ティムコの「ロンサムドリフター」はノーアクションでバイトを引き起こすバス用ルアー!

2017年04月に、TIEMCO(ティムコ)から、ジョイント構造を持つバス用ルアーが登場した。

  • ロンサムドリフター

今回、紹介するバス用ルアーはジョイントⅠ字系アクションを基準に、あらゆるアプローチ手法に対応し、基本性能を追求したジョイント系ルアー。スローリトリーブで複雑に誘うことが可能な今製品。Ⅰ字系アクションをリトリーブで自動演出することができ、自然にバスのバイトを誘発することができる。ジョイント構造を持ったルアーを始めて扱う方には打って付けなルアーとなるだろう。

そこで、レポ部では・・・
ティムコの「ロンサムドリフター」はノーアクションでバイトを引き起こすバス用ルアー!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ロンサムドリフター

ティムコから登場した “ロンサムドリフター” はⅠ字系アクションでバスのバイトを誘発させるジョイント系ルアー。メジャーアクションといわれる “スローリトリーブ” を行うだけでⅠ字系アクションをバスに発信してバイトを誘うことができる。

前部と後部に分かれるジョイント構造。本来ならばバランスが取りにくい設計でありながらⅠ字系アクションの特長 “衰弱するベイトフィッシュ” を演出することが可能。いや、複雑な構造を持つジョイント構造だからこそ、衰弱した魚を演出することができたのか。

公式サイトによると、

ドリフトアプローチ、トゥイッチ&ジャーク、S字系アクションと多彩なアプローチに対応する基本性能を備えています。

ロンサムドリフター | TIEMCO

ノーアクション(ただ巻き)でⅠ字系アクションを再現できる今製品。ドリフトアプローチ、トゥイッチ&ジャーク、S字系アクションなど、多彩なアクションに順応すべき基本性能を持ち合わせている。ノーアクション(ただ巻き)で釣れないときには上記の様々なアクションを持ってバスの捕食スイッチを強制的に「ON」にするのも悪くない。

様々なアクションに対応しつつ、多彩なアプローチを行うことが可能な “ロンサムドリフター” は小魚の姿をイミテートした精巧な設計。背びれや上葉、下葉。脂びれまでが本体に設けられている。ベイトの姿を本格的に追ったボディと一目で判断できる作りとなっている。Ⅰ字系アクション “衰弱した小魚” を演出するのにぴったりな外見も持ち合わせているようだ。

スペック / 詳細

ターゲット サイズ(cm) 重さ(g)
バス 10 9

This is Lonesome Drifter

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • Ⅰ字系アクション(スローリトリーブ)
  • ジョイント構造(前部と後部が繋がれた設計)
  • 衰弱した魚を演出(Ⅰ字系アクション&微細動を続けるフェザー)
  • ドリフトアプローチ、トゥイッチ&ジャーク、S字系アクション(基本性能の追求)

カラーリングは全10種類(記事執筆日確認)。個人的に使いたいカラーチャートは全体的に緑の配色が施された “オーロラセクシーハス” か鮎(アユ)カラーをイミテートした “オーロラアユ” だろうか。カラーリングは数多く用意されているだけにカラーローテーションを難なく組むことができそうだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年04月に登場したTIEMCO(ティムコ)の製品だ。

  • ロンサムドリフター

複雑なアクションは要らない。ノーアクション(ただ巻き)だけでバスのバイトを誘発できる今製品はビギナーにぴったりのジョイント系ルアー。是非、衰弱した魚をイメージしてバスを誘いたい際にはジョイント構造を持つ今製品を使用して誘い上げてみてはいかがだろうか。

引用 ロンサムドリフター | TIEMCO