プロックスの「キワベイト」は手返し良く扱える小型ベイトリール!コスト面を気にする方にも!

2017年06月08日に、PROX(プロックス)から、新しいベイトリールが登場する。

  • キワベイト

今回、登場したベイトリール “キワベイト” は小型設計。名前の通り、波止やテトラポットなどの際(キワ)を細かく誘うことに秀でた性能を持ち合わせている。スタイリッシュに設計された小型ボディは人気のバルトムシリーズと比べても劣らない。価格帯もベイトリールにしては破格に設定されているだけにベイトリール入門者や上記の目的に沿った使用を行いたい方には人気を得そうな小型両軸リールだ。

そこで、レポ部では・・・
プロックスの「キワベイト」は手返し良く扱える小型ベイトリール!コスト面を気にする方にも!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

キワベイト

PROX(プロックス)から登場した小型ベイトリール “キワベイト” は波止やテトラなどの際(キワ)へと手返し良くキャスト&操作できる両軸リール。スプール交換が簡単に行える “クイックチェンジスプールシステム” 搭載のメンテナンスが行いやすいベイトリールとなっている。

公式サイトによると、

波止やテトラなどのキワを攻める釣りに最適な小型両軸リール。
コンパクトなロープロファイル形状はパーミングしやすく、L型クラッチレバーでオン・オフの切替が親指のみで行えます。

キワベイト | PROX

このように記載されていた。この “キワベイト” のクラッチ部位が少し変わっていて「L」形状のクラッチレバーが採用されている。力を加えやすく親指で簡単にクラッチ操作(ON&OFF)を行うことが可能。ドラグシステム(形状)は一般的とされる星型ではなく、内部ギアを連想させるような丸型の形状を持って作られており、ダブルハンドル(取っ手)にはラウンドEVAノブハンドルが採用されている。軽快なクラッチ操作とソフト(柔軟)な握りやすさを実現したベイトリールとなっている。

小型ベイトリール “キワベイト” の最大の特徴は価格帯にある。諸事情で価格を公開することができないが各メーカーが産出してきた様々なベイトリールと比較すると比べ物にならない位の脅威のコストパフォーマンスを持ち合わせている。コストパフォーマンスと性能を追求した設計。まさに、PROX(プロックス)だからこそ生み出せた製品か。気になった方は公式サイトで “キワベイト” の詳細と価格帯を確認して欲しい。

スペック / 特長

ハンドル ギア比 ナイロンライン(号/m) 最大巻上長(cm/1回転)
右ハンドル 6.0:1 3/50 66

This is Kiwabeit

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 波止やテトラなどの際に最適(手返しが良い)
  • L形状クラッチレバー(親指のみで切り替えが可能)
  • クイックスプールチェンジシステム(メンテナンスが簡単)
  • ラウンドEVAノブ(握りやすい)

波止やテトラなどの際(キワ)へと手返し良くキャスト&操作することを目的として開発された今製品。価格帯を考慮すると初心者から人気を得そうなベイトリールであると感じる。スタイリッシュなボディは同社の人気の製品 “バルトムシリーズ” にも引けを取らない仕上がり。攻略しにくい痒い場所にも手が届く手返しの良いコントロールリールの登場だ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年06月08日にPROX(プロックス)から登場した製品だ。

  • キワベイト

初心者の方がまず見るのは価格帯。ベイトリール “キワベイト” はメンテナンス性やクラッチ操作のしやすさ、ハンドルノブの握りやすさと総合的に見て “手返し良く扱える操作性” を追求して設計されているように感じる。コスト面に秀でているだけにしっかりとした特化性を考慮されたベイトリール。まさに、初心者の方には打って付けの製品だといえるだろう。是非、ベイトリール “キワベイト” を使用しつつ、きわどいポイントに潜むターゲットを手返し良く狙ってみてはいかがだろうか。

引用 キワベイト | PROX