SHIMANO(シマノ)の「コルトスナイパー ワンダーフォール」は偏平形状なのに良く飛ぶ!ショアキャスティングに!

2017年03月中旬に、SHIMANO(シマノ)の人気のシリーズ “コルトスナイパー” から、新しいメタルジグが登場した。

  • COLTSNIPER WONDERFALL(コルトスナイパー ワンダーフォール)

小柄サイズかつ、偏平形状で設計された今製品。偏平形状では珍しいぶっ飛び性能を実現したショアキャスティング向けメタルジグとなる。今メタルジグにはアシストフックが標準装備されている。すなわち、パッケージを開けて直ぐに取り出し使用することが可能。ショアスローアクションやジャークアクション等の様々なアクションを駆使しつつ、ターゲットを誘い出してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
SHIMANO(シマノ)の「コルトスナイパー ワンダーフォール」は偏平形状なのに良く飛ぶ!ショアキャスティングに!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

コルトスナイパー ワンダーフォール

SHIMANO(シマノ)から登場した新しいメタルジグ。今製品の最大の特徴は “ボディ形状” にある。片面の中心部が盛り上がったような形状。ルアーバランスとして示すならばリア寄りのセンターバランスとでも言おうか。リア(後方部)にも重さが設定されているためにリアバランスの利点である優れた飛行姿勢を持ち合わせる。

フォール時のアクションはローリングを絡めながらヒラヒラとランダムな方向へと落下していく不規則アクション。製品名の通り、本体バランスによるフォールアクションに重点を置いて設計されているらしい。

アクションは、ショアスローをメインにジャーク&フォール、リトリーブ、ストップ&ゴー等、様々なジギングアクションに対応。フォールに重点を置いた今製品。できるならば、ジャーク後にできる隙(フォール)を意識しながら攻略していきたい。

平べったい(偏平形状)メタルジグといえば飛距離性能に欠けるイメージがある。それをボディバランス(本体)により、安定した飛行姿勢を得ると同時にキャスティング性(飛距離性能)に長ける設計。まさに、メタルジグ(偏平形状)の欠点を補った製品であると感じる。

ワンダーフォールで狙える魚種は数多いのも魅力の一つ。フラットフィッシュ・青物・根魚など、ショアジギング(ライト)のターゲットを対象とする。今流行の兆しにあるライトショアジギングやショアジギング等のショアキャスティング向けのメタルジグとなっている。

スペック / 登場

タイプ バランス 重さ(g)
メタルジグ センター(リア寄り) 30・40・50・60

This is COLTSNIPER WONDERFALL

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • リア寄りのセンターバランス(ルアーバランス)
  • 陸っぱりから気軽に狙えるターゲット達(フラットフィッシュ・青物・根魚等)
  • 様々なジギングアクションに対応(ショアスローやジャーク等)
  • フォールに重点を置かれたメタルジグ(不規則アクション)
  • アシストフックが標準装備(パッケージから出して直ぐに使える)

カラーリングは全10種類(記事執筆日確認)。青物によく使用される青桃(ブルピン)や桃色(ピンク)、定番の赤金(アカキン)や桃グロー(ピンクグロー)と数多い。カラーローテーションを組む分には欠かせない配色が揃っている。

フィッシングショー2017(解説:堀田光哉氏)

ワンダーフォールの動き

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年03月中旬に登場したSHIMANO(シマノ)の製品だ。

  • COLTSNIPER WONDERFALL(コルトスナイパー ワンダーフォール)

コルトスナイパーシリーズに新たに追加されたワンダーフォールはフォールや飛距離を重点に絶妙に考察されたボディバランスを持ち合わせる。陸っぱりから様々な魚種をターゲットとする今製品。是非、ワンダーフォールを用いつつ、より遠くのターゲットを誘い出して欲しい。

引用 SHIMANO(シマノ) コルトスナイパー ワンダーフォール