ダイソーから遂に「タイラバ」が登場!これはすごい!と思わせるほどの精密な作りが話題に!

2017年02月に、100円均一ショップのダイソーから、新しい釣具が登場した。

  • タイラバ

メタルジグ・クランクベイト・ホッパー・バイブレーション等の様々な釣具を産出してきたダイソー。今回、登場した “タイラバ” に関してもアングラーの間で高い評価を得ている模様。本来、タイラバは鯛(タイ)をターゲットとして釣り上げる模擬餌。ただ、鯛(タイ)以外にもタチウオや青物、マゴチやヒラメといったフラットフィッシュを外道で釣り上げることができるのがタイラバ釣法の面白いところ。コストパフォーマンスを重視してタイラバ釣りを行いたい方は使用してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
ダイソーから遂にタイラバが登場!これはすごい!と思わせるほどの精密な作りが話題に!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

タイラバ

ダイソーから新しく登場したタイラバ。メタルジグと同様に100(円)…と言いたいところだがこのアイテムに限っては300(円)と少し高めに設定されている。ただ、多くのタイラバが1000(円)付近の価格を漂っている中、ダイソーのタイラバだけが300(円)というのは破格的な価格であることには変わりは無い。

高価なタイラバだって消耗品。思わぬ外道にライン(道糸&リーダー)を切られたり、アシストフックごと持っていかれたりすることも多々ある。個々の釣果は別としてコスト面で圧倒的なアドバンテージを得ることができるのがダイソーの製品だ。

ダイソーのタイラバのパッケージ内に記載されている情報によると、

海底に向かってルアーを落とし、巻き上げます。

ハードルアー(タイラバ) | ダイソー(裏面のパッケージ)

このように記載されていた。これはリトリーブ(ただ巻き)だけで誘えることを示唆しているのか。使用方法としては通常のタイラバのアクション方法と同様に扱えば良さそうだ。

今製品の構成を見る限りでは、

  • 本体(頭部)
  • アシストフック(2つ)
  • ネクタイ①(オレンジ)
  • ネクタイ②(薄いラメが入ったクリア)
  • ヒラヒラ①(オレンジ)
  • ヒラヒラ②(チャートイエロー)
  • カラフルな細い糸

こんな感じに仕上がっている。カラフルな細い糸に限っては名前を思い出せない。ジグサビキとかで良く使われている綺麗な糸とだけ言っておこう。注目したいのはダイソーの釣具内で初登場となるアシストフック。アシストフック単体で登場することを願っていたがまさかのタイラバとしての登場。贅沢は言えないが個人的には少し残念な気持ちになる。とはいえ、このタイラバに付いているアシストフックを最大限に利用すれば他の釣具をチューンアップすることができるかも知れない。

スペック / 詳細

タイプ 重さ(g) 価格(円)
タイラバ  40 300

タイラバの発売に驚きの声と歓喜の声が多数!

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 気軽に使える(コストパフォーマンスが高い)
  • ネクタイやスカート等のタイラバの要素が詰まっている(精密な作り)
  • 様々なタックルで扱いやすい重さ(40グラム)
  • ただ巻きでターゲットを誘える(パッケージ裏面を参照)

ダイソーの釣具といえば “メタルジグ” が有名。このメタルジグに合ったアシストフックが単体で出ればダイソーの釣具が更に有名になるのではなかろうか。タイラバに関しては海底に沈めて巻き上げるだけで釣ることができる設計。2つのアシストフックと本体、スカート等、タイラバの要素が詰まった精密な作りとなっている。主なターゲット “鯛(タイ)” だけでなく、冒頭で挙げた様々な外道が釣れるかもしれない。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年02月に登場したDaiso(ダイソー)の製品だ。

  • タイラバ

数多い釣具を産出してきたダイソー。今回、登場したタイラバも、早速、アングラーから人気を得ている模様。コストパフォーマンスを意識してタイラバ釣りを行うならばダイソーから登場した今製品をチェックしておこう。

こちらの記事もどうぞ!