ダイソーの「4インチグラブ」はココが凄い!100円から始める気軽なルアー釣り!

2017年02月に、100円均一店として知られるダイソーより、新しい釣具が登場した。

  • グラブ系ワーム(4インチ)

バイブレーション、スピナーベイト、クランクベイト、ホッパー、2017年に追加されたダイソーの釣具は数多い。新たに追加されたダイソーのワームは “カーリーテール” と “グラブ” の2つ。その中でも特に注目されているのがグラブ系ワームだ。4インチ(約10cm)という食い込みや各オフセットフックへの対応面に優れた汎用性あるワームサイズを持つ今製品。ブラックバスは勿論、根魚に対しても有効的な気軽に使えるワームとなるだろう。

そこで、レポ部では・・・
ダイソーの「4インチグラブ」はココが凄い!100円から始める気軽なルアー釣り!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

グラブ系ワームとは?

グラブ系ワームとは “尻尾が曲がったワーム” のこと。多くのグラブ系ワームが半月を描くようにカールしている。このカールした設計により、リトリーブ時にはクルクルと尻尾や本体が回転すると同時に周りの水を掻き分けながら直進していく。カテゴリー(ワーム)内でのグラブ系ワームのアピール力はトップに君臨。それはグラブ系ワームのメリットといえる “尻尾による水の波動の伝達力が強い” からだといえる。

効果的とされるポイントは以下の通りだ。

  • 濁りのあるポイント
  • 暗いポイント

とはいっても、グラブ系ワームはオーソドックスなポイント(環境)で使用することが可能。ラバージグ、トレーラー、リグ、様々な使い方を可能とするグラブ系ワームとして知られている。ノーシンカーで使うと「ふわっ」とした自然な動作でターゲットを誘うことができ、ブラックバスにはコレが効果的なアクションともいわれている。

使い方は様々。自分が理想だと感じるアクション&タックルを導き出し、グラブ系ワームの本来の性能を引き出して欲しい。

ダイソーの「4インチグラブ」はココが凄い!

ダイソーから登場したグラブ系ワーム。パッケージに4(本)と少し控え目な入本数だが100円で販売されているようだ。このグラブワームの凄さはコスト面に限ったことではない。4インチ(約10cm)に設定された本体サイズにある。

4(inch)といえば “扱いやすいグラブサイズ” として知られている。5(inch)でもなく、6(inch)でもない。4(inch)というグラブサイズだからこそ人気がある。何故、4(inch)グラブは人気があるのか。それは、4インチ(約10cm)という使いやすさにあるのではないかと推測する。

正直、ジグヘッドやオフセットフックに使用するグラブは4(inch)が多い。私感だがサイズの大きいグラブを使用して釣れないときはバスサイズが小さいと判断して結局は汎用性の利く4インチグラブを使用することになる。ハードルアーを使ったときも同じ。釣れなければ結局はワームへと切り替えることになる。

そして、コストパフォーマンスが優れているということは “シビアなポイントを難なくアタックできる” というメリットを持ち合わせている。各ポイントにおける “ファーストキャスト(始めの一投)” を補える存在。すなわち、根掛かりを恐れずにポイントを攻略する上では優秀なアタッカーとなるだろう。

そういった面において4インチ(約10cm)というグラブサイズは有効的。コストパフォーマンスも優れていれば尚更だ。項目[グラブ系ワームとは?]で解説した通り、グラブ系ワームに関しては、ラバージグ、トレーラー、リグ、様々なオプションと相性が良いとされている。初心者からすれば “気軽に使える奇跡のグラブワーム” だといえるだろう。

スペック / 詳細

タイプ サイズ(inch) 素材
グラブ系ワーム 4 塩化ビニル樹脂

ダイソーの「4インチグラブ」の装着方法

パッケージ(裏面)にはオフセットフックへの設置例が記載されていた。全7工程から成るオフセットフックへの取り付け方法。ワーム用のフックへの取り付け方が分からない方はパッケージ(裏面)の内容を参考にすると良いだろう。

This is Offset hook

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年02月に登場したDaiso(ダイソー)の製品だ。

  • グラブ系ワーム(4インチ)

4インチ(約10cm)と一般的にメジャーなワームサイズ。そして、優秀なコストパフォーマンスを持ち合わせた今製品。気軽にルアー釣りを始めたい方は勿論、根掛かりを起こしそうなシビアなポイントを攻略するために始めのキャストに使用しても良し。100円均一店 “ダイソー” に立ち寄った際は釣り具エリアへと足を運んでみて欲しい。

こちらの記事もどうぞ!