メジャークラフトから「弾丸ブレイド」が登場!圧倒的なコスパを誇る日本製のPEライン!

2017年04月に、メジャークラフトから初となるPEラインが登場する。

  • 弾丸ブレイド(Dangan Braid)

コストパフォーマンスに優れた製品を数多く開発しているメジャークラフト。今回、登場したPEラインも圧倒的なコストパフォーマンスを持ち合わせる。ライトゲーム、エギング、タチウオ、ノーマル。初心者の方でも分かりやすく選択できるように釣法によって分けられたラインチョイス(ラインナップ)で自分の釣法に合ったPEラインを選択しよう。

そこで、レポ部では・・・
メジャークラフトから「弾丸ブレイド」が登場!圧倒的なコスパを誇る日本製のPEライン!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

弾丸ブレイド

メジャークラフトから登場した新しいPEライン。驚くべきはそのコストパフォーマンス。一般的な安いPEラインは海外で作られていることが多く、日本製で高いコストパフォーマンスを持つPEラインは珍しい。質の良さとコストパフォーマンスの双方を考慮するメーカー。流石はメジャークラフトさん。

公式サイトによると、

新設計による編み込み方法で、操作性に優れた「低伸度」と、水中の変化やアタリを感じとる「高感度」を実現。初心者でも使いやすいように表面をコーティングし、適度なハリを持たせることであらゆる釣りに対応し、ガイドへの糸絡みなどライントラブルを軽減しています。

弾丸ブレイド | メジャークラフト

このように記載されていた。ラインが伸びにくい設計(低伸度)であるがゆえに伸びなく手元に感度が伝わる高感度設計となる今製品。ガイド絡み等のラインに関する問題も考慮して設計されている。まさに、トラブルレス設計。

メジャークラフトさんと言えばライトジギングに関する製品を多く取り扱っている。数多い実績を残すメタルジグ “ジグパラ” もメジャークラフトさんの製品。コストパフォーマンスに優れて各々の性能も妥協しない。ジギング入門者の方はコストパフォーマンスを第一に考えて選択することが殆どだ。初心者の方でコストパフォーマンスを追及する方はメジャークラフトシリーズで釣具を揃えれば満足な釣行ができるかも知れない。

スペック / 特長

メジャークラフト 弾丸ブレイド
検索

This is Dangan Braid

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • ハイコストパフォーマンス
  • 日本製の信頼感
  • あらゆる釣りに対応(釣法によってPEラインを選択)
  • 低伸度設計(ラインが伸びにくい)
  • 高感度(手元に伝わる感度が高い)
  • ガイドへのトラブルを軽減(ラインに適度な張り)

ハイコストパフォーマンスが嬉しい今製品。4本編みと8本編みの2パターンが登場している。内、タチウオ専用モデルとライトゲーム専用モデルは4本編みのみのラインナップとなる模様。(記事執筆日確認)

あらゆる釣法に対応するノーマルタイプはオフショア用の太いラインも用意されている。視野を考慮してか10(m)マーカータイプも登場しているので太いラインを使う予定がある方は積極的に “マルチタイプ” を選択しておきたい。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年04月に登場したメジャークラフトの製品だ。

  • 弾丸ブレイド(Dangan Braid)

コストパフォーマンスに優れていると耐久性に不安を持ってしまうのは私だけだろうか。今回、登場した “弾丸ブレイド” はメジャークラフトさんがPEラインを初めて手掛けた製品。コスト面だけでなく、耐久面にも力を入れて作られていることを期待したい。是非、新しく開発された今製品をタックルに取り入れ、あらゆる釣法に使ってみてはいかがだろうか。

引用 メジャークラフト | 弾丸ブレイド