ダイソーのスピナーベイトを使って自作スピンテールジグを作成!その作成方法と手順を解説!

ダイソーでは様々な釣り具を取り扱っている。私自身も全てのダイソーの製品を把握している訳ではないのだがダイソーで販売されている道具を組み合わせることで釣り具をチューンアップしたり、カスタマイズしたりと役立つ機会は多い。釣り具に限るだけではなく、一般品に目を配ることで視野広く釣りを探求できる他、100(円)均一であることが消耗品である釣り具では非常に有り難く感じるのだ。

今回は、ダイソーのスピナーベイトのブレードとメタルジグを組み合わせて “スピンテールジグ” を作成する。初心者の方でも簡単に作ることができるので気が向いた方はチャレンジしてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
ダイソーのスピナーベイトを使って自作スピンテールジグを作成!その作成方法と手順を解説!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

用意するもの

スピンテールジグの作成で用意する物は以下の通りだ。

  • スピナーベイト
  • メタルジグ(ジグロック)
  • スプリットリング(一つ)
  • ラジオペンチ

今回、使用するのは、ダイソーのメタルジグ “ジグロック” だ。製作過程で必要となるラジオペンチはスピナーベイトからブレードを取り外すために。そのブレードはスピナーベイト本体に二つ付いている。すなわち、ブレードに不具合が起きた際のスペアブレードとして利用することで、より長くスピンテールジグを使用することが可能。計200(円)ほどで作成できるスピンテールジグ。コストパフォーマンスを重視したい方にはぴったりなスピンテールジグに仕上がるだろう。

スピンテールジグの作成方法

スピナーベイトのブレードを利用したスピンテールジグの作成手順は以下の通りだ。

  • スピナーベイトからブレードを取り外す(ラジオペンチを使用する)
  • スイベルの付いたブレードの先端にスプリットリングを装着する
  • ブレードをメタルジグに装着する

元々、スピナーベイトながらにブレードが付いた製品。ブレードさえ上手く取り外すことができれば後はメタルジグに取り付けるだけと作業工程としては非常にシンプル。何故、ダイソーのスピナーベイトなのか?それは、スイベル&スプリットリング&ブレードの三つのスピンテールジグの取り付け要素が揃っていること、そして、最高のコストパフォーマンスで仕上がること。それだけではない。スピナーベイトにはブレードが二つ付いているために一つはスペアブレードとしても利用することができる。スピンテールジグを作成する上で様々な要素がダイソーのスピナーベイトには揃っているので自作スピンテールジグを作成してみたい方はダイソーの製品を組み合わせて作成してみてはいかがだろうか。

それでは、早速、ダイソーのスピナーベイトのブレードを利用したスピンテールジグの作成方法を詳しく解説していこう。

ラジオペンチを使ってブレードを外す

スピナーベイトからブレードを外す作業を行う。一つ目のブレードはスイベル付きで二つ目のブレードは単体。注意すべきことはラジオペンチの力加減。ブレードを取り外す際にはラジオペンチで直接ブレードに触れないようにブレードと本体の接続部(スピナー側)をラジオペンチで捻じるようにして取り外す。力の加え方によってはブレードが破損することがあるので注意して行うことが大切だ。

使用用途としては、スイベル付きのブレードをメインで使用して、スイベルの付いていないブレードをスペアとして使用する。ブレードを取り替える際には、スプリットリングに付いたブレードを取り換えるだけで交換は完了。すなわち、メンテナンスという面でも楽々行うことができるのが今スピンテールジグの良いところ。

メタルジグにブレードを設定する

メタルジグにブレードを装着する作業を行う。スプリットリングは片方しか付いていない。すなわち、別にスプリットリングを一つだけ用意する必要がある。とはいえ、殆どのメタルジグに付いているトレブルフックがスプリットリングを介して付けられている。このスプリットリングにブレードを装着すれば別途にスプリットリングを用意しなくともブレードを装着できるはずだ。

後はメタルジグにアシストフックやトレブルフックを装着し、通常の使い方(ジギングアクション)で使用するだけ。オリジナル性の詰まった折角のスピンテールジグ。スピンテールジグの強み “ブレードのフラッシング効果” を利用してリトリーブ(ただ巻き)で誘いたいところ。

トレブルフックをリアに装着したい際には同じくスプリットリングを経由して装着する。ブレードと同じスプリットリングに装着してもブレードの動きに変わりは無かった。

前回のスピンテールジグを紹介!

前回、作成したスピンテールジグはそのブレード(スプーン)の重さから飛距離に問題があった。空中でスプーンとジグが当たって減速するのか。ただ単にバランスが悪いのか。ただ、今回のブレードに関しては前回のスプーンとは違い、非常に軽さが目立つ製品。飛距離面に関しても非常に優秀だと言える。とはいえ、以前のスピンテールジグ作成の際に使ったのはスプーン。単体で魚を誘うルアーの為にメタルジグと組み合わせるのは少し無理やり感があった。今回、使用したのはスピナーベイト本体に付いたブレード。すなわち、ブレードとしての本来の動きと軽さを持ち合わせている。上手くいけば市販にも負けないスピンテールジグを作成することができるかもしれない。

ダイソーの釣り専用スプーンをブレードに利用!スピンテールジグへのカスタマイズ方法と釣果をインプレ!
Daiso(ダイソー)は様々な釣り用品を産出している。その中の一つが "スプーン" である。 ルアーの起源(原点)と謳われるスプーンはあらゆる...

まとめ

今回、紹介したのは、ダイソーの既存の製品 “スピナーベイト” のブレードを使ったスピンテールジグの作成方法だ。

製作過程で必要な物は計4つ。

  • スピナーベイト(ダイソー)
  • メタルジグ
  • スプリットリング(一つ)
  • ラジオペンチ

スプリットリングを別として計200(円)で作ることが可能なコストパフォーマンスに優れたスピンテールジグ。最近、流行りの兆しにあるライトジギングやショアジギング、シーバス釣り等の釣法に効果的とされている。自動的にターゲットを誘うならばスピンテールジグと言われるように “ブレードのフラッシング効果” でターゲットを誘って釣果へと繋げる。アクションが疲れた方やアクション方法が分からない方にもオススメしたいルアーがスピンテールジグである。是非、コスト面で優れたスピンテールジグを作成し、ブレードの力で魚達を釣り上げてみてはいかがだろうか。

こちらの記事もどうぞ!