JACKALL(ジャッカル)の「カットバッカー」は単純なアクションで青物・根魚・フラットフィッシュ等を誘えるメタルジグ!

2017年02月下旬に、JACKALL(ジャッカル)から、青物や根魚、フラットフィッシュを対象とした新しいメタルジグが登場した。

  • CUT BACKER(カットバッカー)

砂浜(サーフ)や防波堤、岩場、様々な陸っぱりのシチュエーションで高いパフォーマンスを発揮する今製品。ショアジギング(ライト)で扱いやすい重さを持ち合わせ、ただ巻きでスローに誘えるメタルジグとなっている。すなわち、初めての方でも扱いやすい仕様性。ヒラメを始めとしたフラットフィッシュや根魚、青物等の陸っぱりから狙える魚達をシンプルに釣り上げることができそうだ。

そこで、レポ部では・・・
JACKALL(ジャッカル)の「カットバッカー」は単純なアクションで青物・根魚・フラットフィッシュ等を誘えるメタルジグ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

CUT BACKER(カットバッカー)

JACKALL(ジャッカル)から登場した新しいメタルジグ。今製品の特長としては “アクションレスポンスの良さ” にある。公式サイトによると “軽比重金属をボディに採用することでアクションレスポンスを飛躍的に高めた” とのこと。これにより、簡単なアクションでターゲットを誘うことが可能。まさに、初心者に扱いやすい設計。

下の画像では判断しずらいが本体ボディが “波状” に曲がっている。すなわち、スプーン形状のメタルジグといった方がしっくりくるか。この波のような形状が水を受け流すことにより、リトリーブ&フォール、ただ巻きといった簡単なアクションで獲物を誘うことができる。ターゲットとする魚種はヒラメを始めとしたフラットフィッシュ、青物、根魚等と幅広い。

ボディバランスはリアバランス寄りに重心が偏るように設計されているだけに飛距離が出すことが可能。陸っぱりから様々なターゲットを狙える今製品。キャスティング性能に掛けても手を抜かない仕上がりとなっている模様。

左腹部位と尻尾に搭載されたトレブルフックは太軸設計。左腹部位に設定された針(フック)にはホロシートが付いている。針(フック)単体によるアピール力にも期待ができそうだ。

単純なアクションでターゲットを誘う。ビギナー(初心者)の方ならば複雑なアクションを行わないメリットを活かし、エキスパートクラスの方ならば一投目にキャストしてターゲットの存在の有無を調査、そして、各ポイントの地形を把握したりと使い方は様々。簡単な操作でメタルジグを操作できる今製品を使って魚達を誘い出してみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

名称 サイズ(mm) 重さ(g)
カットバッカー 68 18
77 28
85 38

This is Cut Backer

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 簡単なアクションでターゲットを誘える(ただ巻き・リフト&フォール)
  • 軽比重金属で設計された本体ボディ(アクションレスポンスが高い)
  • トレブルフックは太軸設計(左腹部位のトレブルフックにはホロシート装着)
  • 優れた飛距離(リアバランス寄り)
  • 本体ボディが波状に曲がっている(アクションを簡単に行える)

カラーリングは全8種類(記事執筆日確認)。最近、人気が上昇しているマーブルカラー(キャンディ系)やレッドゴールド(赤金)等のアピールカラー。青物や根魚に効果が有りそうな配色 “ブルーキャンディ” や “ベイトフィッシュ(UV)” 等の様々なカラーチャートがラインナップ。各ポイント(濁りや時間帯)、そして、ポイントに存在する各ベイトに似たカラーチャートを選択することで釣果が上下するかも知れない。

カットバッカーの解説動画(PV)

DAIGO氏によるカットバッカーの解説動画

まとめ

今回、紹介したのは、2017年02月下旬に登場したJACKALL(ジャッカル)の製品だ。

  • CUT BACKER(カットバッカー)

単純なアクションを持って誘うことができ、青物・根魚・フラットフィッシュ等の陸っぱりからターゲットにできる魚を攻略する。まさに、ショアジギング(ライト)の醍醐味である “気軽な楽しさ” を軸に組み上げられた製品であると感じる。是非、今製品を使用しつつ、陸っぱりからの釣行を楽しんでみてはいかがだろうか。

引用 JACKALL(ジャッカル) CUT BACKER