メジャークラフトの「ジグパラスピン」は小型なのに抜群の飛距離を持つスピンテールジグ!

2017年03月に、メジャークラフトから、新たにシーバスをターゲットとしたスピンテールジグが登場した。

  • ジグパラスピン(JIGPARA SPIN)

あの人気のメジャークラフトから遂にスピンテールジグが登場。小型に設計された今製品。そのギャップとは裏腹にぶっ飛び性能を持ちつつ、水中姿勢を安定させるメジャークラフトの技術 “魚雷フィン” が搭載された操作性に優れたスピンテールジグだ。今回は、新しく登場したスピンテールジグ “ジグパラスピン” について紹介していこう。

そこで、レポ部では・・・
メジャークラフトの「ジグパラスピン」は小型なのに抜群の飛距離を持つスピンテールジグ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ジグパラスピン

メジャークラフトから登場したジグパラシリーズ(初)となるスピンテールジグ。まず、第一に注目すべきはコストパフォーマンス。多くの人気メーカーが1000~2000(円)間で価格を設定しているのに対し、ジグパラスピンは1000(円)未満と格安。あっぱれメジャークラフト。

公式サイトによると、

小粒でも高重量なベストボディバランスはブレも少なくカッ飛びます。水中フォール時には姿勢を安定させ、不用意な回転を防ぐ「魚雷フィン」を搭載。潮が走っているようなシチュエーションでも自由自在に操作可能です。

ジグパラスピン | メジャークラフト

このように記載されていた。魚雷フィンというのはどの部位だろうか。船のフィンを連想すると回転を抑える減揺装置となる訳だが今製品では腹に設置された魚のヒレのような部位を示しているのだろうか。恐らく、本体の回転を制限することでフォールの安定度を上げたということだと思う。これが同時に糸絡みを防ぐメリットを持つ仕組みではないかと推測する。

今回、登場したジグパラスピンの優秀な点は “サイズ(g)による攻略性” にある。ラインナップを見る限りでは、18、25、30、40(g)とスピンテールジグにしては細かく設定されている。勿論、サイズが多く登場すると各フィールド攻略の視野が広がる。すなわち、遠投することで沖にいるシーバスを難なく誘うことができる。

メジャークラフトさんのツイッター(Twitter)ではシーバスをターゲットに使用していることが判明。恐らく、シーバスの口に掛かっているのはジグパラスピン。人気のジグパラシリーズから登場した今製品。シーバスアングラーはチェックしておきたい製品だ。

スペック / 詳細

名称 ターゲット 重さ(g)
ジグパラスピン シーバス 18・25・30・40

This is Jigpara Spin

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 水深のある場所のサーチ兼アタッカー(ジグパラスピン)
  • 小型なのに抜群の飛距離(ベストボディバランス)
  • 豊富なラインナップ(18、25、30、40)
  • 水中フォール時の安定力に優れる(魚雷フィン)
  • 気軽に使えるスピンテールジグ(コストパフォーマンスに優れる)

カラーリングは全06種類(記事執筆日確認)。定番カラーの “イワシ” や “レッドゴールド” を始めとした基本的なカラーチャートがラインナップ。個人的には “ゼブラピンク” と “イワシ” 色だろうか。配色パターンからすると数多くの魚種をターゲットにできそうだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年03月に登場したメジャークラフトの製品だ。

  • ジグパラスピン(JIGPARA SPIN)

水中姿勢を安定させるメジャークラフトの技術 “魚雷フィン” が搭載された今製品。フォールでの糸絡みを軽減した作りと飛距離を重視したボディが特長のスピンテールジグだ。是非、沖にいるシーバスを “ジグパラスピン” を用いつつ、大胆に誘ってみてはいかがだろうか。

引用 ジグパラスピン | メジャークラフト