メガバスの「ワンテン R」は季節を問わずリアクションバイトを引き出せる?!琵琶湖コンセプトプラグ!

2017年06月下旬に、MEGABASS(メガバス)から、新しいバス専用プラグが登場する。

  • ONETEN R(ワンテン・アール)

今回、登場したのはバスの有名ポイント “琵琶湖” のオンリーワン釣果を目指して設計されたバス専用ルアー。ルアーデザイナー “伊東由樹氏” とプロアングラー “佐藤信治氏” が設計したパフォーマンスプラグだ。琵琶湖を主点で設計されていることから琵琶湖をメインフィールドとしている方は注目しておきたい製品だ。

そこで、レポ部では・・・
メガバスの「ワンテン R」は季節を問わずリアクションバイトを引き出せる?!琵琶湖コンセプトジャークベイト!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ワンテン R

MEGABASS(メガバス)から登場した琵琶湖コンセプトプラグ “ワンテン R” は既存の製品 “ワンテンシリーズ” のジャークアクションを受け継ぎつつ、独自のアクションを生み出したニューコンセプトルアー。美しい飛行姿勢から出せる抜群の飛距離とキレのあるダートアクションが魅力のバス専用プラグだ。

どうやら、2017年に登場するワンテンシリーズは “R” だけでなく、”R+1″ や “R+2” も登場するらしく、期待度が高まっている訳だが現在の公式サイトには少しの情報しか公開されていない。今回、紹介する “ワンテン R” の潜行深度は1.7(m)。また、登場する “ワンテン R+●” 系に関しては潜行深度が深くなっていくようだ。すなわち、これから登場するであろう新製品を使い分けることで様々なレンジに対応することができるようになる。

公式サイトによると、

キレのあるダートアクションはそのままに、リトリーブではタフ化したバスにも有効なナチュラルタイトアクションに設定。メインウェイトを1個に統合させ、重心を1点に集中させることで、キャストインパクトを増大させ抜群の飛距離と美しい飛行姿勢を実現。

ONETEN R | MEGABASS

このように記載されていた。ダートアクションだけでなく、リトリーブ(ただ巻き)でバスへと効率的にアピールすることができる今製品。正直、ダートアクションを利用することが少ないと感じるのは私だけだろうか。現環境でタフ化したバスに有効的なアクションをリトリーブを行うだけで誘えるとなると有り難い性能。

公式サイトの一節には以下のように書かれていた。

  • 琵琶湖・最強釣果のオンリーワンを目指す

琵琶湖の広大なフィールドを主軸として開発された今プラグ。琵琶湖をメインフィールドとしている方はもちろん、琵琶湖エリアに挑戦したい方にはぴったりなプラグとなるだろう。

スペック / 詳細

ターゲット タイプ サイズ(mm) 重さ(oz)
バス スローフローティング 110 1/2

This is Onten R

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 琵琶湖・最強釣果のオンリーワンを目指す(主軸に設計)
  • リアクションバイトを発生させる(オールシーズン)
  • ダートアクション(鋭い)
  • ナチュラルタイトアクション(リトリーブ時の動作)
  • 抜群の飛距離(美しい飛行姿勢)

2017年に登場予定の新しいワンテンシリーズ。ONETEN RとR+1、R+2の3つが予定されているようだ。それぞれの潜行深度が異なることからワンテンシリーズの使い分けによって様々なレンジに潜むバスを効率的に誘うことができそうだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年06月下旬に登場するMEGABASS(メガバス)の製品だ。

  • ONETEN R(ワンテン・アール)

カラーリングは全12種類(記事執筆日確認)。アユカラーやワカサギカラーを始めとした各カラーチャートがラインナップ。カラーラインナップも豊富なので釣れそうなカラーリングを選択して効率的にバスを誘ってみてはいかがだろうか。

引用 ONETEN R | メガバス