プロックスの「スキッドゲームエアーK」はメタルスッテ&ティップランに対応したイカ専用ロッド!

2017年06月14日に、PROX(プロックス)から、オフショア用のイカ専用ロッドが登場した。

  • スキッドゲームエアーK

メタルスッテ&ティップランの両方に対応した汎用性が追及された設計。アルコナイトリングのKガイドが搭載しつつ、120(g)までのルアーを操作良く扱えるスペックを持ち合わせる。操作性とイカの力強い引きに対応するパワーが魅力のオフショアスキッドロッドだ。

そこで、レポ部では・・・
プロックスの「スキッドゲームエアーK」はメタルスッテ&ティップランに対応したイカ専用ロッド!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

スキッドゲームエアーK

PROX(プロックス)から登場したイカ専用ロッド “スキッドゲームエアーK” はメタルスッテやティップランに対応したオフショアロッド。本体のガイドにはアルコナイトリングのKガイドを設置。ライントラブルを軽減する効果とスムーズなラインの送り出しを体感することができるパフォーマンスロッドとなっている。

公式サイトによると、

超軽量スケルトンリールシートとセパレートグリップで操作性抜群。
広範囲に対応するルアーMAX120g。
パワーと操作性に優れたオフショアスキッドロッド。

スキッドゲームエアーK | PROX

このように記載されていた。超軽量スケルトンリールシートとカーボン含有率98(%)によって本体の重量が93(g)と超軽量。120(g)とヘビー級の鉛スッテを許容範囲に入れたスペックを持ち合わせている。120(g)だとしたらおよそ30号辺りだろうか。メーカーによって違いが出るのでスペック未満の鉛スッテを選択することが大切だ。

オフショア専用ロッドとなる今製品。過去から登場していたメタルスッテ専用ロッド “スキッドメタルエアーK” と比べて重量が約9(g)ほど軽くなり、使用することができるルアーキャパシティーが60(g)増えて非常に広くなっている。重いルアーを扱えるパワーとシートポジションやセパレートグリップによる操作性の良さを実現したオフショアスキッドロッドだ。

スペック / 特長

ターゲット 標準全長(cm) 継数(本) 標準自重(g) ルアーMAX(g)
イカ 197 2 93 120

This is Skid Game Air K

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • メタルスッテとティップランに対応(オフショア専用イカロッド)
  • アルコナイトリングのKガイドを採用(PEラインにも対応)
  • 操作性を考慮した設計(超軽量リールシート&セパレートグリップ)
  • ルアーキャパシティー(MAX120グラム)

ティップラン用のロッドでイカメタルゲームができるのか。反対にイカメタルゲームのロッドでティップランはできるのか。このような疑問をお持ちの方はチェックしておきたい製品。メタルスッテとティップランの双方に対応すべく設計された “スキッドゲームエアーK” は一本で二つの釣法を行うことができるマルチロッドとして使用することができるスペックを持ち合わせたオフショア専用ロッドだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年06月14日に登場したPROX(プロックス)の製品だ。

  • スキッドゲームエアーK

公式サイトの文面&画像を見て判断するにディップ部位の破損を保護する “ティップカバー” と “専用クロスバッグ” が付いてくる模様。幅広いルアーキャパシティーと一本で二つの釣法を行うことができる汎用性を持ち合わせたマルチロッド。是非、オフショア専用イカロッド “スキッドゲームエアーK” を使って船上からデカイカを釣り上げてみてはいかがだろうか。

引用 スキッドゲームエアーK | PROX