デプスからブラックバス用ワーム「ラドラビット」が登場!水面直下付近に特化したスイムベイト!

2017年03月に、deps(デプス)から、水面直下近辺のレンジにターゲットを絞ったブラックバス専用ワームが登場する。

  • RADRABBIT(ラドラビット)

ベイトが発生しやすい水面付近。すなわち、バイトが多発し、一番に多くトレースする水面直下付近を狙い撃ちにすることをコンセプトとした今製品。陸っぱりから行う釣行を考慮したスイムベイト “ラドラビット” に付いた2つのラインアイを使い分けることで表層のアクションに多様に対応することが可能。表層付近で泳ぐベイトに似せて、ターゲットを誘い込んでみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
デプスからブラックバス用ワーム「ラドラビット」が登場!水面直下付近に特化したスイムベイト!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ラドラビット

デプスプロスタッフ “小崎圭一郎氏” がプロデュースを行った今製品。位置付けとしては以下のようにされている。

デッドスロー特化型 陸っぱりスイムベイト

上記を簡単な意味合いとしては “陸っぱりからギリギリのスピードでゆっくりとルアーを引いてブラックバスを狙うお魚系シルエットのスイムベイト(ルアー)” として認識して欲しい。

ターゲットは水面直下~1m付近に出没するブラックバス。バイトが多発しやすい表面付近をレンジ(対象)としており、両サイドのキール部位が水を受け流すことで、デッドスローリトリーブでも優れたレンジキープ力を発揮するとか。

水面付近のアタッカーとして設計された今製品。ボディ先端にラインアイが2つ付いている。上方のラインアイにラインを設定することで “水面直下~1mのスローリトリーブ” に対応し、逆に下方のラインアイに設定すれば “浮き上がりに優れ、デッドスローリトリーブでの表層攻略が可能” となっている。

オールマイティに狙うならば上方のラインアイに。デッドスローリトリーブでじっくりと誘いたい方は下方のラインアイと自分に合ったアクションメソッドを考察する上でも役に立ちそうだ。より詳しく知りたい方は項目[ラドラビットの解説動画]を参考にして選択してみて欲しい。

スペック / 特長

レンジ 長さ(inch) 重さ(oz)
水面直下~1m付近 5.8 1.5

This is Radrabbit

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 水面直下付近をターゲットにしたスイムベイト
  • ラインアイの使い分けによるアクション&水面攻略
  • 安定したレンジキープ力(キール)
  • デッドスローリトリーブに対応
  • ソフトマテリアルを採用(水噛みが良い)
  • 陸っぱりから気軽に狙える仕様

陸っぱりに特化しつつ、水面直下をターゲットにしたスイムベイト。気軽に狙える実用性やラインアイの使い分けによる素早いレンジ対応という点においても評価しておきたい。deps(デプス)初のスイムベイト “ラドラビット” は陸っぱりから釣りを行うに当たって要チェックしておきたい製品だ。

ラドラビットの解説動画

まとめ

今回、紹介したのは、2017年03月に登場したDeps(デプス)の製品だ。

  • RADRABBIT(ラドラビット)

カラーリングは全8色(記事執筆日確認)。高フラッシングが強みの “ワカサギ” や視認性に長ける “クリアホワイト” 等、様々な配色が登場している。周りの環境に似たカモフラージュ色 “ウグイ” や “ブラックシャッド” などの配色もバリエーションとして用意されている。 是非、ポイントに合ったベイトパターンやアピールカラーを使い分けつつ、釣行を行ってみてはいかがだろうか。

引用 deps(デプス) ラドラビット