Gamakatsu(がまかつ)の「近海ファイン」でアシストフックを作成!自分に合ったジギング針をチェック!

近年、流行の兆しにあるライトジギング。主にメタルジグを使って誘う釣法であり、これまでに様々なメタルジグが登場している。メタルジグに付属するアシストフック。コストを抑えるために手作りでアシストフックを作成するアングラーも数多く存在している。その際に一考するのがアシストラインと針(ハリ)を選ぶ基準。

今回は、ライトジギングフックの中でも名高い “近海 FINE” を紹介すると共に実際にアシストフックを作成してメタルジグに装着するとどうなるのか。そして、過去に私が試したアシストフックの設置例を幾つか公開する。アシスト針の選択に迷っている方は参考にしてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
Gamakatsu(がまかつ)の「近海ファイン」でアシストフックを作成!自分に合ったジギング針をチェック!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

近海 FINE(ファイン)

Gamakatsu(がまかつ)の既存の製品 “近海 FINE” は2016年に登場したジギング針。タチウオ・小型根魚・小型回遊魚等をターゲットにするライトジギング用のジギングフック(針)だ。

一本だけ手に持ってみたが空気のような軽さ。アシストフックを作る工程にアシストラインに針先を通し、仮固定をする作業があるのだが針先(先端)が細いために力を入れずともアシストラインに刺すことができた。太軸だと細いアシストラインに仮固定(貫通)を行う作業が意外と難しい。細軸だと細いアシストラインでも簡単に仮固定(貫通)できることからアシストフックを作成する工程内では扱いやすいと言える。

第一印象は丸くて大きい針。ふっくらとした丸さを持っている今製品。製品パッケージの内容を見る限りでは “身切れを軽減する効果” があるとか。アシスト針のチモトには “ブイ・ヘッド” が設けられているためにアシストフックがズレにくい設計。アシストフックを仮固定する際にも役に立ちそうだ。

パッケージによると “ツインアシスト” を推奨するとのこと。何故だろうか。一応、ツインアシストとシングルの両方を作成してみた。全体的なアシストフック完成図は上(画像)のようになる。

アシストフックを装着してみると?

シングルフック(アシストフック)をメタルジグに乗せた感覚はどうなるのか。使用したメタルジグはダイソーの既存の製品 “ジグロック” だ。100円のコストパフォーマンス。ライトジギング初心者の方が手を出しやすいメタルジグだ。

40(g)にアシストフックを装着すると少し針(ハリ)が大きいように感じる。ただ、全体的に丸い設計となると仕方ない。全体的に膨れてしまうことで大きく感じてしまうから。何より、本体に膨らみがあることが “近海 FINE” の特長でもある。丸軸ラインを持つ今製品の強み、身切れを減らす” 今製品の特長を活かしてバラす可能性を低くしておきたい。

This is Kinkai Fine

これまでに作成したアシストフックを紹介!

これまでに作成したアシストフックを設置例と共に紹介する。ライトジギング用のメタルジグに合ったアシスト針を探すための参考にして欲しい。

尚、アシストフック作成に興味を持った方は以下のリンク先にて解説している。メタルジグに合ったアシスト針を決定した上でアシストフックの作成に挑むとスムーズに事が運ぶ。宜しければ以下のリンクも参考にして頂きたい。

綺麗にできる自作アシストフックの作成方法
このように思ったことはないだろうか。 市販で販売されているような綺麗なアシストフックを作ってみたい 自宅でアシストフックを安価...

それでは、早速、アシストフックをメタルジグに設置した例と各アシスト針のスペックについて紹介しよう。貴方に合った良さげなアシストフックが見つかりますように。

カルティバ JIGGER LIGHT(早掛)

メーカー カラーリング サイズ
カルティバ 1/0

真鯛王

メーカー カラーリング サイズ(号)
がまかつ 13

ヒラマサ・ブリ王

メーカー カラーリング サイズ(号)
がまかつ 13

近海 FINE

メーカー カラーリング サイズ
がまかつ 1/0

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、Gamakatsu(がまかつ)の既存の製品 “近海ファイン” で自作アシストフックを作成した際の完成図と設置例だ。

Gamakatsu(がまかつ)の “近海ファイン” は丸みを帯びた本体が特徴的。タチウオ・小型根魚をメインターゲットにし、その丸みある形状によって身切れを軽減する効果を持ち合わせる。是非、アシストフックの作成に興味を持った方は “近海ファイン” を用いてアシストフックを作成してみてはいかがだろうか。