根掛かりなんて怖くない!仕掛けが障害物に引っかかった際に重宝するグッズ【まとめ】

アングラーならば根掛かりを起こしてしまった経験があるはずだ。根掛かりを起こしてしまうと最悪の場合にはラインを切断することになる。苦労して設置した仕掛けとラインをあっという間に失ってしまったことになるのだ。そうならないためにも回収できる仕掛けであれば回収しておきたいところ。

今回、紹介するのは、障害物に仕掛けが引っかかってしまった際に役立つ “仕掛けを回収できるグッズ” の数々だ。釣り師だからこそ気をつけておきたいマナー。陸上だけでなく、海中でも回収できる仕掛けであれば環境のために回収しておきたい。

そこで、レポ部では・・・
根掛かりなんて怖くない!仕掛けが障害物に引っかかった際に重宝するグッズ【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ルアーキャッチャー

一つ100円のルアーもあれば15000円ほどの高価なルアーも存在する。高価なルアーをロストしてしまうと多大な精神的ダメージを受けることになる。Daiwa(ダイワ)の既存の製品 “ルアーキャッチャー” は根掛かりしたルアーを回収するのに役に立つ。是非共に持っておきたいアイテムだ。

約100(g)の錘をラインに沿わせて落とし込んで行く。前方に付いたチェーンをルアーの針(フック)に絡めることをイメージしながら上手に仕掛けを回収する。意外とこの作業が大変だが針とチェーンが絡み合ったときには結構な嬉しさが込み上げてくる。

ラインに沿って落とすロープの長さは15(m)。エギングやライトジギング等、中距離のキャスティング釣法に向いた製品だ。

使わないときには本体にロープを収納できる機能性。ベルトで固定できるためにロープがバラつくことはない。ヘビーウェイトタイプとスタンダードタイプの2つが用意されている。内ヘビーウェイトタイプは錘の重量が20(g)増加した仕様。深場でも素早く対処することが可能だ。

This is LURE CATCHER

レスキューテポドン

同じく、ルアーが根掛かりしたときに回収するアイテムとして有名なレスキューテポドン。名前の通りに柔らかく翻訳すると “救助するミサイル” となり、タカ産業から製品化されたルアー回収器となる。

使用方法は至って簡単だ。ラインに本体を引っ掛けて根掛かりしたルアーに向けて滑らせる。レスキューテポドン本体とルアー本体の接触を確認してから回収糸を使ってレスキューテポドン本体を揺する。上手くレスキューテポドンの爪(ツメ)に引っ掛けることができたら回収糸を使ってテポドン本体とルアーを回収する。

コストパフォーマンスが高いだけに気軽に使用することができる。ただ、回収糸を回収して収納するまでには少し不便さが伴う。空リール等に巻き付けて回収する等、少し知恵を絞ることで利便性が増しそうだ。

This is Rescue Taepodon

カエリターン

カハラジャパン(KAHARA JAPAN)の既存の製品 “カエリターン” も根掛かりからルアーを救ってくれるアイテムの一つ。錘(オモリ)で回収する回収器とは異なって棒の伸び縮みにより、根掛かりをしたポイントまで到着させる。

使用方法は至って簡単だ。先端にクルクルとした螺旋状の金属が付いている。この間にラインを通し、ラインに沿わせて棒を出していく。イメージとしては螺旋状の金具でルアーを絡み取る感覚だ。ただし、錘(オモリ)タイプとは違い、回収できる距離間が棒のサイズ(長さ)に依存すること。すなわち、必然的に短距離間の回収機器となる。

今製品は他のルアーリトリーバーと比較して棒の部分が太いような気がする。主観だが結構な力を加えて回収しても折れる心配は無いように思える。最大まで伸ばした時にかかる負荷は大きい。これは嬉しい要素だ。

ただし、濁っている水中や水深が深い際には “ルアーが見えない場合” も多々ある。そういう時は少し扱いにくいか。水深の浅いゴロタ場等では扱いやすい製品だと感じる。

This is KAERETURN

回収機器を使っても引っかかりが取れない場合には?

回収機器を使っても根掛かりが取れない際には竿(ロッド)を上手く動かすことで仕掛けを回収することができるかもしれない。その方法をステップに分けて紹介していくことにする。

STEP. 1 歩いてルアーの向きを変更する

陸っぱりで根掛かりを起こしてしまった際の対処方法。ルアーのトレブルフックやアシストフックが原因で根掛かりを起こしてしまった際には針(フック)の向きを変えることで解決する場合がある。

STEP. 2 竿を少し撓(しな)らせる

撓(しな)らせるといえば竿に負荷を掛けているイメージ。ただし、少し程度なら問題はない。少し撓らせ、糸のテンションを緩める。糸が戻る反動を利用して根掛かりを解除する方法だ。竿に掛かる負荷が心配の方は[STEP. 4]を利用して欲しい。

STEP. 3 仕掛けを少し放置する

根掛かりを起こしてしまった際には少し仕掛けを放置することで解決できることも多々ある。ルアーは重くともトレブルフックやアシストフックは軽量であるために少しの海流の影響で動く。すなわち、潮の流れが上手く重なることで根掛かりを自動的に解除する可能性もあるということ。諦めずに時間を掛けて根掛かりを解除するのも悪くない。

STEP. 4 リールの力だけでルアーを引っ張る

最初に頭に入れておいて欲しいこと。竿に負荷を掛けずに行って欲しい。竿を糸(ライン)と平行にしつつ、糸だけを手で少し引っ張る。ガイド部位にラインが触れないようにガイドの中心をラインが通るように工夫を行いながら慎重に引っ張ること。少し引っ張ったら糸を掴んだ手を離す。上手く行けば竿に負荷を掛けることなく根掛かりを解除することができる。糸を離した際に戻る反動を利用して根掛かりを解除する方法だ。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、根掛かりを起こした際に役に立つ回収アイテムの数々だ。

釣りをしている上で必ず起してしまう根掛かり。熟練の釣り師でも新しいポイントの地形を熟知していないと底を取りすぎて根掛かりを起してしまう。そうならないために回収できるアイテムを持ち、安心した上で釣りを行ってみてはいかがだろうか。

是非、陸上の環境だけでなく、海中の環境を考慮した釣行を心掛けて欲しい。

こちらの記事もどうぞ!