アムズデザインの「K-太77 サスペンド」は水平姿勢で止まる!マグネット重心移動システム搭載プラグ!

2017年06月10日に、アムズデザイン(ima)から、新しいシーバス用プラグが登場する。

  • K-太77 SUSPEND

アムズデザインのプロスタッフ “濱本国彦氏” が完全監修の元で製作されたシャッド系プラグ。主に港湾部や小規模河川などに潜むシーバスをターゲットにすることができる。ふっくらとしたボディ内に内蔵されたマグネット重心移動システムによってシーバスを誘うサスペンドプラグの登場だ。

そこで、レポ部では・・・
アムズデザインの「K-太77 サスペンド」は水平姿勢で止まる!マグネット重心移動システム搭載プラグ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

K-太77 SUSPEND

アムズデザイン(ima)から登場した “K-太77 SUSPEND” は “B-太70 シンキング” と “B-太80 SR フローティング” の中間に位置するルアー。シンキングとフローティングの間、サスペンドとなって新しく登場した。

これら3つのスペックを比較すると以下の通りになる。

名称 サイズ(mm) 重さ(g) タイプ レンジ(cm)
B-太80 SR 80 10 フローティング 10~40
K-太77 SUSPEND 77 12 サスペンド 10〜60
B-太70 70 8 シンキング 60〜100

スペックを見て判断できる通り、重さとレンジ、サイズに至るまで “B-太70 シンキング” と “B-太80 SR フローティング” の中間に位置する性能を持ち合わせている。サスペンドといえば食わせの間。ステイの時間を取ることでターゲットにルアーの存在を見えると同時に食わせの間を与えて誘うのが一般的なアクション方法。今製品に関しても汽水域では水平で停止するサスペンド能力を秘めている。リトリーブ(ただ巻き)からの水平停止。不規則アクションからの水平停止とシーバスの捕食に合わせた食わせの間を与えることができるのが魅力の一つだ。

公式サイトによると、

ピンスポットシューティングに求められる正確なキャスト性能、立ち上がりの速さ。マグネット重心移動システムがその全てを高次元で実現。

K-太77 SUSPEND | アムズデザイン

このように記載されていた。ふっくらとしたボディに埋め込まれたマグネット重心移動システムにより成し得た各性能。このマグネット重心移動システムがアクション中にピタッと停止する “水平姿勢安定力” を得ることができたのか。まさに、今、注目のサスペンドプラグだ。

アムズデザインのプロスタッフ “濱本国彦氏” が今製品の詳細についてを詳しく語ってくれている。理想のアクションを生み出すためにも参考にしておきたい動画だ。

スペック / 特長

名称 サイズ(mm) 重さ(g) タイプ レンジ(cm)
K-太77 SUSPEND 77 12 サスペンド(汽水域) 10〜60

This is K-TA 77 SUSPEND

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • マグネット重心移動システム
    • 正確なキャスト性能
    • 立ち上がりが速い
  • 捕食力の手助け(食わせの間を与える)
  • サスペンド能力(汽水域)
  • 港湾部や小規模河川、ボートシーバス(対応力)
  • ゆらゆらアクション(ウォブンロール)

カラーリングは全13種類(記事執筆日確認)。発売当初から多くのカラーリングがラインナップされている。カラーローテーションを組むには十分すぎるカラーチャートの数々。できるならば “B-太70 シンキング” と “B-太80 SR フローティング” の双方の使用を視野に入れて適切に各フィールドを攻略したいところ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年06月10日にアムズデザイン(ima)から登場する製品だ。

  • K-太77 SUSPEND

本体に埋め込まれたマグネット重心移動システムによってシーバスゲームを有利に運ぶ今製品。アクションから停止。この一連のアクション連鎖を意識しつつ、食わせの間をシーバスに与えることが充実した釣果へと繋がる。是非、港湾&河川、ボートゲームで今製品を使用し、より確実な釣果へと結び上げてみてはいかがだろうか。

引用 K-太77 SUSPEND | アムズデザイン