自作メタルジグを作成する方法を解説しているサイト&ブログを紹介【オリジナル編】

自分だけのメタルジグを作成する。一般のアングラーがここまでくれば職人の領域。ただ、自作メタルジグを公開しているサイト&ブログの多くのアングラーが市販のメタルジグを使用して型取りを行い、鉛(ナマリ)を流し込む作業を行っている。ただし、これでは本当のオリジナルのアシストフックには程遠い。

今回、紹介するのは、市販のメタルジグによる型取りを行わずに本格的にオリジナルのメタルジグを作成&製作している方々だ。デザインから始めることで本当のオリジナルメタルジグを作成することができ、釣り上げた際には至高の喜びを得ることができる。是非、自作メタルジグの作成を行う方は本格的にデザインから自作メタルジグを手掛けてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
自作メタルジグを作成する方法を解説しているサイト&ブログを紹介【オリジナル編】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

粘土でメタルジグを作成

自作メタルジグの多くが型取りの工程から始まる。Webサイト “Carl’s craft” 様が紹介されているメタルジグの作成手順は型取りの工程を必要としない。ステンレスの針金を軸とし、板オモリを巻きつけていく。ここでメタルジグの原型を作成。その後に紙粘土や石粉粘土粘土を使ってペタペタとメタルジグの原型を覆うようにして塗っていく。

粘土だと柔軟性が効くことから鰓(エラ)やボディ加工がしやすい。すなわち、オリジナルのメタルジグを作成するには打って付けの素材だと言える。何より、多くの方が試している自作メタルジグ工程では型に溶かした鉛を流し込むという危険な手順が含まれている。鉛(ナマリ)は溶かすと有毒なガスを発生する。すなわち、初心者の方が鉛の溶接作業を行うと鉛中毒をおかしかねない。

Webサイト “Carl’s craft” 様が紹介している自作メタルジグは鉛を溶かす作業を行わない。初心者の方でも楽しくオリジナルのメタルジグを作成することができる。本当に素晴らしいアイデアだ。

Carl’s craft | HandmadeLure & FunFishing

Movie by STS NKN

デザインからメタルジグを作成

デザインからメタルジグを自作しているブロガー様。ブログタイトルは “チープフィッシングを楽しむ” だが、ブログタイトルとは掛け離れて本格的に作成されている。3D-CADのソフトRhinocerosを使ってデザインを設計。それから3Dプリンタを用いてメタルジグの模型を作成し、通常のメタルジグの作成工程(型取り)へと移行する。まさに、メタルジグ製作のプロフェッショナブル。本格的にメタルジグを設計したい方は参考にしたいWebサイトだ。

チープフィッシングを楽しむ

木を手彫りしてメタルジグを作成

オリジナル性を出すには癖のあるメタルジグを作ること。すなわち、自分の構成するメタルジグを木を使って手彫りすれば良い。Webサイト “伊予のルアー職人” 様が手掛けるメタルジグは柔らかい木をメタルジグの形へと仕上げ、シーリング用シリコンを使って型取りを行う。コストパフォーマンスに優れた自作メタルジグの作成方法だ。

メタルジグの木彫り~コーティング塗装までの製作手順を大きく分けると全6工程。製作過程における注意事項などの情報が詳しく書かれているのでメタルジグを作成する過程が分かりやすい。鉛(ナマリ)を使う際には十分な注意を払いつつ、オリジナルメタルジグの作成に挑んで欲しい。

伊予のルアー職人

中通しオモリを使ってメタルジグを作成

中通しオモリは様々な釣り仕掛けに応用される鉛性の錘(オモリ)のこと。この中通しオモリを使用すれば簡単にライトゲーム用のメタルジグを自作することができる。

中通しオモリを使ったメタルジグの作成に必要な道具は以下の通りだ。

  • 中通しオモリ(2号)
  • 針金(0.9ミリ/ステンレス)
  • ペンチ(針金を変形&針金を切断するツール)
  • 金槌(メタルジグを整形する道具)
  • ダイヤモンドヤスリ(ミニ)
  • ホログラムシール(外装)

ほとんどが100円均一ショップで仕入れることが可能。コストパフォーマンスも優秀であるために簡単な工作気分で作ってみて欲しい。作業工程は簡単。中通しオモリの中にラインアイを作った針金を挿入する。そして、金槌で中通しオモリを叩いてメタルジグの形に整形していく。最後にホログラムシールを貼って完成だ。中通しオモリの号数と針金を変更するだけでウェイト(グラム数)を操作することができる。宜しければ参考にしてオリジナルのライトゲーム用メタルジグを作成してみてはいかがだろうか。レポ部

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、市販のメタルジグで型取りを行わずに本格的にオリジナルのメタルジグの設計&作成に取り組む方々のサイト&ブログだ。

メタルジグは消耗品と分かっていてもオリジナルのメタルジグを作ってしまうと愛着が沸いてくる。メタルジグの量産だけが目的ではない。オリジナルメタルジグの作成の目的は一つ一つのメタルジグを大切に扱うこと。すなわち、オリジナルメタルジグの作成で愛着が生まれることは “アングラーの環境意識促進” にも繋がるのではなかろうか。是非、世界に一つだけのオリジナルのメタルジグを用いて魚達を釣り上げて欲しい。

こちらの記事もどうぞ!