ダイワから「シャローアッパー 125F」が登場!スレたシーバスに効くリップレスミノー!

2017年06月に、Daiwa(ダイワ)から、シーバスをターゲットとするシャローエリア用のリップレスミノーが登場した。

  • モアザン シャローアッパー 125F

シーバス界で多大な活躍を見せる “小沼正弥氏” が開発に携わった製品。デッドスローリトリーブに対応しつつ、アクションはスレたシーバスに影響力のあるフラフラアクション。アクション中に入るイレギュラーアクションを持ってシーバスの活性を高める “魚を自然に呼び込むコンセプト” が取り入れられた製品だ。スレたシーバスや低活性のシーバスをターゲットとする際には高いポテンシャルを発揮するだろう。

そこで、レポ部では・・・
ダイワから「シャローアッパー 125F」が登場!スレたシーバスに効くリップレスミノー!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

モアザン シャローアッパー 125F

Daiwa(ダイワ)から登場した “シャローアッパー 125F” はシャローエリアに潜むシーバスをメインターゲットとしたリップレスミノー。数多くの個体の中でもスレたシーバスの捕食メソッドを強制化させる効果を持ち合わせる今製品。アクション中に小刻みに入るイレギュラーアクションを持ってシーバスの捕食スイッチを「ON」にする。すなわち、魚を自然に呼び込むコンセプトを練りこんだタフなシーバスに効果的なミノーに仕上がっている。

公式サイトによると、

スレに強いフラフラ系水押しアクションに加え、小刻みに入るイレギュラーアクションで、低活性のタフなシーバスを惹きつけます。流れにも強く、「河川本流、サーフの引き波、磯のサラシ」等に負けない泳ぎながら、デッドスローリトリーブでもアクションを起こします。捕食しやすいボディ形状に3フックシステムを採用したことで、触れるようなショートバイトでもガッチリとフッキングし、バラシを軽減します。

MORETHAN SHALLOW UPPER 125F | Daiwa

このように記載されていた。リップレスの強みといえばキャスト距離。今製品には “HGS(ホールド・グラビティ・システム)” というキャストに貢献する機能が設けられている。簡単に説明するとキャスト時にタングステンウエイトが後方に重心移動することで優れたキャスト距離を実現する機能だ。リップレスの強みを上手く引き出す性能を持ち合わせている。

カップ状ワイドショートヘッドにより、デッドスローストリーブでも細やかなイレギュラーアクションを発生することができる今製品。約30〜約80(cm)までの水深に潜むシーバスに対してオーソドックス、且つ、効率的にアピールすることができるスレたシーバスのタフアタッカーだ。プレッシャーの掛かったフィールドでも有効的に使用することができそうだ。

スペック / 特長

ターゲット タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
フラットフィッシュ フローティング 125 21

This is Shallow Upper 125F

シャローアッパーはココが凄い!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • シャローエリアを遊泳するシーバスがターゲット(リップレスミノー)
  • イレギュラーアクション(低活性のシーバスにアピール)
  • 前腹・後腹・後部の各部に設けられた3フックシステム(ショートバイトに有効)
  • セミフラットサイドボディ(強いフラッシングアピール力)
  • デッドスローリトリーブに対応(遅く巻く基本アクション)
  • 約30cm~約80cm(表層レンジ攻略)
  • ホールド・グラビティ・システム(飛距離に貢献)

約30~約80(cm)と浅いエリアに向けたリップレスミノー。HGS(ホールド・グラビティ・システム)による飛距離性能を考慮するに “広く探索でき、浅くキープする性能” を持ち合わせた製品であると感じる。ファーストキャスト(先発)はもちろん、浅いレンジを広く探れるパイロットルアーとしても活躍が見込める。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年06月にDaiwa(ダイワ)から登場した製品だ。

  • モアザン シャローアッパー 125F

リトリーブを極端に遅くした動作 “デッドスローリトリーブ” でじっくりと表層を探索できる今製品。リトリーブ速度を変化させることでウォブンロールアクションが徐々に変化していくとか。沖合い、且つ、表層エリアにいるシーバスをターゲットとする際には “シャローアッパー 125F” を使用して効率的に誘ってみてはいかがだろうか。

引用 MORETHAN SHALLOW UPPER 125F | Daiwa