メガバスから「8Pod ROD 8P-762XHS」が登場!アクション時の疲労感を軽減するタコ専用ロッド!

2017年6月初旬に、MEGABASS(メガバス)から、新たにタコ専用に開発されたルアーロッドが登場する。

  • 8Pod ROD 8P-762XHS

ズッシリとした引きが楽しめるタコゲーム。それら強固なタコに対抗すべき設けられた10(kg)をリフトアップ可能な強靭なブランクスが魅力の一品。岸釣り・船釣りの双方に対応するタコロッド、沖の彼方に潜むタコを一網打尽にするならば今ロッドは欠かせない物となるだろう。

そこで、レポ部では・・・
メガバスから「8Pod ROD 8P-762XHS」が登場!アクション時の疲労感を軽減するタコ専用ロッド!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

8Pod ROD 8P-762XHS

MEGABASS(メガバス)から登場したタコゲームロッド。今回、登場したタコロッドは “10(kg)をリフトアップ可能な強靭なブランクス” や “最大120(g)までを許容範囲に入れるルアーキャパシティ” そして、それらの機能を補うようにして “脇に抱えられるグリップレングス” に調整されている。

これらの機能を総合的に判断すると “遥か彼方のタコを狙える遠投向きのタコゲームロッド” に仕上がっているようだ。

公式サイトによると、

強靭なパワーで10kgをリフトアップ可能な超筋肉質なブランクスでありながら、穂先でタコの当たりを瞬時に感知することが可能なタコ釣り専用のテーパーアクションを実現しました。

8Pod ROD 8P-762XHS | MEGABASS

このように記載されていた。タコの重さや海中遊泳にも負けない太いブランクス。重さと感度から肉質なブランクスは嫌われがち。しかし、今タコロッドに限っては “穂先” が敏感。ブランクスでの不器用さを穂先を活かすことで鋭く感知するということだろうか。

タコ専門のテーパーアクションを用いられた今製品。タコのことを良く知るメガバスだからこそ信頼は厚い。陸っぱりから狙うならば遠投して遠目のタコを。船から狙うならば届かないポイントへとキャストするのも良し。タコ釣りをすることが多いアングラーならば “エイトポッド” は注目すべき一品である。

スペック / 特長

ターゲット 長さ(Ft) 最大ルアーウェイト(g)
タコ 7’6″ 120

This is 8P-762XHS

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 10kgをリフトアップ可能(超筋肉質ブランクス)
  • タコ釣り専用のテーパーアクション(繊細な穂先)
  • 脇に抱えられるグリップレングス(疲労が溜まりにくい)
  • 岸釣り・船釣りの双方に対応(マルチに活躍)

重いルアーを扱うときに役に立つのが長く設定された脇に挟めるグリップ長。リトリーブ(ただ巻き)が多い釣りだとしても長時間立って釣ることが多いルアー釣りでは有り難い。陸っぱりからキャストする分には120(g)までのルアーに対応。船釣り(バーチカル)では60号クラスのルアーやテンヤに対応する模様。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年06月初旬に登場するMEGABASS(メガバス)の製品だ。

  • 8Pod ROD 8P-762XHS

遠くに潜むタコを疲れが溜まりにくいロッドで攻略する。コンセプトとしては明快でシンプルに扱いやすさも持ち合わせた今製品。是非、遠くにいるタコをタコ専用ロッド “エイトポッド” を用いて誘ってみてはいかがだろうか。

引用 8Pod ROD 8P-762XHS | MEGABASS