ゲーリーヤマモトからバス用ワーム「5″サンショウウオ」が登場!無限大な使い方を可能とする扁平ボディが魅力!

2017年05月中旬、ゲーリーヤマモトから、新しいブラックバス用ワームが登場した。

  • 5″サンショウウオ(Sansyouo)

今回、登場したバス用ワームは両生類として知られた “サンショウウオ” をイミテート。サンショウウオの頭部から尻尾に掛けて忠実にデザイン(設計)された今製品。どうやら、テキサスやキャロ、ジグトレーラー等のあらゆる設定において無限大な使い方を可能とする汎用性も持ち合わせている模様。人気のブラックバス用ワームを数多く産出してきたゲーリーヤマモトだからこそブラックバスに忠実な信頼できるバス専用ワームとなるだろう。

そこで、レポ部では・・・
ゲーリーヤマモトからバス用ワーム「5″サンショウウオ」が登場!無限大な使い方を可能とする扁平ボディが魅力!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

5″サンショウウオ

まず、始めにサンショウウオの特長について大まかに解説しておくと、

  • 基本は扁平(平たい)ボディ
  • イモリやトカゲに似た姿
  • 胴体の前後に生える足
  • サンショウウオは小型が多い
  • 尻尾が独特(有尾目)

上記の特長を持ち合わせる。

今回、紹介するブラックバス用ワームは名前の通りにサンショウウオに似せられた作り。特に似ていると感じた部位はサンショウウオらしい丸みのある太い胴体と太い胴体に対して縦に配置された大きな尻尾。サンショウウオというよりかオオサンショウウオに似た作りであるように思える。

公式サイトによると、

全く新しいこのワームは、テキサス、キャロ、ヘビダン、ジグトレーラー、チャタトレーラーなど、使い方も未知数であり無限大。

5″Sansyouo | ゲーリーヤマモト

サンショウウオの特長の一つ “扁平(平たい)ボディによる安定感” がそうさせるのか。多く使用されるテキサス、キャロ等の使い方はもちろん、ジグトレーラー、チャタトレーラーなどのトレーラー系とも相性が良いとされる今製品。あらゆる仕掛けに対し、無限大の可能性を秘めたワームに仕上がっている模様。

特に相性が良いとされているのがゲーリーヤマモトの既存の製品 “スゴイフック(#3/0~#4/0)のオフセットフック” を使用した “テキサスリグ” か “ヘビダン” とのこと。ただ、推奨された仕掛けで攻略するのも良いが様々な仕掛けの可能性を引き出してくれるのが今製品。あらゆる仕掛けに設定して自分なりの答えを導き出して欲しい。

スペック / 詳細

ターゲット サイズ(inch) 重さ(g) 本数
ブラックバス 5 14.5 6

This is 5″Sansyouo

5″サンショウウオの解説動画

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • サンショウウオをイミテートした作り
  • 様々な仕掛けに使える(テキサス、ヘビダン、ジグトレーラー等)
  • テキサスリグかヘビダンと相性が良い(スゴイフック#3/0~#4/0)
  • 扁平ボディとテールのWアピールで誘う(バスの本能を刺激)
  • しっかりとフッキングへと持ち込める仕様(掛かりが良い)

日本で発売されるカラーリングは以下の通りだ。

  • サファイアブルー
  • ウォーターメロンペッパー
  • オキチョビクロー
  • ブラック / ブルーフレーク
  • グリーンパンプキン / ブラックフレーク
  • ブラック/ブルーフレーク / スモーク/レインボー&ブラックフレーク

ウォーターメロンペッパーは水質に対してオールマイティに活躍する配色であるだけに人気が出そうなカラーチャートの一つ。オキチョビクローもサンショウウオに似た配色が魅力的。サンショウウオがブラックバスのベイトという訳ではないが発想としては面白いと思う。気になった方はチェックしておきたい。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年05月中旬に登場したゲーリーヤマモトの製品だ。

  • 5″サンショウウオ(Sansyouo)

サンショウウオをイミテートした今製品。扁平(平たい)ボディに対し、縦に設けられた尻尾でブラックバスに猛烈にアピールする。発想とサンショウウオに似せて設計れた独自力を持つ今製品を用いつつ、ブラックバスを釣り上げてみてはいかがだろうか。

引用 5″サンショウウオ | ゲーリーヤマモト