落水した昆虫を再現?!スミスのパフォーマンスベイト「モッサ」は表面張力の浮力で誘うブラックバス用ワーム!

2017年04月下旬、落水した昆虫を再現したSMITH(スミス)のバス用ワームに新たなカラーリングが追加された。

  • モッサ(MOSSA)

追加されたカラーリングを合わせると計11種類から成る今製品。落水した昆虫をリアルに再現した作りとなっているだけにカラータイプが追加されることで、より多くのシチュエーションに対応することができるようになりそうだ。今回は、パフォーマンスベイト “モッサ” の良い点や特長について紹介していく。落下昆虫を意識したバス釣りを行うならば “モッサ” は要チェックしておきたい。

そこで、レポ部では・・・
落水した昆虫を再現?!スミスのパフォーマンスベイト「モッサ」は表面張力の浮力で誘うブラックバス用ワーム!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

モッサ(MOSSA)

SMITH(スミス)の既存の製品 “モッサ” は落下した昆虫を真似て作られたバス専用ワーム。昆虫らしいふくよかなボディとフロントアーム(2本)。通常の昆虫の足数よりも8本多い計14本で設定された足部分の3部位(構成)から成る。

本来、表面張力とその浮力から落水した昆虫は水面に浮かぶ。その姿を忠実に再現したのが今製品である。素材自体の浮力&表面張力によって今製品は浮力を得る仕組み。まさに、落水して漂う昆虫そのもの。

公式サイトによると、

イモグラブ同様の後方重心フォルム。サイズの割りに飛び、アキュラシー性能にも優れます。フッキングを阻害しない為、真円ではなくやや偏平な断面形状としています。

MOSSA | SMITH

後方にウェイトを偏らせることでキャスト能力にも長ける。アキュラシー性能とは一般的に “正確さ” や “精度” を示す。障害物の奥や際にルアーを投入する際にも精度があれば確実にポイントへと着水させることができるはずだ。

落水した昆虫をイミテートした今製品。できれば、虫が落下しやすいポイントにキャストしてポイントを攻略したいところ。バスは水面を眺めていることが多い。すなわち、バスが水面に落下してくる虫を常に狙っていると言っても過言ではない。虫パターンを攻略するならば水面からと言われるように常にバスになったつもりで虫パターンを攻略してみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

釣法 サイズ(inch) 重さ(g)
バス釣り 1.6 1.5
2.2 2.6

This is Mossa

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 落水昆虫をイメージした設計(インセクトベイト)
  • 表面張力&浮力を重視した設計(落水昆虫を再現)
  • 通常の昆虫と比較すると8本多い計14本の足数(表面張力)
  • アキュラシー性能に優れる(正確さや精度)
  • フッキングを阻害しない(断面形状設計)

2017年04月下旬に追加されたカラーリングは以下の通りだ。

  • Lt ウォーターメロン
  • Lt グリーンパンプキン
  • スモーク / ゴールドフレーク

追加されたカラーリングを合わせると計11種類(記事執筆日確認)。昆虫をイミテートした今製品。それぞれの虫色に似た配色を選択したり、ポイントに合わせたカラーローテーションを組むには十分すぎるカラーチャートの数々。落水した昆虫に似せた設計。できるならば様々なカラーリングを使用してその場に合ったカラーチャートを見つけ出したい。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、落水した昆虫を再現したSMITH(スミス)のバス用ワームだ。

  • モッサ(MOSSA)

数釣りならば2.2(インチ)よりも1.6(インチ)を推奨する。私が使用した感覚だが圧倒的に1.6(インチ)の方が食いが良いように感じる。これはサイズによるものか。キャストを意識するならば2.2(インチ)が使いやすい。すなわち、足場が無く届かないポイント(草木が生えた遠い際)をターゲットにする分には非常に使い勝手が良い。昆虫が落下しそうなポイントを狙ってキャストしてみよう。

引用 SMITH(スミス) | MOSSA(モッサ)