装備を揃えて安全な釣行を!ライトショアジギングの危険性と役に立つアイテムを紹介!

ライトショアジギングは青物を軸に根魚やフラットフィッシュ等の様々な魚達をターゲットにする。温かい季節になるとシーズンの始まり。多くのアングラーが陸っぱりからメタルジグ等のルアーをキャストし、アクションを行う姿がよく見られる。

主に沖に面した場所で釣りを行うジギング。青物を求めてあらゆるポイントへと遠征することもある。沖磯・地磯・防波堤・岩場、あらゆるポイントでキャストする釣法。そのために危険が伴うポイントでキャストする方も多く存在する。今回は、陸っぱりから気軽に青物をターゲットにできる釣法 “ライトショアジギング” を行う上での危険性と持っていれば便利なグッズを紹介していく。

そこで、レポ部では・・・
装備を揃えて安全な釣行を!ライトショアジギングの危険性と役に立つアイテムを紹介!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ライフジャケット

あらゆる釣法を実践するにあたって必要不可欠と言えるアイテムがライフジャケット。ライトショアジギングは基本的に沖に面した場所で釣りを行うこととなる。すなわち、テトラ帯・磯場・岩場・防波堤と様々なポイントで行う釣法であるために必ず装着して挑んで欲しい。

防波堤で行うことも多いライトショアジギング。安定した足場だと高を括ってはいけない。恐ろしいのは吹き抜ける防波堤で発生しやすい突風や波潮。海深が深い沖磯や地磯ではベイトフィッシュが集まりやすいポイントだが波に飲まれればまず助からないと思っていただきたい。

テトラ帯で行う方々は足元に最善の注意を払い、足場の状況が分らない夜間の釣行は控えることを推奨する。釣りで一番に大切なのは止める勇気を持つこと。天候や波の流れを情報端末機器で調査し、一番に最適な釣り日和を見つけ出すことである。

万が一、海に落下してしまった場合に備えてライフジャケットの着用を義務付けて釣行を行うことだけは徹底して欲しい。

This is Life Jacket

タモ網

魚を引き上げる際に役に立つタモ網。青物を軸に根魚やフラットフィッシュ等の様々な魚をターゲットにするライトショアジギングは一般的に危険視されている魚が釣れるパターンも多い。例えば、歯が鋭い魚 “タチウオ” や “マエソ” にヒレのトゲに猛毒をもつ “ゴンズイ” 等の危険な魚が釣れる場合もある。

逆に理想通りに青物が掛かったパターン。例えば、イナダからハマチ。カンパチやシイラの青物を竿の力だけで抜き揚げるのは危険行為だと言っても過言ではない。運が悪ければバラしてしまうだけでなく、ターゲットの暴れようによっては竿が折れてしまうこともある。

引き上げる際に弱らすという行為は推奨しない。その間に針(フック)が取れてしまって逃したパターンを何回か見てきたからだ。泳がすという行為は “その間に逃げ場を与えている” と同じこと。すなわち、どれだけスムーズに引き上げることができるかでバラす確立は変化してくる。スムーズに引き上げるためにタモ網でターゲットを引き上げる予行練習をしておくことが大切だ。

This is Tamo Net

フィッシングプライヤー

項目[タモ網]で解説した通り、ライトショアジギングでは様々な魚をターゲットとする。すなわち、一般的に危険視されている魚が釣れるパターンも多い。プライヤーは直接手に魚を触らないように針を取り外すツールとして扱う。タモ網で陸に上げた魚をプライヤーを使って針を取り外す。そうすることで危険な魚に直接触れることなくキャッチ。または、リリースを行うことが可能。

これまでに数多いプライヤーが登場している。短いプライヤーを使ってしまうと対象魚の口元に手が接近することになる。すなわち、危険性が増し、暴れた魚の歯にあたって負傷したり、背ヒレに毒を持った魚ならば触れることで一大事となる可能性がある。

よくあるのが自分の仕掛け(トレブルフック等)に接触する事故。魚が暴れると同時にトレブルフックやアシストフックも同時に動くことになる。魚の危険部位や危険要素となる針(フック)から距離を置いて仕掛けを取り外すことが大切だ。

This is Fishing Pliers

フィッシュグリップ

フィッシュグリップは魚をホールドする器具。釣り上げたターゲットを安全に持つことが可能。フィッシュグリップで支えたターゲットをプライヤーを駆使して針(フック)を外す。項目[フィッシングプライヤー]で解説した通り、一般的に危険視されている魚(シーバス・ナマズ・タチウオ)等が釣れたとしても、フィッシュグリップを利用すれば安心だ。

ターゲットに掛かる負荷を減らす役割も持っている。素手で触ってしまうと人間の体温によって魚は極端に衰弱してしまう。すなわち、魚の生命力を残したままリリースすることが可能。リリースを目的とした釣行を行うならば持っておきたい製品だ。

項目[フィッシングプライヤー]で解説した通り、危険性を少なくするためにフィッシングプライヤー同等に短いフィッシュグリップは避けておきたい。トレブルフックやアシストフック、歯の危険性を考慮した上でフィッシュグリップを選択して欲しい。

This is Fish Grip

サングラス(偏光)

項目[ライフジャケット]で解説した通り、ライトショアジギングは基本的に沖に面した場所で釣りを行うことになる。沖に面したポイント。壁による遮りが無い防波堤では日光が直接体に当たる。すなわち、紫外線による影響を体はもろに浴びる。

サングラスを推奨する理由として “目” は一番にダメージを受けやすく、再生しにくい部位であること。症状としては充血から始まり、紫外線角膜炎へ突入。目の奥の水晶体や網膜まで達してしまうと白内障へのリスクが高まる。その他の目の病気としては、翼状片・瞼裂斑・ドライアイ・眼精疲労など、様々なリスクを背負うことになる。

危険視されているのが紫外線の反射による被害。釣り場では海面が紫外線を反射し、あらゆる角度から紫外線が侵入する。すなわち、直接的に太陽から受ける被害と水面の反射による被害の両方を受けることになる。その被害を防ぐためにサングラス(偏光)は必要不可欠だと言える。紫外線カット加工が加えられたサングラス(偏光)を装着し、春先~夏場に掛けて強まる紫外線による影響を減らして欲しい。

This is Sunglasses

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、ライトショアジギングの危険性と役に立つアイテムの数々だ。

実際に事故に遭遇した釣友に意見を聞いてみた。

32歳の女の人
テトラ帯間で落ちると骨折か意識不明になる。
42歳の男の人
海に落ちたらまず慌てる。その間に水を飲んじゃうんだよね。
25歳の男の人
熱中症に気をつけた方が良い。夏場は水分補給を忘れない方が良いよ。

いかなる釣法にも危険性は存在する。万が一、不祥事が起きたときのためにイメージトレーニングやライフジャケットの使い方を勉強しておくことで危険性を減らせるかもしれない。それと危ないと感じた場所には絶対に立ち入らないこと。是非、事故に備えて各種装備を整えつつ、あらゆる危険性を考慮した上で、安全を意識して釣りを楽しんで欲しい。