Daiwa(ダイワ)からスピンテールジグ「モアザン リアルスピン」が登場!簡単にメンテナンスを行える仕様!

2017年04月に、Daiwa(ダイワ)から、シーバス用の新しいスピンテールジグが登場した。

  • モアザン リアルスピン

シーバスゲームといえばモアザンシリーズ。今回、紹介するスピンテールジグ “リアルスピン” はブレードのメンテナンスが楽に行える仕様。トレブルフックに関してもスプリットリングを介して設置されているためにブレード&トレブルフックの双方のメンテナンスを簡単に行うことができる。海域で使用することになるルアー。潮(塩)と隣り合わせな環境だからこそ、メンテナンスが容易にできる今製品を用いてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)からスピンテールジグ「モアザン リアルスピン」が登場!簡単にメンテナンスを行える仕様!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

モアザン リアルスピン

Daiwa(ダイワ)から登場したシーバス用のスピンテールジグ。今回、登場した “リアルスピン” はスピンテールジグの中では珍しいメンテナンス性に優れたアイテムだ。トレブルフックとブレードはシリコンチューブで固定されている。シリコンチューブを取り外すことでブレードとトレブルフックを分離することができ、ブレード(単体)の入れ替えが可能。

同時期にスペアパーツとしてブレードとシリコンチューブがセットになった “ブレードチューンユニット” という製品も登場している。古くなったブレードを取り替える際にはスペアパーツへと取り替えることで簡単に傷の付いたブレードを取り替えることができる。

潮(塩)と常に隣り合わせとなる釣り場。メンテナンスを欠かさなかったとしても、錆びることがあったり、折れてしまったり、傷付いてしまったりと様々。過酷な環境で釣りを行うからこそ、今製品のスペアパーツを揃え、不祥事に対し、素早く対応できる設計。まさに、リアルスピン(本体)を長く使用することを考慮した仕上がり。

第二のメリットとしては “トレブルフックのサイズを簡単に変更” できること。シリコンチューブを外すことでブレードの交換ができることは先ほど解説した通りだが、今製品に関してはトレブルフックの大きさを変更してブレードを交換することも可能。すなわち、スプリットリングに付いたトレブルフックを外し、トレブルフックとブレードを分離することでトレブルフックの大きさを好みにチェンジすることができる。そして、新たなトレブルフックにブレードを装着し、シリコンチューブを被せればトレブルフックのサイズ変更は完了だ。

心配なのはシリコンチューブの劣化速度だろうか。公式サイトによると “ブレードユニットのシリコンチューブは劣化します” と記載されている。頻繁にユニットの取り外しを行っていると劣化する。劣化した状態で釣りを行えば気が付かない内にユニットが分離するなどの不祥事も起こりえる。少しでも不安を感じたようならば “ブレードチューンユニット” のシリコンチューブを用いて取り替えておこう。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
スピンテールジグ 51 30

This is MORETHAN REAL SPIN

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • ブレードのメンテナンスが簡単(トレブルフックと分離させることが可能)
  • トレブルフックのサイズ変更が簡単(スプリットリングとブレードを分離)
  • ブレードチューンユニット(スペアパーツ:別売り)

カラーリングは全8種類(記事執筆日確認)。ゴールド系やシルバー系、パール系とカラーローテーションを構成する上では十分すぎるカラーチャートがラインナップ。ブレードカラーに関してもカラーチャート(本体)によって異なる。ゴールドブレードはカラフルに混在されたカラー色や緑系に。シルバーブレードはブルピンやイワシカラー等の標準的なカラーチャートに使われている。状況に合わせたカラーローテーションを意識して釣りに挑みたいところ。

Movie by Youtube

まとめ

今回、紹介したのは、2017年04月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品だ。

  • モアザン リアルスピン

ブレードチューンユニット(別販売)にはシリコンチューブが5つとブレードが2つ入っており、標準装備されていないブレードがスペアパーツに存在するのも魅力的だ。是非、ブレードとトレブルフックを簡単に着脱できる今製品を使ってメンテナンスを意識した釣行を行ってみてはいかがだろうか。

引用 Daiwa(ダイワ) モアザン リアルスピン