Daiwa(ダイワ)の「コースタルアシスト SS」は陸っぱりから釣れる全ての魚に対応したアシストフック?!

2017年04月に、Daiwa(ダイワ)から、近海用のアシストフックが登場した。

  • コースタルアシスト SS(COASTAL ASSIST SS)

釣り用語で良く聞く “近海” とは「陸地に近い海」を示す。これは陸っぱりから行う釣りに関わらず、船から近場で行うジギングやサーフから行うウェーディングゲーム等の様々な釣法に当てはまる。すなわち、今製品の特長である “近海で釣れる全ての魚に対応する” というメリットは近海周辺を主にターゲットとするアングラーには使い勝手が良い。Daiwa(ダイワ)から登場したアシストフック “コースタルアシスト SS” を使って近海ゲームを有利に運んではいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)の「コースタルアシスト SS」は陸っぱりから釣れる全ての魚に対応したアシストフック?!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

コースタルアシスト SS

Daiwa(ダイワ)から登場した近海用アシストフック。今製品の最大の特徴としては “近海で釣れる全ての魚に対応したアシストフック” であること。高強度特殊ラインが採用されたツインアシストフックであり、そのアシストフックのバリエーションは4つと多く、アシストフックのサイズ(種類)を変更することで幅広い魚種をターゲットにできる。

ラインナップされたのはアシストラインの長さがショート(短く)に設定された “ツイン” とリア向きに長く設定された “RSツイン” そして、小型で太軸のためタングステンジグでも大物が狙いやすいショートに設定された “Hツイン” と、これまたリア向きに長く設定された “HRSツイン” の計4つが登場している。

全ての針(ハリ)には、表面処理テクノロジー “サクサス技術” が採用されている。そして、アシストラインは近海ジギングで良く使われる “20号” が全てのアシストラインに共通して用いられているので近海で釣れる魚ならば安心したやり取りができそうだ。

全てがツインタイプで設定された今製品。公式サイトによると、

大型青物からスロージギング根魚まで、近海で釣れる全ての魚に対応するSaqSas仕様のアシストフック

コースタルアシスト SS | Daiwa

このように記載されていた。信頼という面でも大手釣りメーカーだから安心。入り数は2本と少し物足りないがターゲットをしっかりと釣り上げたいならば近海ジギング専用に設計されたアシストフックを使用してみてはいかがだろうか。

スペック / 詳細

タイプ サイズ アシストライン(号) 本数
ツイン 1/0・2/0・3/0 20 2
RSツイン
Hツイン
HRSツイン

This is Coastal Assist SS

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 近海で釣れる全ての魚に対応する
  • 高強度特殊ラインを採用(アシストライン)
  • 豊富なラインナップ(ツイン・RSツイン・Hツイン・HRSツイン)
  • 青物~根魚(スロージギング根魚に対応)
  • サクサスフックを採用(フッ素系特殊プレーティング加工)

冒頭でも解説した通り、近海という言葉で一括りにするのは釣法が多すぎて少し絞りにくい。ただし、今製品の特長である “近海で釣れる全ての魚に対応” したアシストフックを用いれば幅広いジギングゲームで幅広く活躍することは確かだ。まさに、今人気の近海ゲームに必要不可欠な対応力を兼ね揃えた仕上がり。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年04月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品だ。

  • コースタルアシスト SS(COASTAL ASSIST SS)

青物から根魚と幅広い魚に対応する今製品。ジギングゲームを行うに当たって必要な対応力を持ち合わせたジギング用アシストフックとなっている。是非、近海ゲームを行う際には、高強度特殊ラインが採用された丈夫なアシストフックを用いて近海に潜む幅広い魚達をターゲットに誘ってみて欲しい。

引用 Daiwa(ダイワ) | コスタルアシスト SS