メジャークラフトからアシストフック「ZOC」が登場!様々なシチュエーションに対応したアシストフック!

2017年01月に、メジャークラフトから、ジギング用のアシストフック(各種)が登場した。

  • ZOC(ゾック)
    • シングル(HS)
    • デュアル(HD)
    • タンデム(HT)

今回、紹介するアシストフックはライトタックルやヘビータックル、様々なジギングで使用できる幅広いラインナップを兼ね揃えた製品となっている。シングル・デュアル・タンデム、それぞれのバリエーションに用意されたフックサイズ。フックサイズに割り振られたラインサイズ(長さ)をタックルや釣法と相談することで状況に合ったアシストフックを決定することができそうだ。

そこで、レポ部では・・・
メジャークラフトからアシストフック「ZOC」が登場!様々なシチュエーションに対応したアシストフック!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ZOC(ゾック)

メジャークラフトから登場したアシストフック。今回、紹介するのは主にジギングに使用するアシストフックだ。最大の魅力としてはジギング全般に使用可能な幅広いバリエーション。シングル・デュアル・タンデムの3つに分かれたタイプからジギング釣法に合ったアシストフックを選択することが可能。それだけではない。数多いフックサイズ。そのフックサイズ内からラインサイズをチョイスすることができる。その場に合ったベストなジギングフックを探したい方には打って付けのアシストフックだ。

公式サイトによると、

ZOC(ゾック)なら、ライトタックルやディープエリアなど、フッキングパワーが伝わりにくい状況でも、確実に掛ける!!

ZOC(ゾック) | メジャークラフト

このように記載されていた。アシストフック “ZOC” は細軸に設定されている。細く設定された針が上手く力を伝達して確実に掛ける要素に貢献するのか。コストパフォーマンスも他メーカーのアシストフックと比べると少し低価格で提供されている。さすがはメジャークラフト。

ジギングフックのスレッド部に高硬度樹脂でコーティングされた今製品。多くのアシストフックのスレッド部は熱収縮チューブ(熱を加えることで収縮する管)で固定されている。熱収縮チューブと比べると以下のようなメリットを含んでいるとか。

  • 軽量化
  • 水抵抗の軽減
  • 耐久性の向上

オフショアジギング・ショアジギング・ライトショアジギング等の数多いジギング釣法が開発されている中、メタルジグに合ったセッティング術(例)をチョイスするのは意外と難しい。メジャークラフトの公式ページではメタルジグのセッティング(例)が公開されている。アシストフック “ZOC” のセッティング術(例)をご覧になりたい方は公式ページへとアクセスして使い方を学んでみてはいかがだろうか。

スペック / 詳細

タイプ 詳細
シングル(HS) 基本的なアシストライン:一本(構成)
デュアル(HD) ダブルアシストフック:二本(構成)
タンデム(HT) ラインの長さが異なる:二本(構成)

This is ZOC

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 幅広いラインナップから選択できる(ターゲットの食いに合わせられる)
  • 貫通力が凄い(細軸設計)
  • 軽量・水抵抗の軽減・耐久性の向上(高硬度樹脂でスレッドをコーティング)

これまでにも自由性が利くアシストフックを見たことはあるだろうか。基本的なアシストライン構成(シングル)からラインの長さが異なる(タンデム)。針(ハリ)の強度やジグに合ったフックサイズやジギングラインの長さを選べる幅広いバリエーションが用意されている。メタルジグに合ったアシストフックを探し出す上ではピッタリなアシストフックだといえる。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年01月に登場したメジャークラフトの製品だ。

  • ZOC(ゾック)

高硬度樹脂でスレッド部位を覆った今製品。熱収縮チューブと比べると項目[ZOC(ゾック)]で紹介した3つのメリットが含まれている。従来のアシストフック(熱収縮チューブを使ったアシストフック)よりもハイパフォーマンスとなったアシストフック “ZOC” を用いて青物を釣り上げてみてはいかがだろうか。

引用 ZOC(ゾック) | メジャークラフト