アムズデザインから「GUN吉 Assist Plus」が登場!アシストフックが標準装備された万能メタルジグ!

2017年03月31日に、アムズデザイン(ima)の既存の製品 “GUN吉” が進化を遂げてリニューアルされた。

  • GUN吉 Assist Plus(ガン吉 アシストプラス)

GUN吉(Assist Plus)は20(g)と30(g)と40(g)の3つがバリエーションとしてラインナップ。陸っぱりから行うライトジギングやショアジギング等の釣法で気軽に扱うことが可能。シーバスタックルでも扱いやすいウェイト(重さ)として登場している。シーバス・ヒラメ・青物、様々な魚をより使いやすくなったGUN吉で攻略してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
アムズデザインから「GUN吉 Assist Plus」が登場!アシストフックが標準装備された万能メタルジグ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

GUN吉 Assist Plus(ガン吉 アシストプラス)

アムズデザイン(ima)の人気の製品 “GUN吉” がより使いやすくリニューアルされた。今回、登場したGUN吉(Assist Plus)にはアシストフックが標準装備されている。アシストフックに使われた針はアシスト針として用いられることの多い伊勢尼シリーズ。20(g)と30(g)のGUN吉(Assist Plus)には伊勢尼の13(号)を。40(g)のGUN吉(Assist Plus)には少し大きめの伊勢尼14(号)が用いられている。

弾丸のように飛ぶキャスティングスタイルやあらゆる釣法で使用できる汎用性能はそのままにアシストフックだけを標準装備した今製品。パッケージを開封した時点でアシストフックが搭載されているためにセッティングの手間が掛からない仕様。

万能メタルジグと古くから人気を得てきたGUN吉。標準装備されたアシストフックの仕様は公式サイトによると、

  • アシストは長すぎず短すぎない。針絡みを軽減しターゲットのバイトを逃さない。

このように記載されていた。どうやら、ボディ幅より小さくすることでメタルジグ自体(ボディ)を抱かないようにチューンアップされているとか。

セッティングに掛ける時間が勿体ない方や地合(マズメ)等の時間帯に合わせて素早くキャスティングしたい方などと使用したい場面は数多くありそうだ。コストパフォーマンスが優秀であるのも魅力の一つである。

スペック / 詳細

重さ(g) サイズ(mm) アシストフック(付属)
20 73 伊勢尼13号
30 80
40 85 伊勢尼14号

This is Gunkiti Assist Plus

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • アシストフックが標準装備(伊勢尼)
  • 設定の手間が掛からない
  • シーバス・フラットフィッシュ・青物と様々な魚を狙うことができる
  • 針絡みを軽減(長すぎず短すぎない)

カラーリングは全9種類(記事執筆日確認)。20(g)と30(g)と40(g)の3つの重さのそれぞれに同じカラーチャートがラインナップ。フィッシュイーター達が捕食するベイト(イワシ)に似せた青色の配色や青物の王道カラーと謳われる桃色カラー、濁った環境で効果を発揮すると謳われる赤金色や緑色と必要最低限のカラーチャートが揃っているように思える。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年03月31日に登場したアムズデザイン(ima)の製品だ。

  • GUN吉 Assist Plus(ガン吉 アシストプラス)

アシストフックが標準装備された新しいガン吉シリーズの登場でセッティングに掛ける時間が大幅に縮小される。すなわち、素早いポイント攻略に繋がるはずだ。是非、欠かせない朝マズメ・夕マズメ等の時間帯にはスムーズにセッティングできる今製品を使って効率を重視した釣行を行ってみてはいかがだろうか。

引用 アムズデザイン(ima) GUN吉 Assist Plus