Daiwa(ダイワ)の「フッキングノイジー ラトル」はガラスラトルサウンドでナマズ&ブラックバスを誘うハイアピール仕様!

2017年04月に、Daiwa(ダイワ)から、既存の製品 “フッキングノイジー” をハイアピール化した新しいフッキングノイジーが登場した。

  • フッキングノイジー ラトル(HOOKING NOISY RATTLE)

ガラスラトルサウンドを採用した今製品。従来のフッキングノイジーの性能をそのままにハイアピール化。繊細な揺れでもガラスラトルが振動し、アクションをしていない状況(着水後の放置)でも波の流れによってオートマチックに振動するとのこと。トップウォーターをよりオートマチックに誘いたい方はチェックしておきたい製品だ。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)の「フッキングノイジー ラトル」はガラスラトルサウンドでナマズやブラックバスを誘うハイアピール仕様!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

フッキングノイジー ラトル

Daiwa(ダイワ)から登場した淡水魚用ルアー。ふっくらとしたボディの頭部(口元)に位置するは大型の横口径カップ。少し厚いアルミ材で作られた大型カップがスローリトリーブでもしっかりと水を掴んでボディがウォブルロールアクションを発生させると共にカップの変形を防ぐ仕様。

サウンド(音)の正体は本体内部に設置されたガラスラトルサウンド。既存の製品 “フッキングノイジー” の性能はそのままにボディ内部に設けられた円形のラトルルーム内に入れたガラスラトルにより、よりハッキリと振動を伝えることが可能。波の些細な流れに反応してボディとガラスラトルが振動し、ターゲットに強くアピールする。すなわち、獲物が暴れまわる姿をガラスラトル音で再現したルアーだ。

フッキングノイジーの最大の特徴は “アイ(リア)素材に特殊弾性素材” が使われていること。針(フック)の可動領域を幅広く設定するために程よい弾力を持った素材がリアフックハンガーに使用されている。これにより、対象魚が掛かった際に対象魚の動きに合わせてリアフックが追う形になる。すなわち、バラシや口切れ等のアクシデントを軽減する役割を持っている。

既存の製品 “フッキングノイジー” にも “NIGASAZUシステム” が採用されている。アピールを極力抑え、ナチュラル(自然)に誘いたい場合は既存の製品 “フッキングノイジー” を。アピール度を高めたいときにはガラスラトルが採用された今製品を使ってみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
トップウォーター 66 18

This is Hooking Noisy Rattle

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • ガラスラトル入り(ハイサウンド仕様)
  • フッキングノイジーの性能を受け継ぎ(キャスト・スローリトリーブ・フッキング性能)
  • 微妙なボディの揺れでもラトル音が鳴る構造(ラトルルーム)
  • ケミカルライトを装着可能(φ2.9mm)
  • リアフックが特殊弾性素材(バラしを防ぐ)

カラーリングは全06種類(記事執筆日確認)。視覚よりも感覚器が発達しているナマズ。カラーリングはそれほど重要視する必要はないと思うがブラックバスを狙うとなるとカラーリングも重視して選んでおきたい。ベイトフィッシュが盛んに発生する場所には “チャート系” を。昆虫や甲殻類を食しているバスならば “派手なカラーチャート” を選択すると良いとされる。ただ、カラーリングの選択に絶対は無い。自分の気に入ったカラーローテーションを組んでトップウォーターゲームを攻略して欲しい。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年04月にDaiwa(ダイワ)から登場した製品だ。

  • フッキングノイジー ラトル(HOOKING NOISY RATTLE)

ガラスラトルが採用された今製品。従来のフッキングノイジーよりもアピール力という面で勝っているはずだ。是非、2つのフッキングノイジーを使い分け、ポイントに合った攻略パターンを見つけ出してみてはいかがだろうか。

引用 Daiwa(ダイワ) | フッキングノイジー ラトル