Daiwa(ダイワ)の月下美人シリーズ「SWライトジグヘッドSS OG」はオープンゲイブフックを搭載した早掛けモデル!

2017年04月に、Daiwa(ダイワ)から、新しいライトゲーム用のジグヘッドが登場する。

  • 月下美人 SWライトジグヘッドSS OG

ライトゲームを主軸とした釣具のクオリティの高さとコスパの良さを売りに多くのアングラーから支持されてきた月下美人シリーズ。今回、紹介するのは、アジング・メバリング・ガシリング等のライトゲームで使用することができる月下美人シリーズの新しいジグヘッドだ。既存の製品 “SWライトジグヘッド” と性能で異なる点を考察しながら紹介することにしよう。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)の月下美人シリーズ「SWライトジグヘッドSS OG」はオープンゲイブフックを搭載した早掛けモデル!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

SWライトジグヘッドSS OG

Daiwa(ダイワ)の月下美人シリーズから登場した新しいジグヘッド。ターゲットとして挙げられるのはアジ・メバル・根魚等のライトゲームで対象とされている魚種たち。同シリーズ内に似たような製品として “SWライトジグヘッド” という製品が存在している。

このジグヘッドと新しく登場したジグヘッドの違いは “オープンゲイブフック仕様” であること。オープンゲイブフックのメリットとしては、針先が外側を向いているだけに吸い込みやすい。すなわち、ジグヘッドを吐き出そうとする際でもフッキングしやすいのが最大のメリット。早掛けで獲物を誘う際にも「スッ」と口元に掛かるために吸い込むようにして捕食するアジ等の魚を釣り上げる際に効率が良いとされている。

名前にも “OG” という単語が含まれている。これは “オープンゲイブ” の略称だろうか。既存の製品 “SWライトジグヘッド” のラインアイと見比べてみると少し変更点があるようで新型ジグヘッドは “アイ” がジグヘッド(ヘッド)の大半を占めている。そして、ラインアイがジグヘッドの標準の良く見られるラインアイ(丸型)に変更されている模様。

驚異のフッキング性能を持つサクサスフックはそのままに “オープンゲイブフック” という形でモデルチェンジとなった今製品。ノーマルゲイブである “SWライトジグヘッド” と一緒に使用しつつ、捕食パターンによって切り替えてみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

釣法 重さ(g) 本数
ライトゲーム 0.5 / 0.8 / 1.0 / 1.3 / 1.5 / 2.0 / 2.5 4

This is SW LIGHT JIGHEAD SS OG – 2017.04 New

This is SW LIGHT JIGHEAD SS

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • OG(オープンゲイブフック)
  • リアルアイ&3Dヘッド搭載(魚のDNAを刺激するらしい)
  • サクサスフック(フッ素系特殊プレーティング加工)
  • アジ・メバル・根魚等(釣法:ライトゲーム)

カラーバリエーションは “ケイムラレッドカラー” の一つ(記事執筆日確認)。たった一つのカラーラインナップとなる今色。ケイムラであるがゆえにジグヘッド自体も高いアピール力を発揮しそうだ。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年04月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品だ。

  • 月下美人 SWライトジグヘッドSS OG

既存の製品 “月下美人 SWライトジグヘッド” とは別のゲイブ仕様。新しいOG(オープンゲイブフック)仕様と2つのゲイブを使い分けることで、今までのライトゲームとの釣果に差が生まれるはずだ。是非、今製品を用いて先掛けを意識しつつ、ライトゲームを楽しんで欲しい。

引用 Daiwa(ダイワ) 月下美人 SWライトジグヘッドSS OG