特化したビックベイト(サーフェススイッチングベイト)
  • カモフラージュ能力(テールアクションによるスプラッシュ&泡)
  • ワイドリップ(ボディロールと強波動を発生)
  • ロールウェイト(複合低音)

カラーリングは全06種類(記事執筆日確認)。ビックベイトといえばビックサイズを狙えるインパクトある大きさとバスを寄せるパワフルな力。インパクトからかバスを強く寄せることができると同時にバイトへと繋がる完成度の高いビックベイトとなっている模様。ダイナミックな釣りを楽しみたい方にも推奨したい製品だ。公式サイトには推奨タックルの詳細が記載されていた。興味のある方は参考にしてタックルを組み上げてみるのも良いだろう。

バンタム ビーティーフォース
検索

まとめ

今回、紹介したのは、2017年07月に登場するSHIMANO(シマノ)の製品だ。

  • バンタム ビーティーフォース(BANTAM BTFORCE)

ビックベイトの欠点といわれる “見切られやすさ” をテールアクションから放つスプラッシュと泡でカモフラージュする今製品。是非、表層に寄せて釣るイメージを持ちつつ、多彩なボディアクションでビックバスを釣り上げてみてはいかがだろうか。

引用 BANTAM BTFORCE | SHIMANO